半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥6,200
ホクソンベビー
¥6,500
かしてネッと
¥6,600
ベビー用品のレンタルショップリスト » あなたは買う派?借りる派?ベビー用品徹底調査 » 布おむつ&おむつ用品

布おむつ&おむつ用品

洗濯する手間が増える布おむつより、紙おむつを選ぶ方が多い現代。こちらでは、おむつはレンタルと購入どちらがお得なのか比較してみました。おむつのにおいが気になる方向けに、消臭機能が付いたゴミ箱のレンタル・購入も比較していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おむつ・おむつ用品のレンタルと購入を徹底比較!

価格相場はどれくらい?

レンタル 購入
布おむつ 30枚/4,000円~ 無地30枚/4,740円~
紙おむつ - Mサイズ(44枚入り)/1,316円~
おむつ専用ゴミ箱
(赤ん坊カンパニー「オムツッカー」の場合)
6カ月/2,489円~ 3,538円
おしりふき温め器
(コンビ「クイックウォーマー」の場合)
6カ月/2,808円 3,240円

購入する場合

メリット

レンタルと違って必要以上に汚れを気にすることもなければ、返却しなくていいのが購入のメリット。おむつ専用のゴミ箱といった用品も、2人目の子どもをつくる予定があればまた使えます。

デメリット

紙おむつを購入する時は常に残り何枚か気にしないといけないことや買いに行く手間が発生します。おむつ用のゴミ箱やおしりふき温め器などは、使わなくなると捨てるのが面倒くさく感じる方もいるでしょう。

レンタルする場合

メリット

紙おむつは当然レンタルできませんが、布おむつならレンタルしているところがいくつかあります。家庭での洗濯なしで回収してくれるところが多く、洗濯する手間が省けるのが嬉しいポイントです。機能性の高い紙おむつでは気づかないうちにおしっこを済ませていることが多いのですが、布おむつならおしっこするたびに交換をせがまれます。自然と赤ちゃんとのコミュニケーションが増えるのが魅力です。

また紙おむつを使う場合でも、消臭機能がある専用のゴミ箱やおしりふき用の温め器などは購入するよりもレンタルのほうがお得に済ませられることも。

デメリット

布おむつは専門スタッフがしっかりとクリーニング・除菌を行なっていますが、「前に使った人がいる」ということに抵抗を感じる方にはレンタルは不向きです。おむつ用品に関しては大切に扱わなければならず、万が一壊してしまった場合は弁償代が発生する可能性もあります。

おむつ用品をレンタルor購入した先輩ママの口コミ

おむつ用品を買ってよかった!

おむつ用品を買って残念だったこと

おむつ用品をレンタルしてよかった!

おむつ用品をレンタルして残念だったこと

まとめ

おむつに関しては、まず紙も布も一度試してみるのがおすすめ。赤ちゃんによっては肌が弱く、紙おむつ・布おむつどちらもかぶれることがあります。どちらを使うか決めてから、レンタルか購入か選ぶと良いでしょう。 ゴミ箱やおしりふき温め器などは「購入したけど使わなかった」ということもあるので、お試しレンタルしてみてはいかがでしょうか。

ベビー用品を賢くレンタルするならどこ?おすすめショップを見てみる

取り扱いブランドアイテム数の多いレンタルショップはこちら

ベビー用品レンタル5選

30代ママに人気!オススメのベビーベッドは?

このページの先頭へ
このページの先頭へ