お得にベビー用品を揃えたいママ必見!おすすめレンタルショップの情報をまとめています

半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥8,096
ベビレンタ
¥9,280
ホクソンベビー
¥10,300

半年借りたらこの値段
チャイルドシート料金3選

ナイスベビー
¥4,510
ベビレンタ
¥6,881
ホクソンベビー
¥7,600

半年借りたらこの値段
ベビーカー料金3選

ナイスベビー
¥9,900
ベビレンタ
¥10,380
べびーあいらんど
¥11,024

半年借りたらこの値段
ベビーシート料金3選

ナイスベビー
¥6,490
ホクソンベビー
¥7,400
ベビーツーワン
¥7,600

半年借りたらこの値段
バウンサー料金3選

ベビーファン
¥12,360
ベビレンタ
¥12,580
ナイスベビー
¥17,600

半年借りたらこの値段
ハイロ―チェア料金3選

ベビレンタ
¥12,480
ホクソンベビー
¥16,300
べびーあいらんど
¥16,500

半年借りたらこの値段
ベビーサークル料金3選

ナイスベビー
¥6,160
ベビーランド
¥6,930
べびーあいらんど
¥8,300

半年借りたらこの値段
さく乳器料金3選

ナイスベビー
¥17,380
ベビーランド
¥17,380
ベビーツーワン
¥17,380
ベビー用品・ベッドのレンタルが安いおすすめショップ » あなたは買う派?借りる派?ベビー用品徹底調査 » ベビーベッド

ベビーベッド

半年借りたらこの値段
ベビーベッドレンタル料金3選

2021/1/12時点で在庫にある、標準サイズベッドを6カ月間レンタルした場合の料金がお得なベビー用品レンタルショップをまとめました。レンタルを検討しているママは、ぜひ参考にしてくださいね。(※すべて税込み表示となります。)

ナイスベビー ¥8,096 公式HPへ
ベビレンタ ¥9,280 公式HPへ
ホクソンベビー ¥10,300 公式HPへ

ベビー用品のなかでも、需要のあるご家庭が多いベビーベッドですが、いつ頃まで使うことが多いのでしょうか?購入とレンタルの比較もあわせて調べてみました!

ベビーベッドのレンタルVS購入比較表

価格目安

レンタル 購入
6,200円~ 10,991円~

※レンタルはベビーベッドを6カ月借りた場合の料金を参考にしています。どちらも税別価格です。

メリット

レンタル 購入
  • 使用期間が短い場合、買うよりも安く済ませられる
  • 赤ちゃんが寝てくれるかどうか試してみて、寝てくれなかったら返却できる
  • レンタルショップによっては組み立ても行ってくれる
  • 新品を使うことができる
  • 2人目、3人目を希望するなら購入したほうがお得

デメリット

レンタル 購入
  • 使用期間が長くなると買った方がお得
  • 人気のタイプは貸出中で借りられないことも
  • 新品指定でない場合、多少の使用感がある
  • 赤ちゃんによってはすぐに使わなくなってしまう
  • 使用期間が短く、大きいものなので、その後の置き場所に困る

口コミ

レンタルした先輩ママの口コミ

購入した先輩ママの口コミ

レンタルしてよかった「ベビーベッド」

ベビーベッドは、購入とレンタルではどちらがお得なのでしょうか。それぞれの価格やメリット・デメリットをまとめています。

ベビー用品を用意しようと考えた時、必要なものリストの上位に挙がってくるのがベビーベッド。ベビーベッドがあると、赤ちゃんの安全なスペースを完全につくることができます。とくに、上に兄弟がいる場合、赤ちゃんを床に敷いた布団に寝かせておくと、誤って踏まれたり、いたずらされてしまう恐れがあります。

また、床の汚れやホコリに近い位置に赤ちゃんを寝かせておくのも気になるというママには、ベビーベッドは必須アイテムです。

ベビーベッドの利用期間は「つかまり立ちができるまで」

一般的に国内で販売されているスタンダードサイズのベビーベッドは、最長2歳(24ヶ月)まで使えます。

使用期間の目安としては1歳ですが、すぐに使わなくなってしまう場合や、1歳を超えても必要になるケースもあります。家族構成やペットなど、お子さんの成長度合いだけでなく家庭環境によっても変化すると想定しておきましょう。

