お得にベビー用品を揃えたいママ必見!おすすめレンタルショップの情報をまとめています

半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥8,096
ベビレンタ
¥9,280
ホクソンベビー
¥10,300

半年借りたらこの値段
チャイルドシート料金3選

ナイスベビー
¥4,510
ベビレンタ
¥6,881
ホクソンベビー
¥7,600

半年借りたらこの値段
ベビーカー料金3選

ナイスベビー
¥9,900
ベビレンタ
¥10,380
べびーあいらんど
¥11,024

半年借りたらこの値段
ベビーシート料金3選

ナイスベビー
¥6,490
ホクソンベビー
¥7,400
ベビーツーワン
¥7,600

半年借りたらこの値段
バウンサー料金3選

ベビーファン
¥12,360
ベビレンタ
¥12,580
ナイスベビー
¥17,600

半年借りたらこの値段
ハイロ―チェア料金3選

ベビレンタ
¥12,480
ホクソンベビー
¥16,300
べびーあいらんど
¥16,500

半年借りたらこの値段
ベビーサークル料金3選

ナイスベビー
¥6,160
ベビーランド
¥6,930
べびーあいらんど
¥8,300

半年借りたらこの値段
さく乳器料金3選

ナイスベビー
¥17,380
ベビーランド
¥17,380
ベビーツーワン
¥17,380
ベビー用品・ベッドのレンタルが安いおすすめショップ » あなたは買う派?借りる派?ベビー用品徹底調査

あなたは買う派?借りる派?ベビー用品徹底調査

ベビー用品を買って後悔した…!というママの口コミを調査しました。どのようなベビー用品をレンタルすべきか、先輩の経験に学んで効率よく準備しましょう。

失敗しない!ベビー用品の選び方

買って失敗した、レンタルで十分だと思ったベビー用品でよく挙げられるのは以下の通り。

圧倒的に購入して失敗した声の多いベビーバス

「すぐに使わなくなったし、よくある衣装ケースをベビーバス代わりに使った友達がいた…」

「ビニールのベビーバスなら収納に便利かと思って買ったのですが、すぐに穴が空いてしまいました」

「他のベビーグッズと比べても、恐ろしく使用期間が短いアイテムです。1ヶ月検診後には普通のお風呂に移行させるわけですから…」

「短期間だから安いビニール製の物を購入すればいいやと思ってたけど、実際使ってみたらすごく使いづらかった。これならレンタルで良いものを借りたほうがよかった」

「第二子も考えていることもあって購入したけど、折りたためるようなものでもないので、しまっておくにもかなり邪魔です」

「大きくて邪魔だし、取っておいても他に使い道がない…」

「キッチンシンクや風呂桶などで代用する人もいるそうですね。購入するほど使いません」

「うちの子はベビーバスに入れようとしても入るのを嫌がります」

「レンタルを利用したら、家まで運んでくれるし、取りにも来てくれた。結局1ヵ月半くらいしか使わなかったし、捨てるのにもお金がかかるのでレンタルが良いです」

ベビーバスはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

コスパ悪すぎ!レンタルで十分なベビーベッド

「先を見越して大きいサイズを買ったものの、夜泣きもほとんど私の布団で寝かせてました」

「いつも添い乳だったので私のベッドに寝て、ほぼ使いませんでした」

「ベビーベッドに寝かせるよりも、隣で同じ布団で寝ていたほうが授乳するのが楽でした」

「抱っこで寝かしつけて床に移そうとするときに泣きだしてしまうので、どうしても一緒に横になって少しずつ手や体を離していくという流れに。結果、大人と一緒の布団で寝かせるようになりました」

「うちの子は一日しか寝てくれませんでした。ベビーベッドで寝てくれるかどうかは子供にもよるので、新生児の間の1カ月程レンタルしてみて必要なら延長する形がいいと思います」

「レンタルベッドなら、不要になったら返却できて部屋を広く使えるので、そっちのほうがいい!」

「大きいベビー用品は使わなかったときに邪魔になるので、レンタルのほうがいい。レンタルで様子を見て、継続して使うようであれば購入を考えるという流れでも遅くないと思う」

