お得にベビー用品を揃えたいママ必見!おすすめレンタルショップの情報をまとめています

半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥8,096
ベビレンタ
¥9,280
ホクソンベビー
¥10,300

半年借りたらこの値段
チャイルドシート料金3選

ナイスベビー
¥4,510
ベビレンタ
¥6,881
ホクソンベビー
¥7,600

半年借りたらこの値段
ベビーカー料金3選

ナイスベビー
¥9,900
ベビレンタ
¥10,380
べびーあいらんど
¥11,024

半年借りたらこの値段
ベビーシート料金3選

ナイスベビー
¥6,490
ホクソンベビー
¥7,400
ベビーツーワン
¥7,600

半年借りたらこの値段
バウンサー料金3選

ベビーファン
¥12,360
ベビレンタ
¥12,580
ナイスベビー
¥17,600

半年借りたらこの値段
ハイロ―チェア料金3選

ベビレンタ
¥12,480
ホクソンベビー
¥16,300
べびーあいらんど
¥16,500

半年借りたらこの値段
ベビーサークル料金3選

ナイスベビー
¥6,160
ベビーランド
¥6,930
べびーあいらんど
¥8,300

半年借りたらこの値段
さく乳器料金3選

ナイスベビー
¥17,380
ベビーランド
¥17,380
ベビーツーワン
¥17,380
TOP » あなたは買う派?借りる派?ベビー用品徹底調査 » ベビーカー

ベビーカー

半年借りたらこの値段
ベビーカーレンタル料金3選

2021/1/12時点で在庫にある、A型ベビーカーを6カ月間レンタルした場合の料金がお得なベビー用品レンタルショップをまとめました。レンタルを検討しているママは、ぜひ参考にしてくださいね。(すべて税込み表示になります)

ナイスベビー ¥9,900 公式HPへ
ベビレンタ ¥10,380 公式HPへ
べびーあいらんど ¥11,024 公式HPへ

ベビーカーはレンタルと購入でどっちが良いの?

べビーカーは購入とレンタルではどちらがお得なのでしょうか。それぞれの価格やメリット・デメリットをまとめています。

A型ベビーカーとB型ベビーカーとは?

ベビーカーには、大きく分けるとA型、B型、バギーがあります。

A型は赤ちゃんを寝かせた状態で使えるもの。クッション性が高く、リクライニング機能もついているので、腰がすわれば、座らせた状態で乗せることができます。生後1カ月頃から3歳くらいまで使えることができますが、その分、価格は高めです。

B型は、赤ちゃんを座らせて乗せるタイプ。腰がすわってから使うタイプが多く、7カ月頃から使用することができます。A型に比べてコンパクトで、価格も安めです。

バギーは、B型をさらにコンパクトにしたもの。軽くて、折りたたむと小さくなるので、収納場所もとりません。車での移動が多い、ベビーカーは補助的に使うというおうちにおすすめです。

ベビーカーのレンタルVS購入比較表

価格目安

レンタル 購入
6,760円~ 14,630円~

※どちらもA型ベビーカーの料金を参考にしています。レンタルは6カ月借りた場合の料金です。どちらも税別価格になります。

メリット

レンタル 購入
  • 使ってみて、赤ちゃんが乗ってくれないならすぐに返却できる
  • ショップによっては最新モデルが借りられる
  • 使い終わった後の置き場所に困らない
  • ベビーカーでの移動がメインで、2人目、3人目を予定しているなら、レンタルよりもお得になる
  • 最新モデルが手に入る

デメリット

レンタル 購入
  • 長期にわたって使用する場合、購入よりも高くついてしまうことがある
  • 気に入ったモデルが在庫切れで借りられない場合がある
  • せっかく買っても乗ってくれない場合がある
  • 月齢に合わせて買い替える必要がある

口コミ

レンタルした先輩ママの口コミ

  • 帰省先で、ベビーシートとベビーカーがセットになっているものをレンタルしました。価格もリーズナブルで無駄がありませんでした。
  • 2台目ベビーカーは購入しようと思っているので、1台目をレンタルしました。レンタルしたベビーカーを使いながら、セカンドベビーカーの検討ができました。
  • 使用頻度が少ないと思い、A型ベビーカーをレンタルしました。レンタルでも意外とキレイなものが届きました。

購入した先輩ママの口コミ

  • 1人目の時にA型をレンタルし、B型を購入したのですが、2人目の時、上の子の遊びに付き合うときに必要だったのでA型を購入。こんなことなら1人目で購入しておけば良かったです。
  • レンタル品は気を遣うかと思い、うちは購入しました。ベビーカーなら手も空くし移動も楽です。使用期間を考えると、レンタルとそれほど差はなさそうです。
  • ベビーカーは3歳頃まで使えるし、2人目ができればまた使えるし、購入したほうが得だと思いました。

ベビーカーは買うべき?レンタルすべき?

自家用車がなく、ベビーカーを使って移動することが多いなら、1カ月頃から3歳頃まで使えるベビーカーを購入してもいいかもしれませんが、赤ちゃんによっては、ベビーカーに乗ってくれないというケースも。

B型のベビーカーのほうが価格も安いので、購入する場合でも、腰がすわるまではA型ベビーカーをレンタルして、腰がすわったらB型を購入するという方法もおすすめです。

高性能なA型ベビーカーは購入するとかなりお高めですが、レンタルなら、手ごろな価格で利用することができます。いろいろ試してみて、お気に入りの一台が見つかったら購入するのもいいかもしれません。

レンタルできる人気のベビーカー

メチャカルハンディ

ホワイトレーベル メチャカルハンディオートの商品写真

料金 6,600円(税抜)/6カ月
メーカー コンビ
公式HPで見る

重さは4.7キロなので、片手で持てて、階段の上り下りや車への乗せ降ろしも楽にできます。シートの前面に衝撃吸収材エッグショックを内蔵。対面時でも背面時でも、常に進行方向側の前輪キャスターが回転するので操作性も抜群です。

メチャカルハンディの口コミでの評判

名前の通りとても軽くて、持ち運びに便利です。片手に赤ちゃんを抱っこしている状態でも運べるのが嬉しい。オート4キャスで対面にしても動かしやすいところや、デザインが可愛いところも気に入っています。シートの居心地もいいのか、乗っている子どももご機嫌です。

軽くて操作性がいいオススメのベビーカーです!お店の中で前から人が来てUターンしなければならない場面など、オート4キャスの便利さを実感します。バスなどに乗る際に畳んで持ち運ぶのも楽で、行動範囲が広がりました。タイヤが小ぶりなぶん段差はあまり得意ではないようですが、軽さと操作性を重視して選んだのでそこは割り切って使っています。

エアバギー ココブレーキ 3輪ベビーカー

エアバギーの商品写真

料金 不明
メーカー GMPインターナショナル
公式HPで見る

カラーバリエーションが豊富で、好みの色やデザインのものを選べます。ハンドブレーキが搭載されているので、坂道や雨の日でもスピード調整ができるので安心です。車輪はエアタイヤで、地面の振動や衝撃をやわらげてくれます。

エアバギー ココブレーキの口コミでの評判

これまで4輪のB型ベビーカーを使っていましたが、子どもの体重が重くなるにつれて操作性の悪さにストレスを感じるようになり、新たにエアバギーを導入。結果、全然疲れません!驚くほど軽々と押せて、段差のあるところや改札のような狭いところも楽々通れます。こんなに楽になるなら、もっと早く使えばよかったです。

一般的なベビーカーのタイヤとは違い、小石などに乗り上げてもつっかえずにすすめます。振動が軽減されるので、乗っている子どもはもちろん押している親の負担も少なくて助かります!三輪で小回りが効くうえ手元にブレーキがあるので、混みあった場所でうっかり人の足を踏んでしまうようなこともありませんでした。私にとっては最高のベビーカーですが、重量があるので、女性一人で赤ちゃんとベビーカーを同時に持って階段を上り下りしなければならないような場面には向かないかも知れません。

スムーヴ

スムーヴの商品写真

料金 16,000円(税抜)/6カ月
メーカー アップリカ
公式HPで見る

生後1カ月頃から使える3輪タイプのベビーカー。小回りがきいて段差もスムーズ。エアタイヤで衝撃を吸収してくれます。ハイシートなので、地面の熱やホコリから赤ちゃんを守り、乗せ降ろしも楽にできます。ハンドルブレーキ付きで坂道も安心。

スムーヴの口コミでの評判

エッグショックとフルリクライニングのおかげで、まだ首が据わっていない子どもも安心して乗せられます。対面にはできませんが、フードのメッシュ部分から顔を見ることができるので、子どもも安心している様子でした。折りたたみ・展開も簡単で、片手に子どもを抱いている状態でも問題なくできます。走行性も非常にスムーズで、子どもも居心地よさそうにしていました。

少し重いのですが、そのぶん安定性は抜群です。何より押し心地が本当に軽くて、スイスイ進めます!シートが高めで地面から距離を取れること、荷物がしっかり入るところもいいですね。唯一対面にできないことが気になっていましたが、今となってはそれも気にならないくらいお気に入りのベビーカーです。

ビングル

ビングルの商品写真

料金 9,396円/6カ月
メーカー ピジョン
公式HPで見る

タイヤ数が少なく、無駄な動きがなくて押しやすいさらにスイング式サスペンションで赤ちゃんへの負担も軽減握りやすさを考慮したウレタンハンドルに滑り止めのミゾがはいったグリップベビーカーを押しながらでも赤ちゃんがのぞけるよう、のぞき窓も付いています。ベビーカーのボディは、通気性を保つようメッシュベースシートと選択できるインナーシートになっています。赤ちゃんの下には約20L収納できてどこからでも取り出せる設計になっており、もしものことがあっても亜鉛心です。車に乗せるのが楽々なコンパクト設計にもなっているので、場所や車を選ばずに家屋みんなで外出できます。

ビングルの口コミでの評判

シングルタイヤと、シェードののぞき窓が決め手になってビングルを選びました。使ってみた感想としては、とにかく軽い!エレベーターのない物件に住んでいるのですが、片手に娘を抱え、片手にベビーカーを持った状態でも楽に階段を上ることができました。荷物もたくさん入るし操作性も抜群で、本当に選んで良かったなと思っています。

シングルタイヤの操作性を求めて、セカンドベビーカーとして導入しました。座面が少し浅いところは少し気になりますが、デザインの良さやお手入れの簡単さ、何より操作性の良さを重視する人にはおすすめのベビーカーです。荷物入れも大きくて、保育園用のバッグも余裕で収納できました。

ノーザンナイト(34-9)

ノーザンナイト(34-9)の商品写真

料金 9,180円/6カ月
メーカー マジカルエアー
公式HPで見る

B型のベビーカーでも珍しいハイシートが誕生しました。ベビーカーの高さは50cmで、持ち手が高く押しやすいのが特徴です。ハイシートの中ではもっとも軽いとされる2.9kgで持ち運びがしやすいだけでなく、片手ワンタッチで簡単に開閉できるのも嬉しいポイント。また、広々と使えるシートとフロントガードを採用しており、マルチショックレス構造がガタガタ道でも振動から赤ちゃんをしっかりと守ります。さらに、着脱式のシートなので定期的にお手入れできるようになっており、洗濯も可能。使い始めの清潔感を持続させることができます。

マジカルエアーのベビーカーの口コミでの評判

スリムで軽いベビーカーです。片手で持てる重さなので、階段の昇り降りも苦になりませんでした。操作性も必要十分で、直線の道なら雨の日に傘を持ちながら片手で押すこともできます。ただし、軽い分ひっくり返りやすいので、ハンドルに荷物を下げたまま子どもを降ろす時には要注意です。

とても軽くて、片手で畳めて、コツいらずで自立する。これが最高に便利です。押しやすさや操作性の良さでは他のベビーカーに軍配が上がるかも知れませんが、携帯性の良さを重視して選んだので問題ありません。このベビーカーが来てから、お出かけするのが楽しくなりました。

アップリカ・ソラリア

ソラリアの商品写真

料金 17,280円/6カ月
メーカー アップリカ
公式HPで見る

両対面式のベビーカーでは、初となる地上50cmのハイシートで、赤ちゃんを路面のホコリや熱からしっかりガード。シートの構造は、頭と首を安定させつつも気道を確保でき、腰の負担も軽減できるよう自然な体制をサポートしています。また、シートの背中部分には、通気性をよくするために通気口を設けてあります。自分で温度調節できない赤ちゃんにとって、自動的に蒸れを防止できる構造は理想的。さらに、車輪はオート4輪を採用しているので、対面で押しても背面で押しても快適に操作できます。押しやすさを重視して作られているだけでなく、状況に合わせて手元の高さを変更できるのはママにとってのストレスを軽減できます。

ソラリアの口コミでの評判

デザインが気に入ったので、重さについては妥協したつもりでしたが、使ってみると安定感があって予想以上に快適でした。収納もたっぷりで、買い物に行くときも重宝します。子どもは毎回ベビーカーの中で寝てしまうので、乗り心地もよさそうです。電車やバスの利用や階段の昇り降りには不向きかも知れませんが、可愛くて安定感のあるベビーカーを探している方にはおすすめです!