お子さんが1人のご家庭の場合、寝返りが打てる6ヶ月くらいまでベビーベッドを使用することが多いそうです。

お兄ちゃんやお姉ちゃん、またはペットがいる場合、思わぬアクシデントをさけるために、1歳になるまでベビーベッドを使用する方も。

しかし、赤ちゃんの成長とともにベビーベットが狭くなる、つかまり立ちからベビーベッドから落ちてしまうといった事故もあります。 こういった事故を未然に防ぐために、ベビーベッドは赤ちゃんがつかまり立ちする7ヶ月~9ヶ月くらいまでの利用がおすすめ。

おすすめは、一方向だけでなく、二方向から柵が開くタイプのもの。横からでも足元からでも柵が開くと、おむつ替えの時に便利です。また、床板が高いタイプは、おむつ替えの時に腰が痛くなりにくいです。ベビーベッドを置くスペースがないというお家なら、小さめのタイプがおすすめです。

結局ベビーベッドは借りるべき?買うべき?

ベビーベッドは、つかまり立ちを始める頃になると、転落の恐れが出てくるため、使わなくなることが多くなります。また、添い寝じゃないと寝ない赤ちゃんもいます。使用期間が短く、赤ちゃんが寝なかったというリスクを避けるためにも、レンタルで試してみるのがおすすめです。

乳幼児突然死症候群(SIDS)を防ぐためにもベビーベッドは必要

短い期間だからベビーベッドが不要と考えたくなりますが、ベビーベッドは乳幼児突然死症候群(SIDS)を防ぐ重要なひとつと考えられております。

SIDSの定義は厚生労働省の乳幼児突然死症候群(SIDS)診断ガイドライン(第2版)によると、
それまでの健康状態および既往歴からその死亡が予測できず、しかも死亡状況調査および解剖検 査によってもその原因が同定されない、原則として1歳未満の児に突然の死をもたらした症候群。 主として睡眠中に発症し、日本での発症頻度はおおよそ出生6,000~7,000人に1人と推定され、生 後2ヵ月から6ヵ月に多く、稀には1歳以上で発症することがある。
とされています。

アメリカでは赤ちゃんと同じベッドでの添い寝もSIDSの原因として、添い寝の中止をすすめております。


親の寝相によるちょっとしたぶつかりや圧迫が原因のひとつとなってしまうという見解と臨床結果が出ているようです。

日本ではまだ臨床結果が出ていないこともあり、添い寝を禁止とはなっておりませんが、前述した乳幼児突然死症候群(SIDS)診断ガイドライン(第2版)のチェックリストにもある「発見時の添い寝」という項目が示すとおり、死因のひとつとして注目しています。

つまり、6ヶ月前後の赤ちゃんの安全を考えると、ベビーベッドの利用は重要な選択肢になります。ですが、ベビーベッドはベビー用品でも高額。9ヶ月~12ヶ月のレンタルが、ベビーベッドのかしこい活用法といえます。

最近では、シンプル&ナチュラルなデザインでおなじみの無印良品のベビーベッドも人気。ナイスベビーやホクソンベビーなどのレンタルショップで取り扱いがあります。IKEAのベビーベッド等もデザイン性に優れ人気ですが、サイズは日本の規格と異なります。安価なりの品質…という場合もありますので、購入時にはよく検討しましょう。

レンタルできる人気のベビーベッド

らくらくダブルドア

らくらくダブルドアの商品写真

料金 10,800円(税抜)/6カ月
メーカー ヤマサキ
公式HPで見る

床板の高さが床から46センチ、73センチに調整することができるので、楽な姿勢で赤ちゃんのお世話をすることができます。前と横の柵が開くので使いやすいです。床板下の収納棚のスペースもたっぷり。

パックンプレー プレイヤード

パックンプレー プレイヤード with リバーシブルナッパーの商品写真

料金 11,988円(税抜)/6カ月
メーカー Graco
公式HPで見る

床板の高さを床から45センチ、70センチに調整可能。床板を上段に設置すれば、腰への負担も少なく、床板下のスペースには55センチの高さのものまで収納できます。収納棚付きで、荷物を乗せたまま移動もできます。

クイックミニベッド

クイックミニベッドの商品写真

料金 9,700円(税抜)/6カ月
メーカー アミリ
公式HPで見る

工具が不要で、女性でも一人で組み立てられるミニサイズのベビーベッド。縦67.7センチ、横95.5センチ。床板は41センチ、67センチに調整できます。ミニサイズながら、床板下の収納スペースも十分です。

ドリーム(3-5)