「赤ちゃんがひとりで寝ることを習慣づけたい家庭の場合は別ですが、途中から添い寝でもいいと考えているのであればレンタルで充分」

ベビーベッドはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

実は使わない方が良い!?赤ちゃんの歩行器

「昔の子育てで歩行器を使ってたイメージですけど、最近はお医者さんによっては、子供の成長に良くないという声もあるみたい」

「勝手に立って歩き出すのでまったく使いません。しかも椅子に座るのをイヤがって、何度か乗せてみようとしたのですがダメ。今ではすっかり物置の中です…」

「基本的にこの時期はいっぱいハイハイさせたほうが赤ちゃんの成長にはいいと思うので、使うとしてもお試し程度のほうがいいかも」

「使わせようとレンタルで試してみましたが、嫌がられたので即行で返却。買わずに試せたので良かったと思っています」

「私のまわりを見ても、レンタルを利用している人が一番多いベビー用品でした」

活躍の幅は広いが以外に無くてもOKのハイローチェア

「12~14ヶ月くらいで活躍しましたが、18ヶ月頃には使わなくなってしまいました」

「かさばるしカバーが汚れやすいし、ですぐに使わなくなってしまいました。1歳になると木製の椅子のほうが便利です」

「購入したもののほとんど使いませんでした。息子が抱っこ魔だったこともあり、ハイローチェアでは一人で大人しく寝てくれず、ベビーベッドと同様、寝かしつけた後にハイローチェアに寝かせるのも難しかったです」

「使ったのは数ヵ月だけでした。新生児の間は重宝したけど、寝返りをマスターするのが早いとすぐに使えなくなります」

「生後1ヶ月~2ヶ月の頃は毎日のように使っていましたが、赤ちゃんが動けるようになると嫌がってしまい、あっという間にお役ご免に」

「やはりあると非常に便利。生後すぐ~3、4ヶ月の寝返り前の時期まではリビングなどの寝かせ場所に使えたりしますが、長く使えたとしてもそこまで。購入するほどは利用できない人が多い」

ハイローチェアはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

安いものを買っちゃうと後悔する?抱っこ紐

「横抱きができるというものを買ったのですが、かなり使い心地がわるくて子ども落ちそう…!体にも合わず腰も痛くなるし…結局すぐに使わなくなりました」

「使う人や赤ちゃんと抱っこ紐の相性もあるので、使う期間の限られた抱っこ紐はレンタルのほうがいい」

「レンタルだといろいろな種類を試すことができる点がいい」

「抱っこ紐はママの体格や赤ちゃんの月齢や用途によって、一つ購入して使うより変えていったほうが良い場合がある」

「安いものを買ったせいか、寝心地が悪そうにしてます。生地の粗さやデザインも値段相応…。結局数回の選択でボロボロに…」

「当初縦抱きについては不安があったので、お試しのつもりでレンタルした。結果、我が家ではほとんど使わないことが分かったので購入する前に試せてよかった」

抱っこ紐はレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

1回しか着ない!お宮参りの産着・着物

「インターネットでレンタルしました。たくさんある中から好みのものを選ぶことができましたし、着た後はそのまま返送すればよいので、お店に行く手間もなく楽ちんでした」

「お宮参りにかかる時間は一瞬ですし、赤ちゃんに着物を着せている時間なんてほんの数十分」

「本当にちょっとしか着ないし保存も大変!」

赤ちゃんが生まれたことを土地の守り神に報告し、健やかに成長することを願う行事・お宮参り。大切な行事なので正装をさせてお参りする方がほとんどです。男の子なら兜や鷹が描かれた熨斗目模様(のしめもよう)を着せます。女の子ならお花や蝶があしらわれた友禅模様が定番です。

ただ、購入したとしても一度しか着る機会のない衣装なのが難点。お宮参り用の産着・着物もレンタルできるようになり、その需要は年々高まっています。シンプルな絵柄のものなら3~7日間6,000円でレンタルできるところも!

お宮参り用の産着はレンタルと購入どちらがお得?
の比較結果を見てみる>>

おしっこのタイミングを把握しやすい布おむつ・おむつ用品

「私自身がかぶれやすい体質で大変だったため、母に『赤ちゃんもかぶれる可能性が高いから、最初の1ヶ月だけでも布おむつにしなさい』と言われていましたので、レンタルで試してみました」

「布おむつで子育てをしようかと検討している人は、一式揃える前に一度体験したほうがいい。合わない可能性もあるから」

「手間である洗濯や基本的な布おむつの買い揃えの必要がないのでママの負担が少なく、赤ちゃんとの時間が十分に取れます」

「紙オムツを大量に用意しておいたら使いきれなかった。1ヶ月経つとサイズが合わなかったりするので安易に購入しないほうがいい」

今の時代は紙おむつを使う方が多く、洗濯する手間が増えてしまう布おむつを使う方は少なくなっています。ただ、使い捨ての紙おむつと違って、布おむつは洗えば何度でも使えるので経済的です。それだけではなく、布おむつはおしっこした後の不快感で交換をせがまれ、自然と赤ちゃんとのコミュニケーションが増えるというメリットも。

