お得にベビー用品を揃えたいママ必見!おすすめレンタルショップの情報をまとめています

半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥8,096
ベビレンタ
¥9,280
ホクソンベビー
¥10,300

半年借りたらこの値段
チャイルドシート料金3選

ナイスベビー
¥4,510
ベビレンタ
¥6,881
ホクソンベビー
¥7,600

半年借りたらこの値段
ベビーカー料金3選

ナイスベビー
¥9,900
ベビレンタ
¥10,380
べびーあいらんど
¥11,024

半年借りたらこの値段
ベビーシート料金3選

ナイスベビー
¥6,490
ホクソンベビー
¥7,400
ベビーツーワン
¥7,600

半年借りたらこの値段
バウンサー料金3選

ベビーファン
¥12,360
ベビレンタ
¥12,580
ナイスベビー
¥17,600

半年借りたらこの値段
ハイロ―チェア料金3選

ベビレンタ
¥12,480
ホクソンベビー
¥16,300
べびーあいらんど
¥16,500

半年借りたらこの値段
ベビーサークル料金3選

ナイスベビー
¥6,160
ベビーランド
¥6,930
べびーあいらんど
¥8,300

半年借りたらこの値段
さく乳器料金3選

ナイスベビー
¥17,380
ベビーランド
¥17,380
ベビーツーワン
¥17,380
ベビー用品・ベッドのレンタルが安いおすすめショップ » ママ必見!出産・育児のお悩み解決コラム » ベビーカーは必須!?便利なシーンと邪魔になるシーンを検証

ベビーカーは必須!?便利なシーンと邪魔になるシーンを検証

妊娠したら出産・育児に向けて、ベビーベッドや布団、哺乳瓶、おむつなどさまざまなベビー用品が必要です。中には、妊娠中に前もって準備しておくと便利なものも少なくありません。

そんな出産準備品のなかから「ベビーカーの必要性」に注目し、ベビーカーが必要なシーンや邪魔になるシーンを交えながら検証していきたいと思います。

ベビーカーはすべてのママに必要とは限らない

結論から言うと、ベビーカーは必ずしも必要ではありません。その理由は居住地や生活環境・ライフスタイルによって、ベビーカーの必要性が異なってくるからです。

普段の移動手段によってベビーカーは不要

あなたの日頃の移動手段は何でしょうか?もし自家用車が移動手段の場合、ベビーカーの必要性はあまりないでしょう。スーパーや病院などに行くとしても、車を降りた後の店内や病院内では、抱っこですませることが意外と多いもの。ベビーカーの上げ下ろしが面倒で、車内に置いたままというシチュエーションもあります。

一方、地下鉄や電車・バスなどの交通手段や徒歩がメインの方はベビーカーが必要でしょう。お買い物や通院などの移動は、ずっと抱っこしているよりベビーカーで連れて行くのが断然楽です。

交通機関の利用が多い都会では必要、マイカー率が高い田舎では必要性に乏しい、と言えるでしょう。

子どもが嫌がるならベビーカーは不要かも

抱っこしていると大丈夫だけれど、ベビーカーにのせると泣き出してしまうというお子さんは少なくありません。お母さんの顔が見えなくなると、不安になってしまうのが理由の一つでしょう。

対面式のベビーカーで赤ちゃんが機嫌よくベビーカーに乗ってくれるなら問題解決ですが、それでもギャン泣きしてしまうといった場合、ベビーカーは使わない方がいいでしょう。

お母さんの体に負担が大きい場合はベビーカーが必要

腰痛がひどい・産後の回復が遅いなどの理由で、長時間の抱っこは避けたいというお母さんの場合は、ベビーカーを利用する方がいいでしょう。

抱っこ紐やおんぶ紐のようなベビーキャリーを利用する方法もありますが、体への負担を考えるとベビーカーとの併用をおすすめします。

双子やお子さんが増えた時はベビーカーを検討したい

お子さんが双子や三つ子ちゃんの場合は、全員を抱っこするわけにはいきません。特にワンオペなら、一人は抱っこできたとしても、ベビーカーがあった方が断然便利です。

一人目のお子さんがまだ抱っこが必要な年齢で、下のお子さんが生まれた場合も同様にベビーカーがあると便利。育児は体力勝負なので、移動手段のチョイスはとても大切な要素です。

ベビーカーが役立つ4つのシーンとは?