ドリーム(3-5)の商品写真

料金 9,000円 /6ヶ月
メーカー ヤマサキ
公式HPで見る

標準型でロータイプのベビーベッドです。生まれたての新生児から24ヶ月まで幅広く使うことが可能。床板の高さは、床から14㎝・27㎝・40㎝の3段階で変更でき、サークルにも兼用できます。また、床板の高さを調整することで、ベビーベッドの下におむつを置くこともできるので、スペースの有効活用もできます。新生児でベッドに横にしたままの時は、床板を高くして育児のしやすいようにしたり、つかまり立ちできるようになれば赤ちゃんに危険が及ばないよう床板を低くしたりなど、赤ちゃんの発達に合わせて床板の高さを変更することで、安全な発育をサポートしてくれます。

添い寝ベット

添い寝ベットの商品写真

料金 10,368円/6ヶ月
メーカー 日本育児
公式HPで見る

標準型でロータイプのベビーベッドです。寝るときも近くで見守れるよう添い寝が可能で、夜泣きの際にいちいちベッドから出ずに安心してお世話できます。大人用のベッドの高さに合わせられるよう、床板は床から13㎝・35㎝・40㎝の3段階での調節ができるのでさらに、大人用のベッドと固定できるので、ベッド同士の隙間がなく安全に育児ができます。添い寝ベッドには、専用のマットとシーツが付いているので新しいマットを買う必要がありません。また、移動用のキャスターもありますので、添い寝が必要なくなってきたら従来のベビーベッドとして利用できますので長期にわたって利用することができます。

b-side(ビーサイド)

b-side(ビーサイド)の商品写真

料金 11,988円/6ヶ月
メーカー ヤマサキ
公式HPで見る

赤ちゃんが1日のうちに1番長くいる場所だからこそ、安心して眠れることにこだわって作られたベビーベッドです。4輪ロック式のキャスターが付いているので移動は楽々。そして低重心により従来から必要であった添い寝接続ベルトが不要になっています。これにより、大人用ベッドの高さに関係なく添い寝できるようになっています。さらに、2箇所の扉が開閉できるので、寝かせる時も抱っこする時もおむつを替える時もストレスがありません。床板の高さによっては、ベッドの下におむつをいれて置くこともできますので、スペースの有効活用もできます。

ムーミンブラウン

ドリーム(3-5)の商品写真

料金 7,236円/6ヶ月
メーカー ヤマサキ
公式HPで見る

こちらは標準型のベビーベッドになりますが、オススメポイントは、ただのベビーベッドではなく、ムーミンがプリントされている可愛いベドになります。ベビーベッドはシンプルなデザインのものも多いですが、このベッドはお部屋のインテリアとしても利用できます。下に収納スペースが設けられてますので、オムツやベビー用品を収納しておくことができます。

ベビーベッドのおすすめブランド・メーカー

無印良品

素材にこだわり、良質の生活雑貨や家具、衣類、食品などをリーズナブルな価格で販売している「無印良品」。そんな無印良品が、べビーベッドをレンタルしていることを知っていましたか。

使う期間が限られているベビーベッドを、あえて「シェア」する形で使ってほしい、という思いからスタートした試みです。その後、無印良品がおこなった「レンタルしてよかったもの」というアンケートで、ベビーベッドが1位だったことからも、この試みが成功しているといっていいでしょう。

無印良品のレンタルベビーベッドは、赤ちゃんが安心して使えるように、和歌山県産の檜を採用。塗装は最も安全と言われるウレタン樹脂塗装が施されています。

もちろんPSマーク、SGマークといった安全基準をクリアした信頼できる製品です。ナチュラルテイストあふれる素朴なデザインのベッドは、無印良品と提携した4つのレンタル会社で取り扱っています。

無印良品のベビーベッドを詳しくみる>>

ヤマサキ

ヤマサキは1954年に創立した歴史のある国産メーカーです。特に1968年以降は、レンタル用のベビーベッドやベビー用品の製造に専念してきたレンタルベビーベッドのパイオニア的な存在です。

全製品に使用されているのはドイツから輸入されたブナ材。欧州では木馬などのおもちゃに使われている木材で、丈夫で手触りがいいのが特徴です。それを岡山にある自社工場で、機械と手作業を交えてていねいに製造しています。さらに赤ちゃんが安心して使えるように、有害な化学物質を取り除いた安全塗料&接着材を使用しているのもポイント。

レンタルベビーベッドの種類も多く、ヤマサキ自身が運営するレンタル用公式サイトがあるのも特徴です。ぜひチェックしてみてください。

ヤマサキのベビーベッドを詳しくみる>>

カトージ(KATOJI)