最近では布おむつもレンタルできるところが増え、一定期間で必要な枚数をレンタルし、家庭での洗濯不要のまま回収してくれます。レンタル料金の目安は30枚4,000円~。

また、紙おむつ用の消臭機能が付いたゴミ箱やおしりふき温め器などを6カ月あたり2,000~4,000円でレンタルしているところもあるので、ぜひチェックしてみてください。

布おむつ・おむつ用品はレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

生後3カ月までしか使わないクーハン

「外出先などで赤ちゃんを寝かせる場所がない時には使いますが、生後3ヶ月を過ぎると赤ちゃんが成長すると、クーハンでは窮屈になります。そのため、使用期間がかなり短い」

「首が座る頃まではあまり外出させないつもりであれば、出番は検診など数回しかない人も多いので購入するほどのものではないかも」

「うちの子は添い寝じゃないと寝てくれない子だった。結局荷物置きになってしまっている」

生後間もない赤ちゃんを寝かしつけたり運んだりするためのカゴ(もしくはバッグ)のことをクーハンといいます。

ほとんどが生後3カ月までの赤ちゃんが使用することを想定してつくられているので、大きくなったら処分する手間を考えるとレンタルするのがおすすめ。購入時は3,000~1万円しますが、レンタルだと3カ月あたり4,400円程度で済ませられます。

クーハンはレンタル購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

飽きたら邪魔になってしまうベッドメリー

「赤ちゃんが寝返りをしだすとまったくもって興味を示さなくなってしまうので、レンタルで済ませたほうがよいです。」

心地良い音楽とともにおもちゃがくるくると回るベッドメリーは、赤ちゃんを寝かしつける購入する方が多いアイテムです。赤ちゃんが気に入ってくれているうちは良いのですが、飽きてしまったら場所をとるだけのおもちゃになってしまいます。

安いものであれば3,000円程度で購入可能です。「安全性が高い製品を…」と考えると5,000~6,000円かかります。レンタルショップでは高品質なベッドメリーも扱っていて、6カ月レンタルしたとしても4,400円ほどで抑えられることも。こだわりがなければ、レンタルするのも良いかもしれません。

ベッドメリーはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

購入すると高い!ベビーモニター

「赤ちゃんを寝かせている部屋と普段いるリビングが離れているので使いたかったのですが、高いので購入を断念しました」

「これがあるとキッチンから見えないところでも赤ちゃんを寝かせることもできます。映像だけではなく音声も飛ばすことができるので赤ちゃんが泣きだしても気づきやすくて便利です。高額なのでレンタルして正解!」

「赤ちゃんの安全面を考えるとやはりあると便利。気になっている人はレンタルで気軽に試してみるのがいいかも」

赤ちゃんを寝かしつけた後、家のあちこちを移動しながら家事をしていると「ぐずっていないか」「うつ伏せになっていないか」など、赤ちゃんの様子が気になって仕方ありませんよね。そんな時に活躍するのがベビーモニター。しっかりした製品を購入するとなると1万円ほどかかりますが、レンタルであれば6カ月あたり6,000円前後で借りられます。

赤ちゃんが大きくなっても使う予定があるなら購入するのが安上がりですが、生まれて間もない最初のうちだけ使いたいという方はレンタルしてみてはいかがでしょうか。

ベビーモニターはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

レンタルのほうがお得!?ベビー用の寝具

「夜は大人と一緒の布団で寝かせることになっても、お昼寝用にも使うし…と購入必須のものだと思っていましたが、正直座布団でも良かったくらい」

「ベビーベッドやベビー布団ですやすや寝てくれる子もいるみたいだけど、自分の子が生まれてみないとどうなのか分からない…。もし我が家のように、親の布団でしか寝ない子だった場合、購入するとほとんど使わないのに無駄な出費になってしまう」

「赤ちゃん用の布団は軽いから、すぐ足で蹴って布団をはいでしまいます(苦笑)」

ベビーベッドやベビーカーなど、あれこれとそろえる物が多くて大変な中、赤ちゃん用の寝具まで購入するとなると探す手間がかかりますよね。サイズもいろいろあり、我が子にぴったりな寝具を探して購入するよりも、試しにレンタルしてみると良いかもしれません。

