半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥6,200
ホクソンベビー
¥6,500
かしてネッと
¥6,600
ベビー用品のレンタルショップリスト » あなたは買う派?借りる派?ベビー用品徹底調査 » ベビーシート

ベビーシート

ベビーシートはレンタルの方がお得!そんな話を聞いたことはありませんか?とはいえ、
・ベビーシートって必要なの?
・ベビーシートとチャイルドシートの違いって何?
・ベビーシートは本当に借りるべき?買うべき?
なんて悩まれる方も多いではないでしょうか。

そこでこの記事では
・ベビーシートの特徴
・ベビーシートとチャイルドシートの違い
・レンタルと購入の費用比較
について重要な部分についてご紹介していきます。

車に乗る時はチャイルドシートの取り付けが道路交通法で義務付けられていますので、
これからベビーシートを購入するか悩んでいる方は是非お役立てください。

ベビーシートの特徴

ベビーシートは、赤ちゃんが生まれてから約1歳児(新生児・乳児)専用で使用するカーシート(チャイルドシート)です。産まれてからすぐに必要となるため、出産準備期間に用意しておく必要があります。

車での死亡に至る重大な交通事故は正面衝突によるものが一番多いという統計データがあります。ベビーシートでは、正面衝突の衝撃を想定し、赤ちゃんを車に乗せると進行方向とは逆の向きで寝かせて利用できるのが特徴です。
また、首の座っていない赤ちゃんを事故の衝撃から守るためには、面で支える必要があります。そのため、背もたれは45度の傾斜があるゆったりとした椅子型のものがほとんど。

ベビーシートは軽量なため、ベビーシートに赤ちゃんを乗せたまま車に装着でき、降りる際にはそのままラックとして利用できます。眠っている赤ちゃんを起こさず移動できるのはうれしいですね。

チャイルドシートとの違い

ベビーシートとチャイルドシートの違いは大きく分けて以下の2つです。

・赤ちゃんを寝かせる向き
・対象年齢

ベビーシートの場合、生まれたての新生児から約1歳児専用のシートで、進行方向とは逆向きに寝かせます。チャイルドシートの場合、9ヵ月~4歳児前後までが対象のシートで、進行方向の向きで寝かせて5点式ハーネスでしっかり固定します。チャイルドシートは前向きで使用できることもあり、赤ちゃんの機嫌が取りやすいのも特徴的。
また、チャイルドシートは乳児から幼児へと体格も大きくなっているため、しっかりと取付られるよう股、腰、肩を5点式のハーネス赤ちゃんをサポートするのが一般的です。

ベビーシートのレンタルVS購入 比較表

それではベビーシートをレンタルした場合と購入した場合を「メリット」「デメリット」「価格」の順で比較してみましょう。まずは購入した場合からご紹介します。

購入のメリット

・新しいため清潔に使えて安心
・2人目にも対応できる
・好きなデザインを選べる

購入のデメリット

・劣化した場合に買い替えが必要
・車を買い変えた場合、サイズによってサイズが合わなくなる
・試乗して試せない

購入した場合の平均価格

・乳児用タイプ:約10,000円
・乳児・幼児兼用タイプ:約20,000~40,000円

それでは次にレンタルの場合はどうなるのでしょうか。

レンタルのメリット

・成長スピードに合わせてシートの変更ができる
・短期間の利用でも使える
・シートの返却が可能で処分代が不要

レンタルのデメリット

・使用感を感じる
・試乗して試せない
・人気商品はレンタルが難しい

6ヶ月レンタルした場合の平均価格

乳児用タイプ:約7,500円
乳児・幼児兼用タイプ:約10,000円

では、結局のところベビーシートはどちらの方がおすすめなのでしょうか?

結局ベビーシートは借りるべき?買うべき?

短い期間しか使わないベビーシートは、買うのはもったいない……と感じている方も多いです。そんな時は、お安くお得に済ませるのであれば断然レンタルがおすすめです。もちろん、利用期間や今後のご兄弟のとの関係もありますが、使わなくなって処分する手間も省けます。

レンタルできる人気のベビーシート

せっかくレンタルするのであれば、人気のモデルを使ってみたいですよね。そこで現在レンタルできる人気のベビーシートを3種類ご紹介します。

ストッケ イージーゴー X1 by ビーセーフ

新生児から体重13kgのお子さまに使用可能なベビーシート。シャーシの上にカチンとはめ込むタイプなため、アダプターなしでベビーカーに取付可能です。6ヶ月レンタルで20,412円(税1,512円)。

MAXI-COSI マキシコシ ペブル(ブラック・ブラウン・グレー・ホワイト系)

新生児から約12ヵ月の赤ちゃんを対象に、
・お家
・車の中
・お買い物
など、何通りにも使いこなせる多機能なベビーシート。カラーバリエーションも豊富で人気の高い商品です。6ヶ月レンタルで16,000円(税1,185円)。

レーマー/ROMER ベビーセーフプレミアム(レッド・ピンク系) (オリジナル/SHRII)

両サイドからの衝撃を防御して安全性を高めるシステムD-SIPを搭載しています。また、インテグラル・リクライン・システム搭載で、赤ちゃんの背骨の発育に対応できるようサイズアップもできます。6ヶ月レンタルで17,820円(税1,320円)。

取り扱いブランドアイテム数の多いレンタルショップはこちら

ベビー用品レンタル5選

30代ママに人気!オススメのベビーベッドは?

このページの先頭へ
このページの先頭へ