家の周りの道路整備があまり進んでおらず、走行性が不安だったのですが、使ってみるとスイスイ進むことができました。頻繁に悪路を通っても今のところ何の問題も起きていないので、耐久性もしっかりしていると思います。片手でコンパクトに折りたたむことができるので、持ち運びも楽でした 。

B-AGILE 3

b-agile3の商品写真

料金 15,675円(税込)/6カ月
メーカー GMP
公式HPで見る

英国王室御用達ブランド、「ブリタックス・レーマー」のスタイリッシュなベビーカーです。3輪タイプなので小回りが効くうえ、赤ちゃんの乗り心地もスムーズ。何かと荷物が増えがちなママ・パパにも嬉しい、片手で畳める仕様です。 シートは取り外しができるため、簡易的なクーファンとしても使用可能。赤ちゃんが眠ってしまっても、起こすことなく家の中に移動させることができます。また、取り付け時の向きを変えれば、低月齢の赤ちゃんにぴったりの対面ベビーカーとしても使えます。

B-AGILE 3の口コミでの評判

子どもの体重が14kgに迫り、これまで使っていたベビーカーが窮屈になってきたので導入しました。コンパクトな見た目の割に座面はゆったりと広いので、子どもも喜んで乗ってくれます。タイヤが大きいためか、走行もスムーズでした。

とても使いやすいベビーカーです。パッと簡単に小さく畳めて、車に積み込む際にも便利でした。シートも柔らかくて、子どもも居心地良さそうにしています。また、タイヤもしっかりしていて滑らかに走行できました。

エアリアラクーナ

エアリアラクーナの商品写真

料金 15,312円(税込)/6ヵ月
メーカー アップリカ
公式HPで見る

地上55cmのハイシートで、赤ちゃんをホコリや路面の熱から守ってくれるベビーカーです。総重量5.3kgと、他のベビーカーに比べて軽いのも嬉しいところ。進行方向に合わせて前方の車輪が自動で回転するオート4輪機能搭載で、操作性も抜群。 車輪やフレームには、振動を軽減するサスペンションを内蔵。さらに、シート内部には、通気性と振動吸収性を兼ね備えた素材「ブレスエアー」が使用されており、赤ちゃんにとって快適な乗り心地を実現しています。

エアリアラクーナの口コミでの評判

振動の吸収性能にとても優れていると思います。普通ならガタガタ揺れて子どもが泣いてしまうような場所でも、このベビーカーなら大丈夫でした。オート4輪なので、狭い場所での方向転換も楽々です。うちの子どもとは特に相性がいいのか、乗せるとよく寝てくれるのでとても重宝しています。

軽くて持ち運びやすいうえにベビーカー全体のバランスが良く、段差も軽いものなら簡単に乗り越えることができます。日よけのフードが大きく少々の雨風なら遮れるところ、荷物の出し入れがしやすいところも気に入りました。これまで使っていたベビーカーに対する不満を、一気に解消してくれた逸品です。

レカロ

レカロの商品写真

料金 10,379 円(税込)/6カ月
メーカー RECARO
公式HPで見る

首が据わったころから4歳ごろまで使用できる、スマートなデザインのベビーカーです。「RECARO」のロゴ入りヘッドパッドには衝撃吸収素材が内蔵されており、赤ちゃんの大切な頭をしっかりとガード。車輪には振動を吸収するサスペンションが内蔵されているため、乗り心地も抜群です。 また、同ブランド・RECAROの専用ベビーシート(チャイルドシート)を併せてレンタルするのもおすすめ。シートを取り付けることができるため、車からベビーカーへ、ベビーカーから室内への移動がぐっと楽になります。

レカロの口コミでの評判

届いて実物を見た時、写真以上の高級感に驚きました。なんといっても、「RECARO」のロゴがかっこいい!心なしか、押して歩いていると注目を集めているような気がします。ハンドルがやや高めな点も、個人的には押しやすさに繋がる+ポイントでした。折りたたみも、コツをつかめば簡単です。畳むと細く長い形状になるためトランクには入らないのですが、後部座席の足元に寝かせて積むことでカバーしています。

夫が一目ぼれしたレカロのベビーカー。シンプルで洗練されたデザインが素敵で、周りの方ともかぶりません。夫も私も背が高いので、ハンドルが高いところも気に入っています。専用ベビーシートの着脱も簡単で、車とベビーカーの間をスムーズに移動できました。

ランフィ

ランフィの商品写真

料金 20,600円(税抜)/6カ月
メーカー ピジョン
公式HPで見る

ピジョンのA型ベビーカー、ランフィの2019年モデルです。段差での引っ掛かりが少なく、小回りも効くシングルタイヤで快適な押し心地を実現。すべてのタイヤは中空構造で、かつサスペンションも備わっているため、赤ちゃんへの振動も軽減してくれます。 シート内部には、通気性・透湿性に優れたクッション素材「エルク」を使用。こもった熱気や汗による湿気を外に逃がすことで、赤ちゃんの快適性をより高めています。シートは赤ちゃんの体をしっかりと支える形状で、首や腰の据わっていない低月齢の赤ちゃんにも安心。

ランフィの口コミでの評判

ハイシートなので重心が高いのですが、フレームが頑丈な作りなので安定して走行できます。段差や凸凹を乗り越える際の衝撃も、サスペンションが吸収してくれているのを実感できました。キャスターの回転もスムーズで、方向転換も楽にできます。ただ、畳んでもさほどコンパクトにならないので、バスなどを頻繁に使う人には不向きかも知れません。どちらかというと、徒歩での移動が長い人に向いているベビーカーだと思います。

進行方向を変えると、前の車輪がフリーに、後ろの車輪が直進のみになるよう自動的に調整されるので、いつでもスムーズに進めます。折りたたみ・展開や、対面・背面の切り替え動作も簡単でした。重さは5.5kgと、他の超軽量ベビーカーよりは重いのですが、実際に持ってみると想像以上に軽く感じます。私にとっては、とても扱いやすく快適なベビーカーでした。

F2plus AF

 F2plus AFの商品写真

料金 17,500円(税抜) /6カ月
メーカー コンビ
公式HPで見る

生後1ヶ月から使えるにも関わらず、重量3.9kgと驚くべき軽さを誇るベビーカーです。シートの位置は地上53cmと高く、ホコリや熱から赤ちゃんをガード。シート部分はメッシュ素材でできているので、パッドを取り外すことで抜群の通気性を確保できます。 ハンドル部分やフレームは片手でも運転しやすいよう工夫されており、狭い道や人ごみでも片手で快適な移動が可能。折りたたみも片手でできるため、ベビーカーから降ろしたお子様としっかり手をつなぐことができます。

F2plus AFの口コミでの評判

普通よりも少しコンパクトな軽自動車に乗っているため、なかなか車に乗せられるベビーカーに出会えず困っていたのですが、F2plusはギリギリ積むことができました。折りたたみ・展開も子どもを抱っこしながら片手で簡単にできるし、生後1か月からずっと使えるのも助かります。個人的な評価は100点満点!おすすめしたいベビーカーです。

私は身長が170cm以上あるので、持ち手が高く腰に負担がかからなそうなこちらのベビーカーを選びました。実際に使ってみると、持ち手の高さがちょうどいいのはもちろん、折りたたみや持ち運びもしやすくてますますお気に入りに。特に良いなと思うのは、ブレーキの付け外しをどちらも「押す」動作でできることです。

ベビーカーのおすすめブランド・メーカー

コンビ(Combi)

国産のベビー用品メーカーとしては、トップクラスの知名度と人気を誇る「コンビ(Combi)」。1957年に設立した歴史ある企業です。コンビという名前には、赤ちゃんとお母さんのコンビを応援したい、という思いが込められています。

お母さんやお父さんが使いやすく、赤ちゃんが居心地がよいと感じるようなベビーカーを生産&販売されており、1989年以降はアメリカにも進出をしています。

コンビのベビーカーは、安全面や機能性、軽量性などが考慮されたさまざまなタイプのものが揃っています。最新タイプのベビーカーには、アスファルトの地熱やホコリから遠ざけられる「ハイシート」や、安全性と抱っこのような安心感を与える「エッグクッション」などが搭載。ライフスタイルやニーズに応えるような、品揃えの多さがポイントです。

コンビ(Combi)の人気ベビーカー

スゴカルα 4キャスコンパクト エッグショック HK

コンビホワイトレーベルスゴカルα4キャスの商品写真

料金 23,650円(税込)/6カ月
商品説明 「赤ちゃんを守れない軽量化はいらない」として、ベビーカーの重量よりも赤ちゃんを守ることを重要視してつくられています。
卵すら傷つけない衝撃吸収素材・エッグショックを採用。3層の振動吸収構造で赤ちゃんの頭部を守り、全身をシートで保護します。

スゴカルα 4キャスコンパクト エッグショック HKの口コミでの評判

使用中に小回りが効きやすいので、方向を変えたい時にもスムーズに行うことができて楽ちんです。カラーリングも落ち着いた雰囲気で気に入っていて、耐久性も高い感じがするので良いと思います。折りたたんで簡単に持ち運びをできるので、ママが一人で赤ちゃんをお世話しなくちゃいけない時でも安心して使うことができそうです。

ネットで取り寄せる前に店頭で実際の商品を試してみました。私はあまり腕や体の力が強いタイプではないのですが、簡単に折りたたんで使用できるし、赤ちゃんを乗せている時でも押しやすそうで、使いやすそうなベビーカーだと感じられました。色々な使用環境によって印象も変わるのかも知れませんが、今から楽しみにしています。

F2plus AF

F2plusAFの商品写真

料金 26,620円(税込)/6カ月
商品説明 「押す」「曲がる」「運ぶ」の3つの動作が片手で行なえるベビーカー。
上のお子さんがいる場合は、手をつないだ状態でもベビーカーを操作できます。ハンドルにかけた力が前輪までまっすぐに伝わるストレートフレーム(直線構造)になっているので、小さな力でも手軽に操作可能です。

F2plus AFの口コミでの評判

軽くて使いやすい上、手元にある収納スイッチにも慣れていたので、安心して取り扱うことができました。折りたためばコンパクトにできるので、階段などで持ち運びをしなければならない時でも便利です。安定感があるので、荷物を持ちながら片手でベビーカーを押していても、左右にグラグラせず進めることは良いですね。ただし安全ベルトは必須です。

娘が1歳を過ぎてから一人で歩くようになり、追いかけるのに重たいベビーカーでは大変だったので、軽いベビーカーで助かっています。また、持ち運びやすいおかげで階段でも苦労せず降りられますし、時間がない時にエレベーターを探す必要もないため、今まで以上にお出かけをしやすくなりました。お出かけ先でのお昼寝には、リクライニング機能があって役立ちます。

ディアクラッセ オート4キャス エッグショック FE-500

ディアクラッセオート4キャスエッグショックFE-500の商品写真

※現在、該当ショップでのレンタルが確認できませんでした。別のショップでレンタルされていないか確認中です。今しばらくお待ちください。(2020年6月30日時点)

料金 20,000円/3カ月
※6カ月レンタルは要問合せ
商品説明 生後1カ月~36カ月までの赤ちゃんを対象としたベビーカー。本体重量は6.8kg。
タイヤの側面に空気室を設けた「大型エアセルクッションタイヤ」や車輪部の「4輪ソフトエアサスペンション」を搭載するなど、空気を利用した振動レスシステムが特徴です。

ディアクラッセ オート4キャス エッグショック FE-500の口コミでの評判

新生児にも使えるということで、首が据わる前の我が子に使えそうなのでこちらを選びました。夏の散歩でも蒸れないようですし、使い始めた頃は気持ち良いのかお散歩中にすぐ眠っていました。マザーズバッグの大きさに合わせて、下の荷物入れの部分がもう少し大きければなお良かったと思います。重量感があり安定していますが、折りたためばコンパクトです。

色々とベビーカーを試してみて使い心地などを検討した結果、押しやすさと折りたたみのしやすさを重視して、こちらの製品を選びました。実際に使ってみると、片手でも開閉操作をできるのでとても助かっています。ただ、下についている収納部分は背の低いものしか入りにくく、それが少し不便です。リクライニング機能もあり、長く使っていきたいと思います。

マルチ5ウェイ

マルチ5ウェイの商品写真

料金 19,800円/6カ月
商品説明 生活シーンや赤ちゃんの成長に合わせて、1台で5通りの使い方ができるベビーカー。
首がすわっていない赤ちゃんを寝かせて使えるのはもちろん、シート部分を取り外してベビーキャリーやチャイルドシートとして使うことも可能です。

マルチ5ウェイの口コミでの評判

1歳児までは、そのまま車に装着してチャイルドシートとして使えます。赤ちゃんを寝かせたままで車へ入れたり下ろしたりができるので、車を利用しているママにとっては非常に使いやすいと思いました。グッドキャリーを使わないようになれば、同梱されている別部品を装着することで、折りたたみできるベビーカーとして使用できます。

簡単で扱いやすい操作性や、落ち着いていてオシャレなデザイン、1年以上も壊れない耐久性など、魅力はたくさんありますが、何よりもベビーカーとしてベビーシートをそのまま装着できることが素晴らしいポイントだと思います。眠っている赤ちゃんを起こさずに、車へ乗り入れさせられるので、この点だけでもおすすめできる製品です。

メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HG

メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HGの商品写真

料金 30,477円(税込)/6カ月
商品説明 生後1カ月から使える両対面式のA型ベビーカー。2016年モデルで、当時のオート4キャス史上では4.7kgと最軽量でした(2017年3月時点、コンビ調べ)。
まるで抱っこされているような安心感があるダッコシートαや赤ちゃんの足元までカバーする大きな幌(ほろ)、容量18Lのカゴなどが付いていて、お出かけが楽しくなるベビーカーです。

メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HGの口コミでの評判

AB型ベビーカーとしては軽量で、持ち運びもしやすいのでとても役立ってくれました。私は車での移動を滅多にせず、基本的にどこへ行く時もベビーカーを使用していたため、エレベーターなどがない場所では赤ちゃんを抱きかかえる必要がありました。そのため、赤ちゃんを抱っこしながらでもスムーズに持ち運べる軽量感は、大きなメリットだと思います。

4キャスなので、子どもを乗せている状態でも小回りが利いて扱いやすいベビーカーです。また、とても軽いので、バスに乗る時など、折りたたみが必要な状況でも片手ですんなりと持ち運ぶことができました。ただし、本体が軽すぎるせいなのか、段差などに引っかかってしまうこともあり、そんな時は足で押さえて前を持ち上げる必要があります。

グランパセオ

グランパセオの商品写真

※現在、該当ショップでのレンタルが確認できませんでした。別のショップでレンタルされていないか確認中です。今しばらくお待ちください。(2020年6月30日時点)

料金 14,300円(税込)/6カ月
商品説明 柔らかくふわふわなクッションや赤ちゃんの頭をやさしくガードするシェル構造座席によって快適な乗り心地を実現しています。大型のクッション機能車輪やソフトサスペンションで、移動による振動も96%以上軽減。
また、ハンドルの高さも10段階に調節可能なので、パパやママに合った高さで使用することができます。足元に大容量のかごが付いているのも特徴です。トイレットペーパーが14個も入る大きさになっています。使用しないときはコンパクトに折り畳めて自立するので、収納場所やお出かけ先でも困りません。赤ちゃんを抱っこしながら片手で開閉できるのも便利です。
他にも、もしものときの安全機能「電車ドア挟み対策キャスター」や「5点式シートベルト」などもあり、細やかな気遣いがたくさん詰まったベビーカーといえます。

グランパセオの口コミでの評判

片手だけで折りたたみができるので、家の玄関先で赤ちゃんを抱っこしている時や、お出かけ先で赤ちゃんと荷物を一緒に抱えている時など、色んな場面で重宝しました。その上、タイヤが太くてしっかりと作られているので、踏切などの段差もすいすいと移動できます。道路のガタガタも和らげてくれる機能が付いているし、快適に使える製品でした。

ベビーカー大好きの娘とのお散歩に役立ってくれています。娘と2人だけでお出かけする際も、片手で持ち運びや開閉操作をできるので、非常に楽ですね。娘も乗り心地が良いのか、乗っている最中にすぐ寝てしまいます。娘が眠っている間は水平くらいの状態までリクライニングさせられるし、お食事の時は垂直近くまで持ち上げられるので便利です。

横型2人乗りベビーカー ツインスピンGC

横型2人乗りベビーカーツインスピンGCの商品写真

料金 19,800円(税込)/6カ月
商品説明 スムーズに押しやすい「高剛性車体」を採用しているので、双子はもちろん、歳の近い兄弟にも使用できます。それぞれのシートが独立してリクライニングする構造になっているため、年齢差・身長差のある兄弟姉妹でも無理なく一緒に使うことができます。
また、使わないときのコンパクト収納にも徹底的なこだわりが。簡単に三つ折りの状態にして、スッキリ収納できるのです。
採用されているハイシート設計は、赤ちゃんの視界を広げる効果はもちろん、乗せ降ろしも楽チンでママも助かること間違いなし。
大型の6輪の車輪にはすべてにクッション機能が付いていて、路面からの振動を防いでくれます。
14リットルの大型カゴも付いていて収納力も抜群!1カ月〜36カ月頃まで使用可能です。

横型2人乗りベビーカー ツインスピンGCの口コミでの評判

双子のママです。とても持ちやすくて軽いので、女性が1人で双子を連れてお出かけする時でも負担を感じにくいです。使用する前は横幅や狭い場所での取り回しなどに不安もありましたが、実際に使ってみると不便さはほとんど感じません。人見知りをしてしまう時期にはママが見えなくて泣くこともありますが、そこは臨機応変に対応します。

2歳になる前の子どもと、1歳前の子どもを、2人同時に乗せられるベビーカーとしてツインスピンGCを選びました。横型なので横幅が気になることもありますが、それ以上に軽さが驚くほどで、軽快な取り回しに満足しています。双子用のベビーカーとして便利な製品でしょうが、年子を抱えているママにもおすすめできる製品です。

キューレットミューラー ラズリ

キューレットミューラー ラズリの商品写真

料金 12,672円/6カ月
商品説明 120~135度までリクライニング角度を調節できます。首がすわる3~5カ月頃から、最大48カ月(体重18kg)まで長く使える背面式のベビーカーです。メッシュシートに被せられるリバーシブルシートがあり、メッシュシートとあわせれば3モードを楽しめます。
大きなサンシェードが付いていて、日差しから赤ちゃんをしっかり守ってくれる点も安心です。衝撃吸収素材を使用したヘッドパッドや路面からの振動を吸収してくれるクッション付きの車輪など、安全面、快適性にもこだわったつくりになっています。
ハンドル位置が高いところも、背の高いママやパパにとってありがたいポイントですね。

キューレットミューラー ラズリの口コミでの評判

使い始めは収納方法がよく分からなくて手間取ることもありましたが、慣れてくると10kgの子どもを抱えたままでも自由に使えるようになりました。押しながらの移動もしやすいので、とても良い感じです。デザインも私好みのシンプルで満足度も高いのですが、収納状態で立てているとたまに倒れるので、もう少しバランスが良ければ良いですね。

日本国内の道路や使用状況を想定されている製品だからこそ、日常的に使いやすい安心感が生まれるのだと思います。確かに重量面で気になる点もありますが、剛性や機能性を考えてもトータルでおすすめできる製品です。ただし、折りたたんだ時に高さが残るので、駅の階段を上がる時などに車輪が地面に当たってしまうところは残念です。

コンビホワイトレーベル アンブレッタ4キャス エッグショックUH

コンビホワイトレーベル アンブレッタ4キャス エッグショックUHの商品写真

料金 26,550円(税抜)/6カ月
商品説明 170度までリクライニングができる、両対面式のA型ベビーカー。まるでテントのように赤ちゃんの足元までガードする大型のホロ(アンブレラシェード)が印象的です。シェードがすっぽり被さっていても、通気循環構造の「ココチェア」が、シートとクッションの通気性を実現しています。
さらに、コンビのベビーカーではおなじみの「エッグクッション」と大型ダブルタイヤが、衝撃や振動から赤ちゃんを保護します。どんな天候であっても赤ちゃんを守ってくれる、頼もしいベビーカーです。

コンビホワイトレーベル アンブレッタ4キャス エッグショックUHの口コミでの評判

収納部分はオムツを2つ入れてもあまるくらいにスペースがあります。移動中の小回りも利いて、狭いスーパーの通路でも方向転換をすることができました。道の凹凸のショックも感じにくいのか、生後5ヶ月の息子は移動中にすぐ寝てしまいます。幌があるので雨風を防げるものの、それでもすき間があるので大雨の中などではレインカバーが必要です。

車輪が大きめに設計されているので、段差なども乗り越えやすくなっています。また、バスケットも大型のものが装備されており、収納力があって便利です。ハンドル高を調整可能で、ママの身長に合った位置へ調整できることも魅力ですね。付属しているシェードは雨傘と同じような素材でできているらしく、雨の日でも使いやすそうです。

コンビ AttO type-S(アットタイプS)

コンビ AttO type-Sの商品写真

料金 25,550円(税抜)/6カ月
商品説明 Attoは、コンビが開発した新世代A型ベビーカーです。片手でも小回りがきいて、段差もスムーズに乗り越えることが可能。コンビ独自のクイックアクションフレームと大型タイヤで、押しやすさと快適性を徹底的に追求しました。
地熱やほこりから赤ちゃんを遠ざけるハイシートも、今までの58cmよりさらに高い61cmに設定しています。通気性の良いエアースルーシートや、ふんわり安心感と衝撃から守るダッコシートαも搭載。利用する人たちが、みんなが嬉しくなる楽ちんベビーカーです!

コンビ AttO type-S(アットタイプS)の口コミでの評判

ハンドルのぐらつきが少し気になりますが、それ以外の部分は非常に満足度の高いアイテムです。見た目がオシャレなフォルムなので高級感がありますし、タイヤ径が大きいので、田舎暮らしででこぼこな道路が多い私にも使いやすく助かっています。リクライニングの角度が鋭角になってくれるので、子どもが大きくなってからも乗せやすいです。

一般的なベビーカーよりも座面の高さが保たれているので、子どもの目線に近づいて話すことができます。乗り降りをさせる時も、腰をそこまで曲げなくて済むので、体への負担も軽くなりました。座面が高いので重心の高さや安定感が気になりましたが、使ってみるとぐらつくこともなく、スムーズに押せるので助かります。

コンビ ドゥキッズ4AQ-599(ベビーシート&ベビーカー)

コンビ ドゥキッズ4AQ-599の商品写真

料金 11,240円(税抜)/6カ月
商品説明 ベビーシート&ラックが一体化したマルチモデルのベビーカーです。ベビーシートは新生児から使えるので、出産予定日前にレンタルしておけばクリニックから車で帰宅する時に使えます!
ベビーシートと一体化できるタイプは、赤ちゃんをベビーシートに乗せたままベビーカーに装着できるのがポイント。赤ちゃんがネンネしているときでも、その状態のままベビーカーへ移動させることができます。ベビーシートは10kg(約生後12カ月頃)まで使えるので、その頃までレンタルしたあとB型ベビーカーに変更してもいいですね。ベビーラックとして利用してもOKです。

コンビ ドゥキッズ4AQ-599(ベビーシート&ベビーカー)の口コミでの評判

ベビーカーを購入したら、チャイルドシートも一緒に付いてきたという感じで、とても便利な世の中になったなと思いました。実際にはベビーカーとして使うよりも、車のシートに普段から設置しっぱなしで、ベビーシートとして活用しています。使ってみると思っていたよりもコンパクトで、前席の邪魔にもならないので良い感じです。

ベビーシートとしてもベビーカーとしても使えて、様々なシーンで使用価値があります。生後すぐから12ヶ月くらいまでのファーストベビーカーとしてだけでなく、付属の着脱シートを取り付ければ、24ヶ月くらいまで使えるセカンドベビーカーに変身することもポイントです。ハンドルポジションを変えればベビーキャリーとしても使えます。

コンビ ボニートW LX-600

コンビ ボニートW LX-600の商品写真

料金 32,890円(税込)/6カ月
商品説明 ボニートは重量4.6kgと、A型ベビーカーの中では軽量タイプです。レバーひとつでベビーカーを簡単に開閉できるのがポイント。折り畳んでも自立するので、赤ちゃんを抱っこしていたり、大きな荷物があるときに便利。コンビ独自のエッグショックと車輪のソフトサスペッションが、赤ちゃんを衝撃から守ってくれます。さらに大きめのサンシェードはUVカット98%。日差し対策も抜かりありません!

コンビ ボニートW LX-600の口コミでの評判

赤ちゃんを乗せて移動している時の安定感が優れていて、ぐらつくこともないので使いやすいです。お散歩を始めると10分くらいで眠ってしまうので、息子も気に入っているのだと思います。幌のサイズが大きいので、日焼け対策もバッチリでした。何より、ハンドルの高さ調節ができるので、小柄な私も大柄な夫も一緒に使えて助かりました。

私は身長が低いため、できるだけ軽量感を重視して製品を選んだ結果、ボニートWになりました。もっと軽いアイテムもありましたが、決め手はハンドルの高さ調節機能で、ママにもパパにも使いやすかったという点です。赤ちゃんを抱っこしたままで開閉することも簡単にできるので、今の所はバギーの必要性を感じていません。

コンビ ネムリエオート4キャス UE-720

コンビ ネムリアオート4キャスUE-720の商品写真

料金 30,800円(税込)/6カ月
商品説明 ネムリエUEシリーズは、赤ちゃんが眠りに引き込まれてしまうほど快適な環境を目指したA型ベビーカーです。空気を編むというコンセプトで開発された新素材「エアウィーブ」を採用しています。
通気性・体圧分散性・反発性の優れた素材で、水で洗っても素材の特性を失わなず、いつでも清潔に使えます。エッグショックやソフトサスペンションも、もちろん搭載されています。レンタルベビーカーは、ブラックやブルーが多い中、ローズカラーの入ったデザインもオシャレ!