寝具一式をそろえて購入すると2万円は必要になりますが、レンタルだと6カ月あたり5,000円から借りることができます。もしサイズが合っていない場合は交換対応してくれるレンタルショップも多数あり、数カ月しか使わない寝具なら借りたほうが失敗しなくて済むでしょう。

ベビー用の寝具はレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

いつまで乗ってくれるか?2人乗りベビーカー

「3人目の子供が生まれたので、ちょうど良い機会だと思い二人乗りのベビーカーの購入を考えました。いろいろなメーカーの商品を見たのですが、重視したのは電車を利用する機会が多いため改札を通れるかどうかということです。組み立ても説明書を見てできる程度の簡単なものでした」

「1歳10か月になる双子の姉妹を保育園に登園させるとき、毎日おんぶにだっこで大変なのでベビーカーを購入しました。特に梅雨のときは大変で、両手がふさがっていますし、ベビーカーを使用することもあったのですが、以前使用していたベビーカーは雨除けが全面にしかありませんでした。そのため子供たちに雨がかかってしまい、使用を控えていたのですが、このベビーカーは雨カバーが全体を覆うようについているので助かっています。持ち手が左右で分かれていないため操作しやすく、折りたためるため移動するときでも便利です」

年齢の近い年齢の子がいないと使わない2人乗りベビーカー。レンタルだと6カ月で16,500円から借りることができます。歩きたがる年齢は意外と早く来るものです。借りたほうがいいアイテムかもしれません。

2人乗りベビーカーはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

成長が早いと考えもののベビーシート

「とにかく安定感が素晴らしいと思います。回転式のものにしようか購入するときに悩んだのですが、レビューが良かったのと乗せやすさから回転式ではないものを選びました。旦那が取り付けたのですが、簡単に取り付けられたと言っていました」

「うちの子供は2歳なのですが、活発で動き回るじきなのでチャイルドシートに固定するのに苦労しました。普段利用しているのは大型車なのですが、前向きに取り付けて2週間が経過しました。子供が動いてもきちんと固定できる仕組みになっているので、安心して運転できています。固定の強さも調節できるようになっていて、ハーネスを使用して簡単に調節できます。頭部を置く部分には厚めのクッションが付いており、メッシュ素材を採用するなど涼しさへの配慮も万全です」

チャイルドシートよりも使う期間の短いベビーシート。レンタルだと6カ月で6,490円から借りることができます。ベビーシートは借りて、チャイルドシートにお金をかける方法もありかもしれません。

ベビーシートはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

車のことも考えないといけないチャイルドシート

「後部座席のドアが狭いスポーツタイプの車に普段乗っているので、通常のチャイルドシートだと乗せられず困っていました。しかし、回移転タイプは乗せたり下ろしたりするのが楽で、後ろ向きから前向きに変える際に取り換えなくて良いので便利です」

「360度回転してくれるので、助手席に設置すると乗せ降ろしがしやすくオススメです。子供はチャイルドシートに乗るとすぐに眠ってしまうため、それくらい乗り心地の良い作りになっているのだと思います」

「新生児から利用できる製品のわりにコスパが良いと感じました。退院時から使えると思い、セール中だったこともあって購入したのですが買って良かったです。乗せ降ろしがしやすいため重宝しています。」

チャイルドシートなら何でもいいかと言えばそうではありません。車のサイズやベルトの位置も大事なところ。レンタルだと6カ月で4,510円から借りることができます。成長に合わせて借り換える賢い方法もありますよ。

チャイルドシートはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

あったら便利!バウンサー

「生後1カ月の息子がいるのですが、中々寝てくれず手こずっていました。バウンサーかハイローチェアのどちらを購入しようか迷ったのですが、起きている間もご機嫌でいてほしいと思いバウンサーにしました。レンタルより購入の方が済みそうですし、買って良かったです」

「1カ月半の赤ちゃんが敏感で、吐き戻しが多いためバウンサーを買いました。ハイローチェアだと揺らすのをやめると起きて泣いてしまい、家事が進まず困っていたのですが、バウンサーを試したところ思い切って購入して良かったです!」

「母乳外来へ行ったときに貸して下さり、とても良かったので自宅用に購入しました。首の座っていない赤ちゃんでも使用でき、抱っこしなくても赤ちゃんが経向きの体勢でいてくれるので、ミルクや気張らせるときなどお世話がしやすいです。もちろん縦揺れの機能も赤ちゃんにとって心地よいらしく、横揺れのものより縦揺れの方が赤ちゃんに向いていそうだと思いました」

