お得にベビー用品を揃えたいママ必見!おすすめレンタルショップの情報をまとめています

半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥8,096
ベビレンタ
¥9,280
ホクソンベビー
¥10,300

半年借りたらこの値段
チャイルドシート料金3選

ナイスベビー
¥4,510
ベビレンタ
¥6,881
ホクソンベビー
¥7,600

半年借りたらこの値段
ベビーカー料金3選

ナイスベビー
¥9,900
ベビレンタ
¥10,380
べびーあいらんど
¥11,024

半年借りたらこの値段
ベビーシート料金3選

ナイスベビー
¥6,490
ホクソンベビー
¥7,400
ベビーツーワン
¥7,600

半年借りたらこの値段
バウンサー料金3選

ベビーファン
¥12,360
ベビレンタ
¥12,580
ナイスベビー
¥17,600

半年借りたらこの値段
ハイロ―チェア料金3選

ベビレンタ
¥12,480
ホクソンベビー
¥16,300
べびーあいらんど
¥16,500

半年借りたらこの値段
ベビーサークル料金3選

ナイスベビー
¥6,160
ベビーランド
¥6,930
べびーあいらんど
¥8,300

半年借りたらこの値段
さく乳器料金3選

ナイスベビー
¥17,380
ベビーランド
¥17,380
ベビーツーワン
¥17,380
ベビー用品・ベッドのレンタルが安いおすすめショップ » ベビー用品のおすすめレンタルショップリスト » ベビードア

ベビードア

ベビー用品のレンタルショップ「ベビードア」について、詳しく説明しています。

ベビードアのキャプチャ
引用元:ベビードア公式HP(http://babydoor.net/)

ベビードアの特徴

10ブランド以上からお好みのベビー用品をレンタルできる

ベビードアでは「ちょっとだけ特別なベビー用品を使ってみたい」と思うママやパパのために、セレブが愛用する厳選した商品を扱っています。

ベビーカーならエアバギー、バガブ―、コンビを含む有名ブランド9社の製品が勢ぞろい。ベビーベッドならストッケ、グラコ、カトージ、アップリカの4ブランドを展開。ほかにもバウンサーやおもちゃなども、有名ブランドの商品がレンタルできます。気になる商品を気軽に試せるのが魅力です。

レンタル開始日の前日に届く

商品は基本的にレンタル開始日の前日に届きます。届いた商品を確認して、不具合や部品の不足を確認しましょう。自分たちで組み立てる必要があるので、ベビーベッドといった大型商品の場合、1人で組み立てるのは大変かもしれません。なるべくママとパパ、二人の力を合わせて組み立てましょう。

レンタル終了日にはベビードアが指定した配送業者が集荷してくれます。自分たちで宅配所に持ち込んで手続きする必要はありません。

ただし、梱包は自分たちでしなければなりません。届いたときに使われていた段ボールや梱包材が必要なので、捨てずに保管しておきましょう。万が一、レンタル商品が入っていた段ボールを捨ててしまった場合1,000円(税不明)の支払いが発生してしまいます。

ギフト用の商品を購入することができる

「友達や家族に子どもが生まれた」という人のために、ベビードアではギフトセットの販売を行なっています。ベビー用の靴下や前掛けのセット、赤ちゃんの肌に優しい今治タオルセット、1~6歳まで使えて身体をしっかりと包み込むマイクロビーズ使用のキッズソファーなどさまざまなギフトを用意。

3,000~16,500円(税不明)の価格帯でプレゼントを選ぶことができます。うさぎや象、小鳥などデザインが選べて、カラーバリエーションもピンクやブルー、レッド、ネイビーと豊富。

ベビーベッド・ベビー用品のレンタルが安いおすすめショップ

ベビードアを利用したママの口コミ

ベビードアでは公式インスタグラムをやっています。気になる商品の情報やキャンペーンを知ることが可能。さらにベビードアでレンタルしたベビー用品を使っている様子を撮影して、投稿するとレンタル商品が1,000円OFF(税不明)になるキャンペーンをやっています。自慢のわが子を撮って投稿してみてはいかがでしょうか?もしかすると、ネットで人気の赤ちゃんになるかもしれませんよ。

ベビードアの基本情報

運営会社 Babydoor株式会社
営業時間 10:00~17:00
※チャット・メール対応は土日も実施
定休日 土日祝
対応エリア 全国

総評

東京都に拠点を置き全国に発送対応しているベビードア。取り扱いブランドは10ブランド以上と、お気に入りのブランドを選んで利用することができます。

比較的新しいベビー用品のレンタルをお手ごろな価格で展開しているため、気になるアイテムを試してみてほかのブランドと比べることが可能です。ベビー用品は全部揃えるとそれなりにコストが掛かりますが、レンタルであれば赤ちゃんの成長に合わせて必要なものだけ揃えればいいですし、不要になったレンタル用品を返却すれば、部屋のスペースを取らずに済みますね。

しかしレンタルを上手く利用すればコストを抑えることができます。子育てはずっと続いていくものです。子どもが成長すれば、小学校、中学校、高校と勉強に必要なお金も掛かってきます。節約できるところは節約して、無理なく楽しく子育てを楽しみましょう。

取り扱いブランドアイテム数No.1レンタルショップはこちら

  レンタルならココがオトク!ベビー用品ショップ3選 レンタルしてみた!初心者パパの子育て奮闘記
このページの先頭へ
このページの先頭へ