コンビ ネムリエオート4キャス UE-720の口コミでの評判

ママ友におすすめされてUE-720を選びました。一応、他のベビーカーも自分なりに試しましたが、使いやすさや移動のしやすさなどを考慮した結果、これに決めました。子どもも座り心地が良さそうです。デザインがもっと豊富ならさらに嬉しかったですが、総合的な満足度が高いので、次に選ぶ時も同じベビーカーを選びます。

他にも悩んでいるメーカーの製品がありましたが、安定性や収納性、そして実際に取り回している時の使い心地から、コンビのベビーカーにしようと思いました。デザイン的にも気に入っているし、子どもも気持ち良さそうに過ごしてくれていて、その様子を見られるのが嬉しいです。重い荷物を持っている時でも安心感があります。

コンビ メチャカルファーストEZ360

メチャカルファーストEZ360の商品写真

料金 22,880円(税込)/6カ月
商品説明 より軽量なA型ベビーカーを探しているママにおすすめ!こちらのメチャカルファーストの重量はたったの3.9kg。軽さと剛性を兼ね備えたボディフレームが、赤ちゃんをしっかり保護します。コンパクトに畳めるので、階段の上り下りもずっと楽になりますよ。
地熱やホコリから遠ざけるハイシートの両対面タイプ。赤ちゃんとのお出かけが多いママなど、アクティブに行動したい人におすすめのモデルです。

コンビ メチャカルファーストEZ360の口コミでの評判

製品名の通り、とにかく軽いベビーカーです。また、折りたたんでみると想像以上にコンパクトになりました。使用者の身長に合わせてハンドル調節ができなかったり、奥行きが物足りなくて赤ちゃんの足が飛び出しやすかったりというデメリットも感じられましたが、使用できる期間に納得して購入するのであれば十分な満足感があります。

やっぱり「軽い!」という印象が最初にありました。おかげさまで折りたたみや持ち運び、自動車へ積み込む時にも楽で助かっています。特に荷物を抱えている時は、この軽量さが非常にありがたいです。1歳未満の赤ちゃんを乗せた時、ベッドスペースの余裕が大きいように感じたので、別売りのシートとの併用をおすすめします。

コンビ(Combi)のベビーカーに寄せられた口コミ

押し比べて決めました!

プレママレッスンに参加していくつかのベビーカーの押し比べをしました。「スゴカル」はとにかく軽い!そして小回りが利いて操作性が抜群!ハイポジションだから夏場は赤ちゃんを地熱から守れるし、幌が深いので紫外線も怖くないです。座面下の荷物置き場の間口も広いので、出し入れしやすくストレスを感じません。ママの利便性と赤ちゃんの安全のためのベビーカーだと思います。

持ち運びしやすい

「スゴカル」を使っています。赤ちゃんを抱っこしていても、片手で畳めて片手で広げられる操作性と軽さが気に入っています。実家はエレベーターがないため、遊びに行くたびに両親がベビーカーを運んでくれるのですが、軽いので楽々に運べます。バスや電車での移動も苦になりません。また、頭部への衝撃が少ないというエッグショックもいいですね。これからしばらくお世話になりそうです。

使い勝手のよい「ATTO」

「ATTO」は座面が高いので、赤ちゃんとの距離が近くて散歩が楽しくなります。飲食店でもテーブルにはめこめば、大人と同じ高さで赤ちゃんをお世話できるのもいいですね!段差も楽々クリアでき、コーナーもスムーズに曲がれます。また見た目より軽量なので、電車を利用したりバスの乗り降りで持ち上げたりするときもそんなに苦労しません。とにかく使い勝手が最高なベビーカーです。

居心地最高!赤ちゃんがすぐに寝てしまうベビーカー

メチャカルシリーズを購入するつもりでお店に行きましたが、その隣の「アンブレッタ」に目が留まりました。興味本位で試乗させたら、グズって泣いていた息子がピタッと泣き止み一瞬で睡眠モードに。クッション性や相性がいいのでしょうか?購入後もアンブレッタに乗っている時は、いつも落ち着いてくれます。寒い時期や風が強い時、紫外線などから赤ちゃんを守る大型シェードも重宝しています。

セカンドベビーカーとして活躍

セカンドベビーカーとて「F2Plus」を購入しました。本当に軽くてコンパクトに折り畳めるので楽ちんです。グリップの握り心地や押しやすさも抜群!子どもを二人を連れて交通機関に乗るときに助かっています。

コンビ(Combi)のベビーカーをレンタルするなら
どこがおすすめ?

ナイスベビー

ナイスベビーの公式サイトを見てみる ナイスベビーに
電話をかける
送料 レンタル・購入合計で8,001円以上なら無料
(ナイスベビー便対応エリア/東京・埼玉・千葉・神奈川の一部地域)
そのほか送料600円~
特徴 メチャカルハンディやグランパセオなど、さまざまなコンビ製品をレンタルしているショップです。
ベビー用品の販売も行なっていて、レンタルする際に必要なベビー用品を購入するとお得になる「借りて+買ってサービス」も実施しています。

ベビーフレンド

ベビーフレンドの公式サイトを見てみる ベビーフレンドに
電話をかける

※現在、公式サイトが確認できなくなっております。(2020年6月30日時点)

送料 一律1,728円~
※北海道・沖縄県・離島は別料金
特徴 マルチ5ウェイ、メチャカルなどのコンビ製品を多数そろえているレンタルショップです。
一部商品は中古販売も行なっています。取り扱っているレンタル商品の料金は、各商品の状態によって異なるので、詳しくは公式HPをチェックしてください。

ベビレンタ

ベビレンタの公式サイトを見てみる ベビレンタに
電話をかける
送料 一律1,500円~(税不明)
※沖縄・北海道・離島を除く
特徴 ベビー用品のブランド・メーカー別でレンタル商品を選べるショップです。
商品によっては1週間からレンタル可能。気に入った商品は中古品として購入することもできます。

アップリカ

国産ベビーカーでは、コンビと並んで人気と知名度が高い「アップリカ」。1947年に育児器具製品メーカーとして設立して、1949年には自社開発第一号のベビーカーを発表している老舗メーカーです。

2008年にはニューウェル・ラバーメイド社に事業が譲渡されて「アップリカチルドレンプロダクツ」へ社名が変更されました。現在はアメリカの最大手ベビーカーメーカーのGRACO(グラコ)ブランドの製品展開も開発しているグローバルビジネスを展開しています。

アップリカのベビーカーは、両対面式のA型やB型、双子用などさまざまなニーズに応えられる商品が揃っています。振動ストレスを和らげる「すくすくッション設計」のラクーナや、電車やバスに気兼ねしたい驚きのコンパクトサイズの「ナノスマートプラス」、小回りの利く3輪タイプの「スムーヴ」など、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

アップリカの人気ベビーカー

アップリカ・ソラリア(バーミリオンレッド)

アップリカ・ソラリア・バーミリオンレッドの商品写真

料金 12,800円/6カ月
商品説明 4層のリバーシブルシートを採用することで、通気性・吸水性・保温性を高めたベビーカーです。
体温調節がうまくできない赤ちゃんに配慮したつくりで、夏・冬どちらの季節でも快適に過ごせるシートになっています。
リバーシブルシートは洗濯機で丸洗いOK!衛生面も気になりません。

スムーヴAC(3輪背面)

スムーヴACの商品写真

料金 20,600円(税込)/6カ月
商品説明 生後1カ月から乗せられる3輪ベビーカーです。3輪なので小回りがきくうえに、道路の段差や点字ブロックに乗り上げても滑らかに走行します。
また、タイヤは空気入れが不要のメンテナンスフリータイヤを採用。パンクしない素材を使っているので、お出かけの際も安心です。

ラクーナ コンフォート(レッド)

ラクーナコンフォートの商品写真

料金 17,320円/6カ月
商品説明 アップリカのラクーナシリーズとして登場したベビーカー。赤ちゃんが自由に手足を伸ばせるスペースを確保したコンフォートモデルです。
両対面式のA型ベビーカーで、生後1カ月から36カ月まで利用できます。

マジカルエアー プラスAC(ポモドーロレッド)

マジカルエアープラスACの商品写真

料金 9,570 円(税込)/6カ月
商品説明 生後7カ月~36カ月の赤ちゃんが対象となるB型ベビーカーです。
ハイシートで背もたれの熱をカットするWサーモメディカルシステムを搭載しています。
また、地上の熱やほこりが赤ちゃんに届かないよう、設計されているのもポイント。大型のサンシェードも付いているので、日よけ対策もバッチリです。

アップリカ NEW スティック フラット

アップリカNEWスティックフラットの商品写真

料金 24,750円(税込)/6カ月
商品説明 地上から50cmのハイシートで設計されたA型ベビーカーです。
リクライニングは110°、150°、165°の3段階。赤ちゃんを寝かせた際、気道を圧迫せず、腹式呼吸を妨げないように設計されています。
両肩にフィットするようにつくられた「気道閉塞マモールパッド」も付いているので、赤ちゃんが眠っていても安心して移動できるでしょう。

エアリアラクーナ

エアリアラクーナの商品写真

料金 15,312円(税込)/6カ月
商品説明 ホコリやアスファルトの熱から遠ざけられる、高さ55cmのハイポジションシートの両対面式A型ベビーカーです。シートの位置が高いので、赤ちゃんを乗せたり降ろしたりするのがとっても楽チン!
また、東洋紡が開発した新素材「ブレスエアー」をクッション材に採用。耐久性やクッション性、通気性に優れた新素材は、汗っかきの赤ちゃんが快適に過ごせるように工夫されています。軽くて片手でワンタッチ開閉できる利便性も高ポイントです。

アップリカ カルーンプラス 両対面A型

カルーンプラスの商品写真

料金 14,080円(税込)/6カ月
商品説明 カルーンプラスは、両対面式のA型ベビーカーです。リクライニングは120度から170度まで可能。女性でも楽々持ち運びができる4.6kgという軽さと、コンパクトなボディが特徴です。
たたんだ状態でも自立して、ワンプッシュで開閉できるので、車のトランクへの出し入れも簡単!
また、赤ちゃんを路面の熱からガードする「Wサーモメディカルシステム」を採用しています。さらに紫外線を99%遮断するフードを搭載して、赤ちゃんが快適に外出できるように工夫されているモデルです。

アップリカ ネルッコベッドツインズサーモ

ネルッコベッドツインズサーモの商品写真

料金 13,750円(税込)/6カ月
商品説明 ネルッコベッドツインズサーモは、生後1カ月から24カ月まで使用できるA型の双子用背面式ベビーカーです。赤ちゃんの体温調節を容易にする「サーモメディカルシステム」を採用しています。
さらに自然な姿勢で眠れる「フルリクライニング」が可能で、横になった時に気道を圧迫しないように工夫されているのも特徴です。
背もたれと座面が一体化したアップリカ独自の「ワンピースシート」は、ベッドにした時に違和感がないので気持ち良くお昼寝してくれるでしょう。

アップリカ ラウラクワトロ

ラウラクワトロの商品写真

料金 28,490円(税込)/6カ月
商品説明 ラウラクワトロは、両対面式のA型ベビーカーで、しっかりしたフレームと押しやすい4輪キャスターが特徴です。ワイドなタイヤは、凹凸のある道でも赤ちゃんに振動が伝わりにくくて安定感が抜群!
「Wサーモディカルシステム」を採用しているモデルなので、ベビーカー内にこもりがちな熱を外へ逃して、背中やお尻のムレを防いでくれます。付属のショルダーストラップを装着すれば、ベビーカーをたたんで持ち運びするときに便利です。

アップリカ ビスケットサルクル

ビスケットサルクルの商品写真

料金 27,940円(税込)/6カ月
商品説明 ビスケットサルクルは、生後1カ月から24カ月まで使える両対面式のA型ベビーカーです。リクライニングは130度から170度まで可能。こちらは生後間もない赤ちゃんの頭部をガードしてくれる「気管閉塞マモールパッド」と、背中の姿勢を安定させる「脊髄マモール発育シート」が搭載されているのが特徴です。
これらによって首のねじれを防いだり、座っていてもお尻に負担をかけない安定した姿勢が保てます。ムレを軽減する「Wサーモディカルシステム」や大きな荷物を収納できるカンガルーバッグなど、機能が充実したベビーカーモデルです。

アップリカのベビーカーをレンタルするなら
どこがおすすめ?