あったら本当に便利なバウンサーですが、他の用途がないため使い終わったら大きな荷物に。レンタルだと6カ月で12,360円から借りることができます。借りて別のお買い物に予算を回すのは良い手です。

バウンサーはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

ママのお助けグッズ!ベビースケール

「母乳量が知りたくて買いました。母乳の量が足りないときはもう一度授乳を行ったりミルクを足したりなど、目安を知る上で役立っています。10グラム単位で計れるところも便利です」

「子どもの体重を計るために購入しました。キッチンスケールと差異を計ってみましたが、ほとんど差はありませんでした。子供を乗せては勝手も1カ月検診のときに図った数値と誤差がなかったので狂ってはいなさそうです。風袋の重みも加味できるため、タオルを敷いて重量をリセットしてから使うようにしています。我が家では満足な商品として使われています」

「娘の体重がどれくらい増えているのか気になり、購入してみました。母乳量も測れますし、毎日使っています。お手頃な価格で購入でき良かったです。うちの娘は4カ月になるため大きいのですが、そのまま上に乗せるのではなく厚手のタオルを上に敷けば大丈夫でした」

赤ちゃんの成長を知るのに便利なベビースケール。レンタルだと6カ月で5,500円から借りることができます。使う期間は短いので、思い切ってレンタルに頼ってもいいかもしれません。

ベビースケールはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

これで危険回避!ベビーサークル&ゲート

「ベビーサークルをゲートとして使用したかったので8枚セットのものを購入しました。スタンドのおかげで自立しているため、倒れないで使えています」

「私はべビーサークルをサークルとしてではなく、つい立てとして使うために買いました。こどっもばぶつかっても痛くない素材のものを選びました」

「カラーコーンのように柔らかそうだったので、ちゃんとガードできるのかな?と思っていましたが、逆に子供がぶつかっても痛くなさそうなので安心しています。家具を描こうというよりはゲートのようにして使用しています。」

「組み立てやすかったのと、デザインや配色がかわいいので気に入っています。うちの子は大人しいため普段問題ないのですが、元気なお友達が家に来たときはサークルを掴まれ、揺らされて壊されてしまいました。しかし完全にプレートを結合させれば安定感が増しますし、別売りの足をつけるなど工夫するとさらに耐性が上がるのかもしれません」

いくつあっても足りないのがベビーサークルとゲート。いろいろなタイプがあって、使いやすさは人それぞれのようです。レンタルだと6カ月で6,160円から借りることができます。レンタルならいろいろ試せそうですよ。

ベビーサークル&ゲートはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

忙しいママの味方!さく乳器

「私が出産した病院でも搾乳機を使用していたので、メーカーを聞いて同じものを 購入しました。私は母乳の量が多い方なので、電動だと搾乳にかかる時間が短くて 助かっています。家庭用のパワーのものを選びましたが、使用していて問題を感じたことはありません」

「はじめは手絞りをして母乳を出していたのですが、手が付かれるし肩も凝るしでどうしたものかと思っていました。そんなとき産院で搾乳機を使用して搾乳の簡単さに感動しました。さっそく購入したのですが、1日に何度も搾乳するため重宝しており、買って良かったと思っています」

「自動でモード変更できるところが気に入っています。刺激モードや搾乳モードに加え、吸引圧も9段階に分かれており、自分で調節することが可能です。1日に何度もお世話になる搾乳機は、消耗品として交換用の搾乳弁キットも購入することをおすすめします。安いのを買って失敗するより、値段的にお得だと思います」

品質に差があるさく乳器は、何度も買い替えるものではないので選び方が難しいと言えます。レンタルだと6カ月で17,380円から借りることができます。授乳期間がどのくらいになるのか読めない場合は、まずは6カ月間だけ借りてみてもいいかもしれません。

さく乳器はレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

新しいものが目白押し!おもちゃ

「もうすぐ1歳になる孫ですが、くるくる回るボールに夢中で、このおもちゃをみるとすぐにボールを手に取って噛んだり転がしたりしています。ちょうど孫の手に収まるボールの大きさで、音がするところも気に入っているようです」

「1歳と3歳になる子供が二人とも楽しんで遊んでいます。音のないバージョンもあったのですが、音のある方を選んで正解でした。ボールの大きさも、ちょうど子供の口に入らない大きさなので、誤って飲み込んでしまう心配がなく安心です」