ベビー用品全般を企画&製造しているカトージ。安全で、お母さんやお父さんが楽しく育児ができるようなベビーグッズや、従来の常識にとらわれないような機能、そして流行を意識した遊び心のある商品を開発している人気メーカーです。もちろん安全基準をしっかりクリアしている商品ばかりなので安心です。

ベビーベッドは定番サイズのものから、ミニタイプや折り畳みタイプなど、サイズや用途の異なるさまざまなベッドが揃っているため、好みやニーズに合う商品を探しやすいのが特徴です。ナイスベビーやべビレンタなど、複数のベビー用品レンタルサイトで取り扱っています。赤ちゃんの成長や用途に合うベビーベッドを探してみてください。

カトージ(KATOJI)のベビーベッドを詳しくみる>>

アミリ

赤ちゃんの体に優しい素材や、塗料にこだわって商品開発を行っているメーカーです。シンプルかつ温もりが感じられるフォルムが特徴で、タイニーサイズからミニサイズ、標準サイズのベビーベッドのほか、おむつ替え専用台も提供しています。

アミリのベビーベッドを詳しくみる>>

ベビーベッドを少しでも安くレンタルするためのポイント

ベビーベッドのサイズ・高さをチェック

一概にベビーベッドといっても、ハイタイプやミニタイプ、レギュラーサイズやミニサイズなどさまざまな種類があります。どのベビーベッドが適しているのかは、利用する人の目的や設置する場所などによって異なるので、各タイプの特徴を知っておくことが大切です。

ハイタイプ

ハイタイプのベビーベッドは高さが110センチ前後あり、立ったまま赤ちゃんを世話することが可能です。産後の腰痛がひどい方に優しく、上に兄弟がいる方や家でペットを飼っている方にも重宝されています。

また、掃除などをするとホコリが待ってしまいがち。床から高い位置にあるハイタイプのベッドであれば、それらのハウスダストから赤ちゃんを遠ざけられます。

ハイタイプのベッドは下の部分のスペースが広く、収納スペースを設けて有効的に活用できるデザインになっているものが多いのが特徴です。タオルやオムツを収納しておけばいちいち移動して取りに行く手間がなくなり、体力を温存できます。

ただし、高さがある分赤ちゃんが転落してしまう可能性もあります。ハイタイプのベビーベッドを利用する際は、赤ちゃんが寝ている最中はベッドの床の高さを下げたり柵をつけたりなど、十分対策を立てましょう。

ロータイプ

ロータイプは古くからあるタイプで、見慣れたベビーベッドとして知られています。全体の高さは85センチ前後、床板の高さは約45cmが基本的な高さです。

ロータイプのベビーベッドは、大人が寝るベッドの横に設置して添い寝できるのも便利です。夜でも眠りながら赤ちゃんの様子を確認できるのがおおきなメリット。並んで眠れるのはお母さんとしても安心感があります。またハイタイプと比べて高さがないため転落してしまっても比較的大怪我に繋がりにくいのもメリットです。

また、インテリアの雰囲気を壊しにくいという特徴も。高さのあるベッドだとインテリアが隠れる可能性がありますが、ロータイプだと低くなります。そのため、インテリアにこだわりのある方や、ソファなどに座りながら赤ちゃんの顔を確認したい方は、ロータイプをレンタルすると良いでしょう。

レギュラーサイズ(標準サイズ)

標準的なレギュラーサイズのベッドは、内寸が120cm×幅70cmのものを指します。このサイズは一般的に式布団の長さがちょうど入る大きさで、生後すぐの赤ちゃん(身長は約50cmほど)が利用するイメージです。

レギュラーサイズのベビーベッドは、折りたたんで自家用車に乗せられるサイズがほとんど。収納棚が付いているタイプでも、解体してパネルにすれば、後部座敷に乗せられるサイズ感は便利です。

そのため、赤ちゃんを連れての里帰りを考えている人や何らかの理由があってベビーベッドを自家用車で持ち運びたい人におすすめです。

なお新生児の期間から3ヵ月以内の赤ちゃんを連れて移動するときは、ハーフサイズのベビーベッドがオススメです。ハーフサイズはレギュラーサイズの半分ほどで、新生児期間から3カ月以内の赤ちゃんには十分な大きさがあります。

レギュラーサイズを自家用車の後ろに積むと人が座れなくなってしまうため、後部座席に余裕を持たせたい人はハーフサイズを利用すると良いでしょう。

ミニサイズ

ミニサイズのベッドは長さ90cm×幅60cmの内寸のベビーベッドであり、設置スペースを取らないという利点があります。ベビーベッドを置きたいけど、スペースに余裕がないという人に最適です。