ここからはベビーカーがあって良かった!と感じがちな4つのシーンについてご紹介します。

1.長時間の移動時に助かった!

ご近所での買い物や近場へのお出かけなら問題なくても、長時間の移動をともなうお出かけはベビーカーが大活躍します。

たとえば、電車などでの移動の際、必ず座席に座れるとは限りません。1駅、2駅程度なら抱っこでもまだ頑張れるかもしれませんが、乗車時間が長い場合は大変です。また、車内が混み合っていると抱っこの向きを変えるのも難しく、さらに荷物があると「ベビーカーがあってよかった!」と思うでしょう。

2.徒歩移動が長いとしんどい

普段の移動手段が徒歩の場合はやはりベビーカーが役立ちます。特に歩く時間が長くなると、抱っこし続けるお母さんへの負担は相当なものです。

また、夏場の外出は体温が高い赤ちゃんにとっても大変なもの。熱中症リスクを考えると、抱っこよりもベビーカーでお世話するほうが良いと言えます。

買い物帰りなら、ベビーカーがなければ荷物を持ちながら赤ちゃんを抱っこするという悲惨な状況に。徒歩での移動がメインの方にとって、ベビーカーは必需品です。

3.外出先に座敷やベビーチェアがない

買い物や外食などの外出先にベビーチェアや座敷があれば、座らせたり寝かせたりできて便利ですが、ない場合はベビーカーが役立ちます。

ベビーチェアがないとき、ベビーカーがあれば座らせたまま食べさせることもできる。すごく便利に感じるシーンのひとつです。

4.赤ちゃんの衛生面が気になる場合

外出先に子ども用カートやシートが用意されているお店は多いもの。しかし不特定多数の方が使用するため、衛生面が気になる場合には、ベビーカーがあると安心です。

ベビーカーが邪魔になってしまう4つのシーン

続いては、便利なはずのベビーカーが逆に邪魔になってしまった場面を4つご紹介します。

1.エレベーターがない、エレベーターが遠い

たとえば、移動手段が電車やモノレールなどの場合で、最寄り駅内のエレベーターが入口から遠かったり不便な場所にあったりすると、ベビーカーがあることがデメリットになってしまいます。

また住居が2階以上でエレベーターがない場合は、ベビーカーを抱えて階段を上り下りしなくてはならず、大きな負担となるでしょう。さらに、エレベーターが狭いと、時間帯によっては使いづらいという声もあります。

2.車移動がメイン

ベビーカーは必要だろうと思って購入したものの、移動手段が車なら活躍する場面は少なくなります。ベビーカーの上げ下ろしは、ワンオペのお母さんが「便利だけど面倒くさい」と感じる場面です。

3.日々の買い物のシーン

スーパーでの買い出しなら、片手に買い物かごを持つのが一般的でしょう。その上、ベビーカーを押すとなるとかごを持つのは意外とバランスが悪く、買い物がしづらくなります。

ベビーカーを押してくれる人がいるなら別ですが、1人で子ども連れなら抱っこ紐やおんぶ紐だと手が空いて便利です。

4.玄関が狭いと置き場に困る

最近のベビーカーは折り畳みできて省スペースな製品が沢山あります。しかし玄関が狭い住居だと、どうしても手狭になりベビーカーの置き場に困ってしまうことが。毎回車輪を拭くわけにもいかず、悩みどころです。

実際に使ってみないとわからないのがベビー用品の良し悪し

ベビーカーはそのご家庭のライフスタイルや生活環境によって必要性が大きく変わってきます。また、お子さんによってはどうしても嫌がってしまうというケースもあるでしょう。「買ってしまったけれど後から考えると不要だった」ということは、ないようにしたいものです。

これらの悩みを解決するにはレンタル品の活用がおすすめ。レンタルで使い勝手が良ければ買取できるお店もあり、とても便利に使えるシステムです。「ベビーカーが必要かどうか分からない」「必要だろうけどコスパ的にどうなのか?」とお悩みの方は、まずはレンタル利用で試してみるのをおすすめします。

取り扱いブランドアイテム数No.1レンタルショップはこちら

  レンタルならココがオトク!ベビー用品ショップ3選 レンタルしてみた!初心者パパの子育て奮闘記
このページの先頭へ
このページの先頭へ