ナイスベビー

ナイスベビーの公式サイトを見てみる ナイスベビーに
電話をかける
送料 レンタル・購入合計で8,801円(税込※8,001円+税10%)以上なら無料
※ナイスベビー便対応エリア/東京・埼玉・千葉・神奈川の一部地域
そのほか送料600円~(税不明)
特徴 マジカルエアーやソラリアなど、アップリカのベビーカーを取り扱っているレンタルショップ。
ネット限定の割引サービスや子育て応援プラン「借りて+買って」など、ベビー用品をリーズナブルにレンタルしたいママにとって見逃せない特典が盛りだくさんです♪

愛育ベビー

愛育ベビーの公式サイトを見てみる 愛育ベビーに
電話をかける
送料 7,001円(税不明)の利用で自社便による配送が無料
※東京・神奈川・埼玉・千葉の一部地域のみ
そのほか送料700円~(税不明)
特徴 スムーヴACやラクーナなど、アップリカのベビーカーが充実しているレンタルショップ。
レンタル料金に3,000円前後(税不明)の手数料を支払えば、新品のベビーカーもレンタルできますよ。

ベビレンタ

ベビレンタの公式サイトを見てみる ベビレンタに
電話をかける
送料 一律1,500円~(税不明)
※沖縄・北海道・離島を除く
特徴 メーカーやブランド別にベビー用品を選び、レンタルできるのがベビレンタです。アップリカの製品も豊富に取りそろえています。
気に入ったベビーカーは中古品として買い取ることもできますよ♪

ピジョン

1957年に設立した「ピジョン」。以前は哺乳瓶のトップブランドとして名高い国産メーカーでしたが、2010年以降はベビーカーやチャイルドシートの生産&販売も行っています。日本国内だけでなく、海外にも進出をして、中国、マレーシア、インド、韓国、英国などにもピジョンや、そのグループ会社が精力的に展開をしています。

ピジョンのベビーカーの特徴は、地表のホコリや有害物質から遠ざける「ハイポジションシート」の商品が多いことです。従来のベビーカーより10cm近くも高く設計されているため、夏の放射熱などから赤ちゃんを守ることができます。また、可愛いらしカラーや柄のベビーカーが多いのもピジョンの人気の理由です。

ピジョン(pigeon)の人気ベビーカー

ピジョン ソラチカ

ピジョンソラチカの商品写真

料金 27,060円(税込)/6カ月
商品説明 地上から50cmのハイシートであることから「ソラチカ」という名称がついている両対面式・A型ベビーカーです。
通気性の良い快適シートやフルリクライニング機能など、赤ちゃんのことを最優先に考えてつくられています。

ピジョン ランフィ エフ(アイリッシュグレイ)

ピジョンランフィエフの商品写真

料金 23,579円(税込)/6カ月
商品説明 生後1カ月~36カ月まで使える両対面式のA型ベビーカーです。115度~165度までリクライニングできます。
石畳が多いヨーロッパで使われているベビーカーを参考に、大径16.5cmのシングルエアータイヤを採用。道路の段差も楽に上がれます。

パタン(PATTAN)フラワーベール

パタンフラワーベールの商品写真

料金 10,840円(税込)/6カ月
商品説明 片手で簡単にたためることからその名がついた「パタン」。ハンドルをつかみ、3ステップで折りたためるのが魅力です。
また、フロントガードをショルダーバッグのように肩にかけて移動することもできます。階段で持ち運ぶ際に便利です。

ピジョン マハロ(Mahalo)

ピジョンマハロの商品写真

料金 22,000円(税込)/6カ月
商品説明 生後1カ月から利用OKな両対面式A型ベビーカーです。
お出かけ慣れしていない赤ちゃんのために、無理のない姿勢をキープできる独自の「ハグットシート」を採用しています。体圧を分散させ、赤ちゃんの体を優しく支えてくれるのが特徴です。

ビングル モノクロストライプ

ビングルモノクロストライプの商品写真

料金 9,570円(税込)/6カ月
商品説明 お座りが安定する生後7カ月頃から使えるB型ベビーカーです。グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュなデザイン!3.7kgと軽量にこだわっているのに、しっかりとした強度と剛性感を備えています。
従来のベビーカーがダブルタイヤなのに対して、ビングルはシングルタイヤを採用。振動を軽減する「スイングサスペンション」も高ポイントです。
赤ちゃんの安全性や快適性を損なわずに、気軽にお出かけしやすいアクティブ性が加わっています。リクライニングは118度から135度まで可能です。

ピジョン コンテントプラス

ピジョンコンテントプラスの商品写真

料金 21,450円(税込)/6カ月
商品説明 コンテストプラスは、生後1ヵ月から36カ月まで使えるA型背面式のベビーカーです。生後3カ月ごろまで(体重6kgまで)は、対面インファントシートを取り付ければ対面タイプのベビーカーとしても使えます。
特徴は、ひんやりとした「ヘッドパッド」を採用していること。熱を持ちやすい赤ちゃんの頭部を心地よく冷やしてくれます。高さ50cmのハイポジションシート、UVカットの大型の幌など、赤ちゃんとの快適な外出ライフをサポートしてくれる機能が満載です!

ピジョン スマイル ベビーカー

ピジョンスマイルベビーカーの商品写真

料金 20,790円(税込)/6カ月
商品説明 西松屋チェーン限定のモデルとしてピジョンが製造したベビーカーです。生後1カ月から36カ月まで使えるA型の両対面式となっています。リクライニングは115度から165度まで可能。ハンドルの高さを2段に変えられるので、背の高いお父さんも猫背になることなく、姿勢を正してベビーカーを押せますよ。
段差を楽に乗り越える大型タイヤは、赤ちゃんにとって不快な振動を軽減。紫外線から赤ちゃんを防御する大型の幌や5点式シートベルトなど頼もしい機能がそろったモデルです。

ピジョン ルミネラ(luminella)

ピジョンルミネラ(luminella)の商品写真

料金 17,710円(税込)/6カ月
商品説明 ルミネラは生後1カ月の赤ちゃんから使える両対面式のA型ベビーカーです。リクライニングは115度から165度まで可能。ホコリやアスファルトからの照り返しの熱から赤ちゃんを遠ざけるハイポジションシートや、ハンドルの角度を変えて高さを調節できる「アジャストハンドル」が特徴です。
振動に強い高剛性フレームとサスペンション付きの大型タイヤを採用しているので、赤ちゃんへの振動のストレスが軽減。お母さんも力を入れることなく、スムーズに走行ができます。

ピジョン プレミージュ

ピジョンプレミージュの商品写真

料金 32,010円(税込)/6カ月
商品説明 プレミージュは、生後1ヵ月から使える両対面式A型ベビーカーです。ピジョン独自のサスペンションが座面下にあるので、お母さんの腕に抱っこされているような優しい乗り心地が特徴。
地上のホコリや熱から赤ちゃんをガードするハイポジションシートは高さ58cmです。これによって赤ちゃんとの目線がより近くなるだけでなく、乗せたり降ろしたりするのも楽になりました。サスペンション付きの大型エアタイヤのスムーズな走行も魅力的です。

ピジョン BASIS(ベイシス)Runfee RA7 デニム

ピジョンBASIS(ベイシス)RunfeeRA7の商品写真

料金 15,960円(税込)/6カ月
商品説明 両対面タイプのベビーカーで、ママから人気が高いRunfee(ランフィ)のベビーザらス限定モデルです。生後1カ月から使用OK♪
ブルーデニムでベーシックなスタイルを演出しているのも、見逃せないポイントです。
実際に使っているママからも「ベイシスランフィに乗せると静かに眠ってくれる」という声が寄せられています。

ピジョン ピボットエトワール

ピジョンピボットエトワールの商品写真

料金 21,890円(税込)/6カ月
商品説明 ピボットエトワールは、小回りの利くA型対面式のベビーカーです。重量はたったの4.3kgで、片手で持ち運びができるコンパクトサイズ。 UV99%カットの大型幌は、気になる日差しをシャットアウトしてくれます。
地上から54cmのハイシートは、赤ちゃんを地表の熱から遠ざけ、乗り降りを一層楽にしてくれるでしょう。シートは取り外しが可能で、洗濯機で丸洗いができます。ハンドルの高さ調節ができますから、身長の高いパパでも無理のない姿勢でお散歩が可能です。

ピジョン ランフィRA9

ピジョンランフィRA9の商品写真

料金 26,800円/6カ月
商品説明 押しやすさが人気のランフィー2019年モデル。175度まで倒せるリクライニング機能を持ち、重量5.4kgの両対面式A型ベビーカーです。前後に異なる大きさのシングルタイヤを装備しているのが大きな特徴。段差を楽々乗り越え、赤ちゃんの重心をしっかりと支えます。ほかにも、握りやすいグリップや、押す力がそのまま伝わるフレーム構造など使いやすさにこだわったモデル。
赤ちゃんのためには、衝撃を逃がすスイングサスペンションや、クッション性と透湿性の非常に高いトリプルスルーシートを搭載。54.5cmのハイポジションシートは、地表熱やホコリから赤ちゃんを守ってくれます。

パルスキップ (グレイシーグレー)

ピジョンパルスキップの商品写真

料金 32,500円/6カ月
商品説明 行きたい方向にスイッと曲がれる3輪エアータイヤの軽量ベビーカー。思わずスキップしてしまうような軽快さが人気です。振動吸収性に優れた直径20cmのエアータイヤを装備し、段差や凸凹道もストレスなく走行できます。前輪部分は360℃回転するので狭い曲がり角でも、力を入れることなく曲がれます。
ワンタッチ操作で折り畳めて自立も可能なので、赤ちゃんを抱っこしたままの操作も楽々。赤ちゃんを強い日差しや雨から守る撥水機能付きの大型幌を装備(UVカット98%、UPF50+)。帝人フロンティアが開発したクッション材「エルク」を採用した「ハグットシートS」が、赤ちゃんの頭部や腰を優しく守ってくれます。

ピジョン フィーノ

ピジョンフィーノの商品写真

料金 18,800円(税込)/6カ月
商品説明 ママに抱っこされているような安心感を赤ちゃんに与えてくれる、両対面式のA型ベビーカー。タイヤ部分にあるスイング式サスペンションで吸収しきれなかった衝撃を、座面下4カ所に搭載された「ママ抱っこサスペンション」がしっかりと吸収してくれます。
また「ハグットシートSD」「リバーシブルシート」「ベースシート」の3層シートが、赤ちゃんを包み込むような安心感と安定したポジションを確保。通気性も高いので、汗っかきの赤ちゃんでも快適に過ごせます。ワンタッチ開閉や安定自立、ハンドル角度調整など、ママに嬉しい機能も付いた利便性抜群のモデルです。

ピジョン ビングルBA9(クロスピンク)

ピジョンビングルBA9の商品写真

料金 15,000円(税込)/6カ月
商品説明 B型ベビーカー「ビングル」シリーズの新バージョン。2019年春にリリースされた重量3.7kgの軽量タイプです。従来タイプのタイヤ部分に、回転操作や耐久性を向上させるための「ボールベアリング」が追加されました。
このボールベアリングによって、押しやすさ&操作性がさらにアップ!赤ちゃんとの外出が一層楽しくなるような軽快ベビーカーです。

ピジョン(pigeon)のベビーカーに寄せられた口コミ

もっと早く購入すればよかった

ピジョンの「ビングル」を購入しました。とにかく押しやすくてビックリ!片手で操作できるほど小回りが利いていて、音も静かです。A型ベビーカーがあるので、B型を買うべきか悩んでいたのですが、もっと早く買っておけばよかった…と後悔しているほどです。

押しやすい三輪ベビーカー

三輪ベビーカーの「パルステップ」は、押しやすくて安定感があります。我が家の周りは砂利道がけっこうあるのですが、大型のタイヤが段差を楽に乗り超え、スムーズな走行を保ってくれます。座面が高いので、赤ちゃんをホコリや地熱から守ってくれるのもポイントですね。ただ、三輪ベビーカーとしては軽いといわれていますが、そこそこの重さはありました。

走行性抜群のシングルタイヤ

シングルタイヤの「ランフィ」はスマートで走行性も抜群です。クッションが分厚くて気持ちがいいのか、ランフィに乗せるとすぐに寝てしまいます。段差も問題なく超えられるし、力のない私でも操作しやすい。コロンとしたシルエットも可愛くてオシャレで、購入してよかったです。お散歩がいっそう楽しくなりそうです!

オート4輪で操作が楽

いろいろなA型ベビーカーを比較して「ランフィRA8」に決めました。小柄な女性でも操作性の高いオート4輪。実際にスーパーマーケットでは、スイスイ移動ができてコーナーも曲がりやすく楽に操作ができました。ハイシート、大きな幌など天候やホコリから赤ちゃんを守ってくれる装備も万全で、安全ベルトの装着も楽にできてとても気に入っています。

ピジョン(pigeon)のベビーカーをレンタルするなら
どこがおすすめ?