昼間はリビングで昼寝やオムツ交換に使い、夜は寝室で赤ちゃんを寝かせるという使い方もできます。基本的に日本家屋のドアの幅は72~73cmのものが多いため、コンパクトサイズのベッドは部屋の移動が簡単にできるのでおすすめです。

また、奥行きと横幅は確認すべき要素。ベビーベッドを設置する予定のスペースはしっかり確保しておくことが大切です。

安さで選んで後悔しないために見るべきポイント

安さを重視してベビーベッドのレンタルをしたい場合でも、メンテナンスと無料保証サービスが充実しているかをチェックしましょう。レンタルしてから後悔することがないように、以下の点をよく吟味しましょう。

メンテナンス

赤ちゃんを育てるお母さんにとって、メンテナンスがしっかりしているレンタル業者からベビーベッドをレンタルしたいもの。

ベビーベッドのメンテナンスで着目すべきは、ねじの緩みやパーツに破損部位がないかきちんとチェック・修理されているかということです。ねじのゆるみやパーツの破損は大きな事故を引き起こす要因になりかねないので注意しなくてはなりません。

また、赤ちゃんをホコリなどのアレルギーから守るためにも、洗浄や消毒作業が行われている業者を選ぶ必要があるでしょう。アルコール除菌剤を使用して丁寧に清掃している業者だと、安心してレンタルできます。

無料保障サービス

ベビーベッドをレンタルする際は安さに惑わされず、無料で保証サービスがついてくるか確かめることが大切です。

ベビーベッドは2歳前後まで利用するのが一般的で、その間の保証がついていると安心して購入またはレンタルできます。

保証サービスの主な内容は、商品を汚してもそのまま返却できること、壊してしまった場合の修理費負担などがあります。

また、レンタルした商品を汚してしまったときに費用請求があるかも大事なポイントです。ベビーベッドは赤ちゃんの汗やおしっこなどで汚れてしまう可能性が高いもの。そんなとときにクリーニングを出さなくて良いところや、そのまま返却して良いところを選ぶと便利です。

せっかく費用が安く済むレンタル業者を選んでも汚してしまい、高額な修理費用を請求されてしまっては意味がありません。保証サービスが適用されていないと、高額な修理費用を請求される可能性があるので要注意です。

一方で、保証サービスを採用しているレンタル業者であれば、迅速に代替え商品を発送してくれます。事故を未然に防ぐためにも、保証サービスがついてくることは重要なポイントです。

自宅近くだと送料を安く抑えられる

ベビーベッドは意外と大きく、返却の際に安くない送料を請求されることがあります。自宅近くのレンタルショップなら送料は安価でおさえられるので安心です。

なかには送料無料で対応してくれるレンタルサービスもあるので、事前に質問するのを忘れないようにしましょう。

上手な使い方を質問できる

レンタルサービスを運営する企業の多くは、お客様対応スタッフに育児経験者を据えています。そのため、用具・器具でトラブルなどが起こったときは、実際にあった育児経験からアドバイスしてもらえるのが嬉しいポイント。気軽に相談できる心強い存在です。

ベビーベッドを少しでも安く購入するためのポイント

ネットショップのサイトから購入する

ベビーベッドを購入する方法として、直接来店する方法とネットショップを利用して購入する方法とがあります。購入したい店舗がみつかったらその店舗が運営するサイト経由で購入するのも良い手です。

ネットショッピングであれば他サイトや他店舗と比較することが簡単ですが、実際の感触を確かめられないのはデメリット。金額だけにとらわれず、品質も考慮して選びたいものです。

ベビーベッドのレンタル業者を厳選して紹介!

これまでは、ベビーベッドを購入するしかありませんでした。少しの期間しか使わないベビーベッドですので、購入するのが持ったないと考えている方も多いでしょう。しかし現在では、ベビーベッドをレンタルすることができようになっています。

下記では、そんなベビーベッドをレンタルする際に利用するべき業者を厳選しています。それぞれの特徴と共に、料金やおすすめポイントなどを詳しく説明していますので、ベビーベッドをレンタルしようと検討してる方は下記の詳細をご覧ください。

取り扱いブランドアイテム数No.1レンタルショップはこちら

  レンタルならココがオトク!ベビー用品ショップ3選 レンタルしてみた!初心者パパの子育て奮闘記
このページの先頭へ
このページの先頭へ