「子どもの発達を促してくれるおもちゃを探していました!音がするのでボールとおしゃべりできるところが楽しいみたいです」

さまざまなメーカーが、小さいこどもや大人も一緒に遊べるよう工夫を施したおもちゃを発売しています。ただ遊びやすいだけでなく、こどもの知育を促すものが注目を集めています。楽しめる期間が長く、コストパフォーマンスの良いものが人気です。おもちゃは屋内で遊ぶものと屋外で遊ぶものの2つに大きく分けることができ、屋内の場合は音を出せる環境かどうかも選ぶ際に考えるべき重要な要素になります。また、遊ぶ人数も念頭に置いておく必要があり、一人で遊ぶことが多い場合は知育に特化したおもちゃがおすすめです。

すぐに飽きてしまい何度も買いかえて意外とお金がかかるおもちゃ。レンタルだと3カ月で2,310円から借りることができます。いろいろ試せて荷物にならないレンタルは賢い方法です。

おもちゃはレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

由緒正しきセレモニー!お食い初め食器

「男女兼用で色身も落ち着いていて良いと思い、お食い初めの食器として孫に送りました。離乳食でも使えるとお嫁さんからも好評でした。気に入ってもらえたようで嬉しかったです。」

「格式ばった食器が嫌だったので、普段使いしやすそうなものを選びました!自宅でも使え、シンプルなデザインで菅江料理が映えて見えるため気に入っています。子供に対してもちゃんとお食い初めをしてあげられたという実感があり、満足です」

「長男のお食い初めを行うべく購入しました。1歳~2歳になるまでくらいは、お祝いをするときに使おうと考えて居ます。食器の用途と見分け方に関する知識がなかったのですが、レビュー写真を見て自分のしたいように盛り付けて良いことが分かり参考になりました」

「次男のお食い初め用の食器を探していました。長男のときもお食い初めをしたのですが、そのときに使った食器は落として割ってしまったので、手頃な価格のものが見つかって良かったです」

子どもの一大イベント「お食い初め」の食器。儀式が終わったら装飾品として飾っても可愛いアイテムです。レンタルだと7日間で3,740円から借りることができます。ちょっと手が出ない豪華なお品でも、レンタルなら手が届きます。

お食い初め食器はレンタルと購入どちらがお得?
比較結果を見てみる>>

ベビー用品は買うべき?借りるべき?

もともと、ベビー用品は、赤ちゃんの成長とともに使われなくなっていくため、使用期間が短いものが多いのですが、これらのアイテムは、とくに使用期間が限られていたり、使い終わった後の処分に困る大型のものばかり。しかも、ベビーベッドや歩行器、ハイローチェアなどは値段も高めで、購入するとなるとかなりの出費に。

一人目の出産の際、ベビー用品を購入するのにかかるお金は5~10万円と言われています。子育てには、その後も何かとお金がかかっていきますから、できるうちに少しずつでも節約をしていきたいものです。

不要になったベビー用品は、知り合いに譲ったり、オークションやフリマアプリなどで売れればいいのですが、手間と時間が(送料も!)かかってなかなか踏み出せないもの。ゆくゆく粗大ごみとして処分することになれば、ここでもお金がかかってしまいます。

必要なベビー用品をピックアップしてみる

ベビー用品を購入する前に、まずは必要なもの、不必要なものをしっかり選別すること。必要なものは、どれくらいの期間、使用できそうか、赤ちゃんの好みによって使わない場合もあるものではないのかをじっくり見極めます。
使用期間が短いものや、実際に使ってみないと赤ちゃんに合っているかどうかわからないものについては、レンタルして試してみるといいと思います。

ここでは、赤ちゃんを迎えたら「買うべきか、借りるべきか?」で迷う代表格のベビー用品を17点をチョイス。各アイテムの解説や価格比較、先輩ママ&パパの口コミも含めてご紹介します。

もちろん、レンタルは借りている間にお金がかかりますから、年単位で使うものであれば、購入したほうがお得な場合もあります。長く使うもので、赤ちゃんに合っているものであれば、購入を検討することも。レンタルと購入を賢く使い分けて、無駄&失敗を回避しましょう!

取り扱いブランドアイテム数No.1レンタルショップはこちら

  レンタルならココがオトク!ベビー用品ショップ3選 レンタルしてみた!初心者パパの子育て奮闘記
このページの先頭へ
このページの先頭へ