ナイスベビー

ナイスベビーの公式サイトを見てみる ナイスベビーに
電話をかける
送料 レンタル・購入合計で8,001円以上なら無料
※ナイスベビー便対応エリア/東京・埼玉・千葉・神奈川の一部地域
そのほか送料600円~
特徴 ピジョンのベビーカーは「ソラチカ」「ビングル」などを用意しています。
最短で2週間からレンタルOKなので、「実家に帰省する時に使いたい」「旅行に合わせて高性能なベビーカーをレンタルしたい」というママにもおすすめです♪

ベビレンタ

ベビレンタの公式サイトを見てみる ベビレンタに
電話をかける
送料 一律1,500円~
※沖縄・北海道・離島を除く
特徴 ピジョンのベビーカーを幅広く取り扱っているレンタルショップです。主にランフィシリーズやマハロ、ルミネラなどのベビーカーが用意されています。
レンタルしてみて気に入った際には中古品として買い取ることもできるのが魅力です。

ダーリング

ダーリングの公式サイトを見てみる ダーリングに
電話をかける
送料 2,000円~(税不明)
※商品によって異なる
特徴 ベビーカーだけではなく、生活家電やアウトドア用品などもレンタルできるショップです。
ピジョンのベビーカーは、ランフィシリーズやパタン(PATTAN)を中心に取り扱っています。最短2日からレンタルできるショップなので、試しにピジョンのベビーカーを使ってみたいママ必見です。

グレコ(GRACO)

1942年に金属製品メーカーとしてアメリカで誕生した「グレコ(GRACO)」は、自動車部品の製造開発でつちかった専門性と技術力を活かして育児用品業界へ進出し、やがてアメリカで最大規模のベビーブランドとして発展しました。また、日本国内では2012年から正規販売が開始され、ラインアップされているアイテム数とコストパフォーマンスが話題となって、販売開始の直後から多くの愛用者を獲得してきたことも特徴です。

グレコのベビーカーは、育児をがんばるママやパパの負担を少しでも軽減できるようにと、軽量性や「ハイシート」、大容量の収納スペースなど、使いやすさにこだわった仕様が魅力となっており、ネット上の口コミでも好意的な評価が少なくありません。

グレコ(GRACO)の人気ベビーカー

シティエース

シティエースの商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=81664030)

料金 16,180円(税込)/6カ月
商品説明 「シティエース」は、グレコのベビーカーの中でも、特にコストパフォーマンスの高さで人気を集めている両対面式のベビーカーです。大型のワイドホイールが移動時の振動を軽減し、さらにベビーカーの下部にはスーパーなどの買い物カゴを丸ごと収納できるスペースが設けられています。また、片手で折りたためる5.2kgという軽量感も特徴です。

シティエースの口コミでの評判

荷物や買い物かごを積んで利用できることが、シティエースを選んだポイントでした。本体が少し大きめなので、バスなどに乗り降りする時に大変さもありますが、日除けカバーが大きい点はとてもありがたいです。コスト面でも満足度が高くて、総合的に評価の高いベビーカーだと思います。

シートの下にある収納スペースは、たくさんの荷物を積めるので便利です。ただし、強度がやや弱めで、重量感のあるものを載せたら少しだけ形が変わってしまいました。でも、操作性はスムーズだし、日除けのシートもワイドなので、子どもが成長してからも長く使えそうだと感じています。全体的にサイズが大きめなので、小さい個室や駅の改札を通る際などには注意が必要です。

シティライト R

シティライト Rの商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=81738418)

料金 10,780円(税込)/6カ月
商品説明 軽量性と機能性を追求したグレコのシティライトRは、総重量4.7kgという設計に加えて、片手で折りたためる操作のしやすさが魅力です。また、折りたたんでいる時も自立する安心設計で、自宅でも外出先でも置き場所に困る心配を軽減してくれます。その上、ハンドルの高さは5段階に調節できるため、ママやパパの身長に合わせて使用することができます。

シティライト Rの口コミでの評判

赤ちゃんを抱いたままでもベビーカーの開閉ができるし、重さも軽くなっているので使いやすいです。ベビーカーを開いたまま車に乗せられる点も便利ですね。ただ、カラーバリエーションがもう少し豊富であればもっと良かったと思います。収納スペースも買い物カゴを入れられるくらい広ければ文句なしでした。

私は女性にしては高身長なことに加えて、腰痛の悩みも抱えており、かがまなくても扱えるハンドルの高さが重要でした。その点、シティライトRは使用時に背中や腰を曲げなくて良いし、赤ちゃんを乗せたり下ろしたりする際にも楽に行えました。もう少し小回りが利いてくれれば、さらに満足度が高かったと思います。

シティライト Rアップ

シティライト Rアップの商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=93143560)

料金 12,080円(税込)/6カ月
商品説明 総重量4.7kgという軽量設計に加えて、ベビーシートの下に大容量バスケットが備えられているベビーカーです。シート高は地上から52cmとハイシート設計になっており、アスファルトからの反射熱やホコリが赤ちゃんへ与える影響、また赤ちゃんを移動させる際のママやパパへの負担が軽減されています。

シティライト Rアップの口コミでの評判

デザインが可愛くて、費用的にもリーズナブルでした。リクライニングも簡単に行えて、赤ちゃんが新生児の頃から使いやすいのも助かりました。荷物のたくさん積めるので、子どもとお出かけする時の便利さも魅力です。対面式にした時の小回りはやや利きにくいですが、それ以外は総合的に満足しています。

片手で折りたたみできて、片手で車にも乗せられます。ママ1人で赤ちゃんを連れて買い物に行ったり、車に乗せたりする時も便利なベビーカーです。総重量が軽く設計されていて、前向きでも後ろ向きでも使えることも、シティライトRアップを選んだ理由でした。

ライトマジックアップ

ライトマジックアップの商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=88757305)

料金 11,680円(税込)/6カ月
商品説明 グレコの「ライトマジックアップ」は、西松屋限定モデルとして展開されているベビーカーです。総重量4.5kgという軽量さに加えて、地上高51cmというハイシート設計も特徴です。日除けはUVカット率99%のフルカバータイプとなっており、開閉式のウィンドウが付いているので赤ちゃんの様子を確認しやすいこともポイントです。

ライトマジックアップの口コミでの評判

対面式にするとタイヤが動かしにくくなりますが、許容範囲です。軽さが特徴的で、バスなどに乗る際も簡単に畳んで持ち込めます。軽量タイプのベビーカーは日除けのカバーが小さいものも多いですが、ライトマジックアップはカバーが大きいので満足しています。自立してくれるので収納場所に困らないことも良かったです。

私はあまり力がないので、少しでも軽いベビーカーを選びたいと思っていました。でも、あまりに軽すぎるベビーカーは作りが安っぽかったり、かといって耐久性を重視すると扱いづらかったりと悩んでいました。その点、ライトマジックアップは使いやすくて、片手で持ち運べる重さで助かっています。レビューの評判が良かったことも選んだ理由の1つです。

シティトレック

シティトレックの商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=127382079)

料金 16,480円(税込)/6カ月
商品説明 大型エアタイヤとサスペンションを採用した、乗り心地の良い3輪タイプのベビーカーです。また、前輪はダブルタイヤとなっており、安定感を向上させていることも特徴です。シート下部の収納スペースは買い物カゴも入れられるサイズとなっており、荷物をたくさん積めることも見逃せません。

シティトレックの口コミでの評判

車移動がメインなので、少しくらい大きめでも収納力があって便利なベビーカーを探していました。公園やテーマパークへ赤ちゃんを連れて行く時も、たくさんの荷物を余裕で積めますし、タイヤの作りがしっかりしているので、操作性が良くて子どももぐっすり眠ってくれます。

前輪が1つの3輪タイプなので、従来のベビーカーに比べると小回りが利きやすくて動かしやすいです。正面から赤ちゃんを乗せる時も、片足でベビーカーを支えられるので便利です。赤ちゃんが歩けるようになってからもベビーカーを嫌がらず乗ってくれて、移動中はキョロキョロと周囲を眺めてくれているので、急いでいる時も助かります。

シティスポーツEDT DLX

シティスポーツEDT DLX の商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=81774263)

料金 15,681円(税込)/6カ月
商品説明 コンパクトなサイズでありながら、強度の高いフレーム構造とワイドな車輪配置によって、体重18kgの子どもまで乗れる安定性と耐久性を獲得しています。ハンドルの高さを4段階に調節できる上、背もたれを160度までリクライニングできるので、赤ちゃんの体格や状況に合わせて使い方を考えられることもポイントです

シティスポーツEDT DLX の口コミでの評判

商品説明を読んだ時は少し重たいのかと思いましたが、実際に使ってみると思っていたよりも軽くて助かりました。赤ちゃんを乗せることを考えれば、安心できる重量感だと思います。デザインも実物を見ると可愛い感じで、クッション性のあるマットも魅力的ですね。自立させている時の安定感が気になるので、ハンドルにオモチャなどを引っかけてバランスを取っています。

初めての子どもを育てる中で、移動しやすいベビーカーを探していました。シティスポーツEDT DLX に決めたポイントは、価格の安さと、軽量感がありながら4歳くらいまで使えるということでした。対面にできないなどのデメリットもありますが、最初から納得して選んだので不満はありません。

デュオスポーツ

デュオスポーツの商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=144037898)

料金 10,280円(税込)/6カ月
商品説明 しっかりとしたフレーム構造と大型車輪で、安定性と機能性が高められている2人乗りベビーカーです。一般的な買い物カゴと同程度のサイズを持つ35Lの収納スペースや、片手・片足で折りたためる操作性も人気を集めています。耐荷重は赤ちゃん1人につき15kgまでとされています。

デュオスポーツの口コミでの評判

タイヤの強度が高いので、移動時の操作がしやすいです。折りたためば軽自動車のトランクに収まるほどコンパクトに収納できて、自立してくれることも便利ですね。ベルトが左右それぞれに付けられることも嬉しいです。ただ、色がグレーと黒のコンビで地味なので、もう少しカラーバリエーションがあれば良いと思いました。

男の子の双子にぴったりのベビーカーを探していて、デュオスポーツと出会いました。デザインとカラーはシックな雰囲気で格好良いし、それぞれにリクライニング機能が備わっているので便利です。赤ちゃん2人を乗せてもスムーズに動いてくれて、操作性にも不満はありません。使い始めて日が浅いので耐久性は分かりませんが、2人乗りベビーカーとして完成度が高いと思います。

シティライト Rジーノ

シティライト Rジーノの商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=81669440)

料金 11,680円(税込)/6カ月
商品説明 階段や狭い場所での取り扱いもしやすい、総重量4.7kgという軽量設計の対面式ベビーカーです。収納式の足カバーや大きな日除けカバーなど、オールシーズンで使いやすい上、折りたたみも片手で行えます。また、スポーツカーをイメージしたベリーレッドや、ヨーロッパの伝統をイメージしたノーブルネイビーなど、デザインコンセプトが特徴的なことも魅力です。

シティライト Rジーノの口コミでの評判

デザイン性や機能性、価格面と、メリットの多いベビーカーでした。対面式にすると操作しにくく感じられることもありますが、前向きに使う限りはスムーズなので、低月齢の赤ちゃんを乗せるベビーカーとしては十分です。お散歩中の赤ちゃんも楽しそうに過ごしてくれています。

何よりも軽さが特徴的で、小回りも利いて動かしやすいベビーカーです。折りたたんで持ち運ぶ時にも楽なのはありがたいですね。個人的には、デザインが派手なのでもう少しシンプルなものでも良かったと思いますが、コストパフォーマンスを考えてこれに決めました。

グレコ(GRACO)のベビーカーに寄せられた口コミ

軽くて運びやすいベビーカー

とにかく軽さと運びやすさが特徴的なベビーカーです。対面式として使用している時も、思ったほど不便を感じず、操作しやすい方だと思いました。ただ、全体的にタイトな設計になっており、赤ちゃんを乗せるスペースの幅が狭い点は気になります。現在は生後3ヶ月の赤ちゃんを乗せていますが、それでも肩幅にあまり余裕がなく、もっと大きくなっていった時にどうなるのかと少し不安です。

階段の上り下りも楽にできる

軽量感が特徴のベビーカーで、手に持って階段を上り下りする時も楽でした。シートの下には収納スペースがありますが、子どもが成長していくと座面が沈んでしまうので、荷物の出し入れが少しやりにくく感じることもあります。自立式なので玄関に折りたたんだ状態で置いていますが、ちょっとしたことで倒れてしまうこともあります。

軽いのに車輪サイズが大きくて安定している

4kg前後の軽量タイプのベビーカーは、車輪が小さくて安定感に不安を覚えるものもありますが、グレコのベビーカーは車輪サイズが大きくて段差もスムーズに乗り越えられました。また、ハンドルの高さを調節できるので、移動時だけでなく、さっと折りたたむ時に扱いやすくなっています。カラーバリエーションに派手なものが多く、人によって好みが分かれるかも知れませんが、操作性や機能性などトータルバランスを考えるとおすすめできるベビーカーです。

総合的に満足度の高い満足度の高いベビーカー

グレコのベビーカーは、デザイン性、軽量性、コストメリットと、気になるポイントがまとめてそろっているアイテムだと思いました。色々なベビーカーを検討しましたが、個人的には軽くてデザインも良く、星5つで大満足のベビーカーとなっています。

グレコ(GRACO)のベビーカーのまとめ

グレコのベビーカーに関する口コミを見ると、何よりもまず軽量さ操作性についての好評価がたくさん確認できました。また、大きめの収納スペースや日除けカバーなど、日常的に使う上で気になる点もカバーされています。その他、こだわりのデザインでファッション性を高めていることも特徴です。

ただし、中には派手なデザインよりもシンプルなカラーを希望しているママもいて、実際のベビーカー選びは色々と比較検討しながら、最適なものを探していくことが大切です。

当サイトではレンタル可能なベビーカーについて詳しく紹介していますので、ぜひ理想のベビーカー選びの参考にしてください。

ジョイー(Joie)

イギリス発のベビーブランド「ジョイー(Joie)」は、世界70カ国以上にシェアを広げており、デザイン性と機能性にこだわったベビーカーをリーズナブルな価格帯で提供しています。また、対面式4輪ベビーカーや2人乗りベビーカー、小回りの利く3輪ベビーカーなど多くの製品を展開しており、ママやパパのニーズに合わせて選べる自由度の高さもポイントです。

ジョイーではグローバルスタンダードのベビーカーブランドとして、安全性にも配慮した設計が重視されており、段差の多い道や路面状況の悪い道でもスムーズに移動しやすいことが特徴です。加えて「トラベルシステム」にも対応しているため、自動車での移動がメインとなる人にとって利便性が高いことも魅力でしょう。

ジョイー(Joie)の人気ベビーカー

ミルス カトージ

ミルス カトージの商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=101896640)

料金 15,080円(税不明)(税込)/6カ月
商品説明 ジョイーの「ミルス カトージ」は、片手での操作性や走行性を追求した対面式のベビーカーです。背面・対面の切り替えはハンドル操作ですぐに行える上、折りたたむ際も片手で完了できるため、お出かけ中に赤ちゃんを抱えながら操作したいママに便利なベビーカーといえるでしょう。大型サイズのキャノピーや3段階調節可能なリクライニング機能など、赤ちゃんの乗り心地や快適性にこだわった設計になっている点も特徴です。カラーバリエーションは4色展開で、海外ブランドらしいポップなデザインも見逃せません。

ミルス カトージの口コミでの評判

ベビーカーの重量は決して軽くありませんが、操作に慣れてしまえば折りたたみは簡単に行えて、両対面への切り替えもスムーズに行えるので助かっています。赤ちゃんに使う前に2歳(10kg)の子どもに乗ってもらって試しましたが、走行時の安定性も十分でした。実際に使ってみると作りもしっかりしていて、耐久性も期待できそうです。収納スペースも大きめですが、リクライニングを倒した時は荷物の出し入れが少しやりにくくなりました。シートを取り外して洗えればなお良かったと思います。

国産メーカーのA型ベビーカーを色々と試していたものの、横方向へのぐらつきが気になるものが多く、リーズナブルでありながら安定性に優れた、対面A型ベビーカーがないものかと考えていました。ジョイーのミルス カトージは、横への動きも安定していて、期待していたパフォーマンスを備えたベビーカーです。国産メーカーと比較すると安価なのに、安っぽさを感じさせないことも良いですね。

エアツイン リコリス

エアツイン リコリス の商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=136361180)

料金 10,080円(税込)/6カ月
商品説明 生後1ヶ月から3歳(15kg)くらいまで使える、横型2人乗りベビーカーです。それぞれのシートが独立した設計になっており、25~165度の無段階リクライニングと、さらに2段階のフッとリクライニングが備えられています。また、日除け用のキャノピーも独立して稼働するため、双子だけでなく体格や活発さの異なる兄弟にも使いやすいことが特徴です。その他、ダブルホイールの4輪全てにサスペンションが装着されている上、後輪にフットブレーキが付けられており、2人の赤ちゃんが乗っている時でもストレスフリーな走行性・安定性を期待できます。

エアツイン リコリス の口コミでの評判

2台目ベビーカーとして選びました。我が家の双子用は1人13kgもありますが、エアツイン リコリスではスムーズに移動できて、方向転換も360度くるりと可能です。日除けカバーをしっかり被せた時でも赤ちゃんと顔を合わせられるので、ママを見て赤ちゃんも喜んでくれています。荷物の収納力も十分ですし、最初からこのベビーカーに出会っていればと思いました。

エアツイン リコリスを使用する前は、縦型の2人乗りベビーカーを使っていましたが、リクライニング機能に優れた横型ベビーカーは、赤ちゃんも寝やすいようで見ていて安心感があります。起きている時は2人並んで遊んでいて、終始ご機嫌で過ごしてくれるベビーカーです。

スマバギ

スマバギの商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=95630037)

料金 16,180円(税込)/6カ月
商品説明 重量4.85kgで、生後1ヶ月から15kgまでの赤ちゃんに利用できる対面式ベビーカーです。軽量性とハイシートな設計が特徴となっており、対面・背面の切り替えもワンタッチ操作で行うことができます。加えて、折りたたんだ時は自立してくれるので、収納場所に困りにくいことも魅力です。頭部には赤ちゃんの頭をすっぽりと包み込む「もちもちベーグル枕」がセットされており、5点式ベルトで赤ちゃんの体をきちんとキープします。その他、ハンドルに柔らかいクッション素材を使われており、片手で操作する際にも手への負荷を緩和して疲れにくくなっています。

スマバギの口コミでの評判

対面A型ベビーカーにしてはコスト面でメリットがあって、操作性の良さやハイシート、大きな荷物入れなど魅力の多いベビーカーだと思いました。日除けの幌が大きいことも満足ポイントです。悪い点を挙げれば、対面にした際に小回りがやや利きにくくなってしまうことでしょうが、慣れてしまえば曲がる時にハンドルを切り替えられますし、日常的な使用では問題ない範囲だと思います。

日除けのカバーの2カ所がネット上になっており、ベビーカーを押しながらでも赤ちゃんの様子を確認できるので助かっています。私は高身長なので、対面時にハンドルがやや下がってしまうと押しにくさがありますが、ベビーカーそのものの移動はスムーズですし、リクライニング機能と収納力も気に入っていて、大切に使いたいと思いました。

エアトラベルシステム ジュヴァ ぺブル

エアトラベルシステム ジュヴァ ぺブルの商品写真

引用元:Babyrenta(https://babyrenta.com/?pid=98165706)

料金 14,280円(税込)/6カ月
商品説明 土台となるベビーカーと、ベビーキャリーやチャイルドシートとしても使えるインファントカーシートが一体となった、4WAYタイプのトラベルシステムです。徒歩での移動時はベビーカーとして活用し、車に乗せる時や室内へ移動する時はベビーキャリーとして赤ちゃんをそのまま動かせるので、寝ている赤ちゃんを起こしてしまうリスクを抑えられています。リクライニング機能は無段階調節が可能な上、前方にガードが付いているので急に赤ちゃんが立ち上がった時も安心です。

エアトラベルシステム ジュヴァ ぺブルの口コミでの評判

ベビーカーへのシートの取付や取り外しが簡単で、ベビーカーを折りたたむ時も慣れれば片手で行えるようになります。ただし、インファントだけで2.9kgあり、赤ちゃんが大きくなってくると女性では持ち運びが辛くなるかも知れません。しかし、車での移動をメインで考えるならサイズ的にも重量的にも不満がなく、たまに電車で使う時も問題ありません。そのため、リーズナブルに活用できるトラベルシステムとして考えれば、コストパフォーマンスに優れたモデルだと思います。

派手さはないものの、シックなデザインの落ち着きが気に入っています。ベビーカー、ベビーシート、カーシート用ベースの取付がそれぞれワンタッチでできるので、お出かけの時も素早く行動できることが魅力です。もちろん、子どもが眠ってしまった時も、そのまま移動できるので助かりました。ただし、ベビーシートの形状はバスケット型のため、子どもが成長してくると、女性の力では持ち運びが大変かも知れません。その他、クッションの堅さも気になりますが、総合的な満足度は高い製品です。

エヴァライトデュオ

エヴァライトデュオの商品写真

引用元:KATOJI公式HP(https://www.katoji-onlineshop.com/c/category/babycar/41940 )

料金 17,050 円(税込)/6カ月
商品説明 前席が生後6ヶ月~36ヶ月、後席は1ヶ月~36ヶ月まで対応している、縦型の2人乗りベビーカーです。総重量10.1kgと、2人乗りベビーカーとしては軽量な設計になっており、片手での操作も考慮したモデルとなっています。一般的なタンデムベビーカーと異なり、大きめの車輪を用いることで前輪をシングルタイヤとし、小回りが利きやすいように配慮されている点が特徴です。また、折りたためば奥行き39cmまでサイズを縮小できて、自立することも魅力です。その他、前後共に57cm・50cmのハイシート設計となっており、さらにベビーシートgemmと組み合わせることで、トラベルシステムとしても活用できます。

エヴァライトデュオの口コミでの評判

1人目がまだ小さい上、2人目の赤ちゃんも産まれたので、2人乗りベビーカーを購入しました。エヴァライトデュオは女性の私でも1人で組み立てられ、1人乗りベビーカーと比べても移動中の操作性にあまり違和感がありません。押している時に力が要らない感じも魅力です。折りたたみは慣れるまで少し手間取るかも知れませんが、使っていくうちに解決すると思います。

1人用のベビーカーをお下がりでいただいたので、抱っこひもとの兼用で双子の移動に使っていましたが、子どもが生後3ヶ月を超えた頃から辛くなってきたので、エヴァライトデュオへと変えました。折りたためばタクシーにも載せられそうですし、電車へ持ち込む際も苦労しなさそうです。タイヤが大きくて安定感があるので、安心して使えそうですね。

ライトトラックス

ライトトラックスの商品写真

引用元:Babydoor(http://babydoor.net/products/detail/263)

料金 9,000円(税込)/6カ月
商品説明 ライトラックスは、前輪にダブルホイールを備えた、ジョイーの3輪ベビーカーです。操作に慣れれば、ハンドル部分のボタンを押して引っ張るだけで2秒で折りたたみが可能になり、小回りも利くので狭い場所や駅などでもスムーズに移動することができます。また、全ての車輪にサスペンションが備えられている上、全輪パンクレスタイヤになっており、でこぼこ道でも安心して押して移動できることが特徴です。その他、別売りのシートと組み合わせることでトラベルシステムとしても利用できます。

ライトトラックスの口コミでの評判

ライトラックスは走行性に優れており、そんなに力を入れなくてもすいすいと進めます。折りたたみも簡単に行えて、背もたれのリクライニングを調整しなくても開閉できる点は便利ですね。座面は広々としていて段差にも強く、レインカバーもありがたいです。重たいことが欠点ですが、徒歩での使用がメインであれば気になりません。

生後1ヶ月から使えて、タイヤに空気を入れたり段差で苦労したりすることもなく、とても満足度の高いベビーカーです。20kgの5歳児を乗せて動かしてみても、楽々と動かせて安定していました。ただし、頑丈に作られている分、重くなっているので持ち上げる時は大変です。

ジョイー(Joie)のベビーカーに寄せられた口コミ

重いけれどその分とても安定している

2人目が誕生し、上の子の時から使っていたベビーカーから異音が聞こえるようになったので、ジョイーのライトラックスへ変更しました。ベビーカーとしては重たいですが、もともと子ども2人を連れて階段を使うこともないので不便はありません。むしろ、段差が苦労せず乗り越えられるようになり、使いやすくて満足しています。唯一の欠点として、子どもが成長すると乗り降りの際にカバーを外す手間が増えますが、金額を考えると仕方ないと思います。

道の悪さも気にせず進める

軽量なベビーカーは持ち運びがしやすい反面、路面が悪いと不安定になって苦労していました。その点、ジョイーのベビーカーはどっしりとして安定感があり、道が悪くてもすいすい進めます。また、デザインも可愛くて組立も簡単で、満足度の高いアイテムです。ただし、本当に重たいので、女性1人で子どもを抱えたまま階段の上り下りをすることは難しいと思います。

コストパフォーマンスの高いベビーカー!

ベビーカーを使うのが初めてなので、他のメーカーのベビーカーと比較して感想を述べることはできません。でも、重量感は安定感につながっていますし、折りたたむ操作も簡単で、とても良いベビーカーだと思っています。収納スペースが大きい反面、出し入れについてはやや不便なところもありますが、費用面で満足していますし、結果的にジョイーを選んで良かったです。

ジョイー(Joie)のベビーカーのまとめ

世界中で販売されているブランドだからこそ、機能面でのメリットが多く、国産メーカーと比較してコストパフォーマンスの高さに満足しているママが多いことは魅力です。また、ベビーカーとベビーシートを分離して使用できる、トラベルシステムに対応していることも特徴です。

反面、重たくて女性の力では持ち運びが難しい製品もあり、事前に使用状況や利用環境を考えることが欠かせません。

ジョイーのベビーカーに限らず、各メーカーのベビーカーにはそれぞれメリット・デメリットがあり、まずはしっかりと比較検討することが大切です。

当サイトではレンタル可能なベビーカーについて詳しく紹介していますので、製品選びの参考にしてください。

新生児向けA型ベビーカーは「レンタル」がおすすめ

新生児期を過ぎて、まだ首がすわらない乳児を寝かせた姿勢で使用できるA型ベビーカー。ママになる象徴として、安定期に入ってから一番最初に購入する方が多いものでもあります。種類もフルフラットで平面になるタイプ、赤ちゃんと向かい合える対面式タイプといった多機能なものが多いのが特徴です。

新生児から使用できるため、フレームやタイヤが頑丈な造りになっています。その反面、ベビーカーそのものが重く取り回しが面倒という欠点があります。幼児になってくると、載せることは可能ですが、ママが運ぶのが大変!ということも多くあります。A型ベビーカーに関しては一定期間のみの仕様になり、また廃棄するにも粗大ゴミになる。ヤフオクやメルカリなどで販売しようにも、前述の通りママになる象徴となるため、どうせなら中古を「買う」よりも新しいものを買いたいと自分が想定した金額よりも安くしか売れません。ですので、お得に利用するなら、プレママのときに購入するA型ベビーカーはレンタルを強くおすすめします。

対象年齢、目安となる使用期間

A型ベビーカーは、生後1ヵ月ごろから4歳ごろまで使用できます。新生児の赤ちゃんがリクライニングで快適に寝られるように、クッション性のあるシートを使用。地面からの高さもこだわっていて、安定性が非常に高い設計になっています。

A型ベビーカーを使うべき人とは?

日頃車を使用せずに買い物に行く人には、A型ベビーカーがおすすめです。重い荷物を持ちながら、数キロある赤ちゃんを抱っこするのは一苦労、A型ベビーカーだとバスケットに荷物を置けるものもあるので、便利です。

A型ベビーカーのメリット

A型ベビーカーの大きなメリットは、対面式や背面式の両方を使えるタイプが多いことです。首がすわるまでは対面式、首がすわって外の様子に興味を示したら背面式に切り替えて使用できます。安定感があり操作がしやすくなっているので、女性でも扱いやすくなっているのも魅力です。

A型ベビーカーのデメリット

多機能なA型ベビーカーですが、重量が重く小回りが利かない点がデメリットと言えるでしょう。大きさがあるため電車やバスといった公共交通機関の乗降者が難しく、坂道だと腕力が必要に。仕舞うときも幅を取ってしまいます。

ニュースでも取り上げられたように、満員電車やバスのベビーカーには配慮をして欲しいといった人の意見も多くあります。また心ない人は直接クレームを出してくることも。ママも赤ちゃんも怖い思いをして、せっかくのお出かけを心ない人の罵声で台無しにするよりは、気持ちよくお出かけできるように、A型ベビーカーは特に気を使う必要があります。

A型ベビーカーの選び方

A型ベビーカーは新生児から利用できるため、安全性や安定性を重視するのが選ぶポイントといえるでしょう。そのほかに重視されているのは、軽さや操作性です。デザインを重視してしまうと重かったり、操作がしづらかったりするケースがあるので注意してください。

安全性

A型ベビーカーは赤ちゃんが乗ることを考えて造られているので、頑丈に作られていて安心です。シートはクッション性が高くなっているものや、日除けがついているのも多くあります。

機能、重量

B型ベビーカーと比べると重くなっていますが、機能面は充実しています。座ることができない赤ちゃんを乗せるためリクライニングの幅広いのはもちろん、両対目にできたり防寒用のフットカバー付いていたりするのが特徴です。

カラー、デザイン

機能性を重視しているA型ベビーカーですが、カラーやデザインにこだわりたい人も多く存在。海外ブランドのチャイルドシートは、デザイン性が高くなっています。

A型ベビーカーを使用した人の口コミ

生後1ヵ月の赤ちゃんを乗せています。お宮参りで初めて使用しましたが、使い勝手が良かったです。対面・前向きも簡単に切り替えることができて、満足しています。リクライニングは、ほぼ180度まで倒せることができました。

身長があったので選びました。荷物の乗りがイマイチですが、軽いのは気に入っています。片手で運転できるのは便利です。後は、ハンドル部分を逆さにしたときに、しっかり動いてくれたら助かるんですが…。だけど、総合的には満足です。

長期間使うB型ベビーカーは「購入」がおすすめ

赤ちゃんを座らせて乗せるタイプのB型ベビーカー。シンプルな機能性で、生後1カ月から使用できるA型ベビーカーのようなリクライニング機能や背面の対面切り替えシステムは付いていません。そのぶんとても軽く、動きやすさが◎です。折りたたむことができるため、持ち運びも簡単。利便性の高さがB型ベビーカーのポイントです。

対象年齢、目安となる使用期間

B型ベビーカーにはリクライニング機能がありません。赤ちゃんを座らせて乗せるため、首と腰がしっかりとすわった生後7カ月頃から使用できます。使用期間の目安は3~4歳(体重15kg)まで。ベビーカーによって耐荷重が決まっているので、必ず守るようにしましょう。

B型ベビーカーを使うべき人とは?

B型ベビーカーは折りたたんで、車に乗せることができます。車で移動する機会が多い人は、B型ベビーカーをお出かけの補助アイテムとして使用すると良いでしょう。

公共交通機関を利用することが多い人にもぴったりです。軽いので、バスや電車の乗り降りがスムーズ。駅にエレベーターがなく、階段で登らないといけないときも軽いB型ベビーカーなら片手で持って移動できますよ。

B型ベビーカーのメリット

コンパクトなので小回りがきき、操作性が優れています。ちょっとした人混みを通るとき、B型ベビーカーだと楽に移動できるでしょう。もし赤ちゃんがベビーカーを嫌がって降りてしまっても、軽いB型ベビーカーなら持ち運びがしやすく、A型にくらべて邪魔になりません。またA型ベビーカーに比べて価格が安く、気軽に購入できるのも魅力の1つです。

B型ベビーカーのデメリット

A型ベビーカーと比べると安定感や乗り心地がやや劣ります。また、リクライニング機能がないので、赤ちゃんの首や腰がすわるまでは使用できません。生後1カ月頃から使用するならA型ベビーカーを購入しましょう。B型ベビーカーを使用できるようになるまで、A型ベビーカーをレンタルするのもおすすめです。

B型ベビーカーの選び方

大切な赤ちゃんを乗せるベビーカーは価格だけでなく、安全性や機能性にもこだわりましょう。B型ベビーカーを選ぶポイント3つを解説するので、購入前やレンタル前に一度確認してみてくださいね。

安全性

財団法人製品安全協会が定める安心基準をクリアした日本製のベビーカーには「SGマーク」がついています。 B型ベビーカーを選ぶ際は一定の安全性が認められている、SGマーク付きを選ぶようにしてください。

機能、重量

チェックポイントは「自立式かどうか」「小回りがきくか」「荷物かごが付いているか」です。また徒歩での移動が多い場合は「片手で持てる重さかどうか」も確認すると良いでしょう。

カラー、デザイン

可愛い赤ちゃんを乗せて、長く使うものだからこそカラーやデザイン性にもこだわりたいものですよね。最新の人気モデルや海外製のベビーカーはオシャレなものがたくさん。「ちょっと費用が…」という場合はレンタルを検討してみても良いかもしれませんよ。

B型ベビーカーを使用した人の口コミ

・A型ベビーカーを持っていましたが、重いので移動が大変…。娘が2歳になったのをきっかけに、B型ベビーカーを購入。とにかく軽くて、お出かけがラクになりました。電車の乗り降りや改札もスイスイです!買い替えて良かったなあと思います。

・子どもが歩けるようになって分かったのが「意外とベビーカーに乗ってくれない!」でした。でも、コンパクトなB型ベビーカーは移動の邪魔にならないので問題なし。思っていたより走行性が高くて、小さな段差ならスッと乗り越えられるのも良かったです!

結論

  • A型ベビーカーは「レンタル」がおすすめ
  • B型ベビーカーは「購入」がおすすめ

ベビーカーはどこが安い?
レンタルショップおすすめ5選

ベビーカーを取り扱っているレンタルショップをリサーチし、おすすめショップを厳選しました。人気ブランド「コンビ」のベビーカー、メチャカルハンディシリーズを6カ月間レンタルした場合の料金を比較するとともに、各ショップの特徴を紹介します。

※すべて2020年7月現在の情報です。

ナイスベビー

ナイスベビーの公式サイトを見てみる ナイスベビーに
電話をかける
料金 18,315 円(税込)/6ヵ月
※メチャカルハンディ オート4キャス エッグショックHF
送料 8,001円以上の注文で送料無料(ナイスベビー便対応エリア/東京・埼玉・千葉・神奈川の一部地域)
そのほか送料700円~
保証サポート
  • レンタル中の汚れや破損に対する弁償不要。破損した場合は無償で交換可能
  • 高温スチームや次亜塩素酸水による丁寧なメンテナンス
  • 返却前の洗濯やクリーリングが不要
特徴 コンビの「メチャカル」「スゴカル」シリーズをはじめ、24種類のベビーカーを取り扱うレンタルショップです。2020年7月現在は、一部のベビーカーを6か月間レンタルすることで料金が10%OFFになるお得なセールも実施中。
また、忙しいママ・パパを助けてくれる、「レンタルあんしんサポート」制度があるのも嬉しいところ。状況に応じてオペレーターが適切な商品を提案してくれる電話サポートや、レンタル中の破損に無料で交換対応を行ってくれるサービスなど、レンタルの不安を解決してくれるようなきめ細やかなサービスが揃っています。
そして、商品の衛生管理が徹底されている点も◎。商品はすべて、高温のスチームや殺菌力の高い次亜塩素酸水などによって丁寧にクリーニングされているため、デリケートな赤ちゃんにも安心です。

ベビーツーワン

ベビレンタの公式サイトを見てみる ベビーツーワンに
電話をかける
料金 23,000円(税抜)/6ヵ月
※コンビ メチャカル ハンディ オート4キャス compact EG
送料 集配サービスエリア内(兵庫県南部、大阪市、堺市)は往復送料500円、5,001円以上で往復送料無料
そのほかの地域は往復送料1,200円~
保証サポート
  • 来店持ち帰りでレンタル料金10%OFF
  • レンタル中の商品の買い取りが可能
  • 正常に使用による破損は無料で修理・交換対応が可能
特徴 A型・B型ベビーカーのほか、2人乗りベビーカーやレインカバーのレンタルも行っているベビーツーワン。同一商品のカラー違いも豊富に揃っているため、自分の好みの色を選べる点もポイントです。また、神戸本店まで商品を直接受け取りにいける場合は、料金が10%引きになるお得なサービスも。
また、レンタルしたアイテムの使い心地が気に入った時は、そのまま買い取って使い続けることもできます。その場合は、販売価格から支払い済みのレンタル料金を差し引いての買取となるため、レンタル料が無駄になることもありません。
商品は一つひとつ丁寧に状態をチェックし、スチーム洗浄機や次亜塩素酸水による洗浄・除菌を行ってから出荷されるため、清潔さも抜群です。さらに、2020年7月現在は、レンタル品の申し込みでもれなく次亜塩素酸水50ml×2をプレゼント中。

愛育ベビー

愛育ベビーの公式サイトを見てみる 愛育ベビーに
電話をかける
料金 21,200円(税抜)/6ヵ月
※コンビホワイトレーベル メチャカル ハンディ オート4キャスcompact エッグショック HG
送料 自社集配エリアは7,000円(税別)以上で送料無料
そのほかの地域は片道送料850円~
保証サポート
  • 自社集配エリアであれば、7,000円(税別)以上で送料無料
  • お得なレンタル優待券あり
  • レンタル商品に不具合があった場合は取り換え対応あり
特徴 A型・B型ベビーカーのほか、車や室内との行き来に便利なトラベラーシステム2種、2人乗りベビーカー4種を含む、計24種類のベビーカーを扱っているショップです。各商品の詳細ページには、アイテムの特徴とともにレンタル料金の一覧が明記されているため、見やすさも抜群。
また、インターネット限定のお得な優待券がある点もポイント。申込時に「インターネット優待使用」の旨を申し出ることで、既定の料金よりも2,000円~5,000円程度安くレンタル品を利用することが可能です。
優待の対象となるアイテムは期間によって変わるため、随時ホームページをチェックしましょう。なお、優待を受けられるのは各アイテム先着5台までとなっているため、利用する際はお早めに。

ベビレンタ

ベビレンタの公式サイトを見てみる ベビレンタに
電話をかける
料金 20,371円(税込)/6ヵ月
※コンビホワイトレーベル メチャカル ハンディα エッグショック MD
送料 1,020円~(地域及び商品によって異なる)
保証サポート
  • 事故や故障の際の負担金が5,000円のみになる「安心保障オプション」
  • 3カ月以上のレンタルの場合、利用開始後3日館の返金保証制度あり
  • 専任スタッフによる丁寧なメンテナンス
特徴 たくさんの選択肢の中からベビーカーを選びたい人にぴったりなのが「ベビレンタ」。ベビーカー本体はもちろんのこと、寒い季節に活躍するフットマフや、きょうだいと一緒の移動に便利なバギーボードなど、ベビーカー関連のアクセサリーもまとめてレンタルすることができます。
ベビーカーのバリエーションは、コンビやアップリカといった国内メーカーから、クイニーやストッケなどの海外ブランドまで実にさまざま。カラーバリエーションも豊富に揃っているため、こだわり派のママ・パパにもきっとお気に入りの一台が見つかるでしょう。
届いた商品に不満があった場合は、到着から3日以内に申し出れば往復送料を除くレンタル料金の返金が受けられる「返金保証キャンペーン」※がある点にも注目を。実物を見ずに申し込むことによる不安を軽減し、安心して利用することができます。
※3カ月以上のレンタルの場合。なお、返金申込を行う際は、不満理由のヒアリングに応じる必要があります。

ホクソンベビー

ホクソンベビーの公式サイトを見てみる ホクソンベビーに
電話をかける
料金 20,800円(税込)/6ヵ月
※メチャカルオート4キャスPlus エッグショックHF
送料 東京・埼玉・千葉・神奈川は荷物の大きさ・個数に関わらず往復送料1,500円
そのほかの地域は1,500円~(配達エリア及び荷物の大きさ・個数によって異なる)
保証サポート
  • 6泊7日のお試し使用サービスあり
  • 配達日前日までならキャンセル料無料
  • 正常な利用の範囲内でのキズ・破損は弁償の必要なし
特徴 A型9種、B型1種、2人用5種と、合わせて15種類のベビーカーを取り扱っているホクソンベビー。シートパッドやバギーボードなど、関連アクセサリーもレンタル可能です。
特筆すべきは、1週間のお試し使用サービスを提供している点。衣裳などの短期レンタル品や消耗品を除き、すべてのアイテムの使い心地を1000円+送料で試すことができます。「使いづらいかも」「赤ちゃんが気に入ってくれないかも」といった不安を解消してくれる、利用者目線に立ったサービスだと言えるでしょう。
同一商品以外であれば、お試しは何度でも利用可能。気に入った場合はそのままレンタルに移行できるうえ、お試し分の料金1,000円はレンタル料から差し引かれるため損をすることもありません。

取り扱いブランドアイテム数No.1レンタルショップはこちら

  レンタルならココがオトク!ベビー用品ショップ3選 レンタルしてみた!初心者パパの子育て奮闘記
このページの先頭へ
このページの先頭へ