半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥6,200
ホクソンベビー
¥6,500
かしてネッと
¥6,600
ベビー用品のレンタルショップリスト » あなたは買う派?借りる派?ベビー用品徹底調査 » ベビーバス

ベビーバス

首のすわっていない赤ちゃんを大人と一緒のお風呂に入れるのは大変です。ベビーバスがあればしっかりと首を支えることができて、赤ちゃんの体を洗うことができるから安心。ベビーバスの特徴や選び方、購入・レンタルどちらがよいのかご紹介します。

ベビーバスの特徴と利用する時期

ベビーバスは生後1ヶ月から3ヶ月ごろまで使うことができます。明確な基準はないため、例え3ヶ月を過ぎたとしても、赤ちゃんの体が小さいなら使用可能です。

また、双子の赤ちゃんの場合、ママ1人で大人も浸かるお風呂にいれるのは大変。ベビーバスがあれば、1人ずついれることができるので、手間がかかりません。

ベビーバスは使用期間が短いのでレンタル向きなベビー用品です。

ベビーバスって必要?

赤ちゃんは生後1ヶ月ごろまで、おへそが乾いておらずそこから菌が侵入して感染症にかかる可能性があります。

大人と一緒のお風呂にいれることもできますが、お風呂をキレイにして、一番風呂に入れてあげることが大切です。しかし、毎日お風呂を掃除するのは大変だし、1番風呂に入れてあげることも難しいでしょう。ベビーバスなら衛生的に保ちやすくて、大人のお風呂よりもコンパクトなので沐浴させやすいというメリットがあります。

また赤ちゃんは汗をかきやすいので、こまめに沐浴させるうえでもベビーバスは便利。お湯を簡単に入れ替えることができるため、沐浴時に赤ちゃんが気持ちよくなってついウンチをしてしまっても大丈夫です。

「衛生的」「お風呂に入れやすい」「お湯の入れ替えが楽」という点を考慮すると、ベビーバスは必要だといえるでしょう。

シンクや洗面台を代用できる?

赤ちゃんは細菌やウィルスに弱いので、汚れやすいシンクや洗面台はベビーバス代わりするのは控えたいところです。食べた後の食器や食べ物の残りなどを流すことのあるシンクは雑菌がたまりがち。洗面台は家族全員が洗顔や歯磨きなどで使うので、シンク同じく雑菌がたまりやすいといえます。常に掃除や消毒ができればいいですが、それも面倒ですよね。

またシンクや洗面台は蛇口がついており、周りにモノが置かれているので、赤ちゃんを傷つけないように入浴させるのは大変。ベビーバスは赤ちゃんが入るスペースのみなので、安心して沐浴させることができます。

【タイプ別】ベビーバスの選び方とは?

ベビーバスのメーカーや種類によって、沐浴できる重さは違いますが、約4kgまでは使用可能なものが多いです。赤ちゃんの一般的な体重は生後1ヶ月で3.4~5.5㎏、2ヶ月で4.2~7.2㎏、3ヶ月で4.8~8.1㎏となります。

床置きタイプ

お風呂場にベビーバスを置いて沐浴させるタイプのベビーバスです。造りが丈夫で安定感があり、赤ちゃんがゆったりと入れるスペースがあります。 赤ちゃんの背もたれ部分がカーブしているものや、折り畳み式など、さまざまです。

床起きタイプは大きいものが多いので、ユニットバスといった小さいお風呂だと使いにくいこともあります。折り畳めないタイプだと収納に困ることも。お風呂場の広さや収納場所に合ったベビーバスを選ぶようにしましょう。

シンクタイプ

洗面台やシンクにはめ込んで使うことができます。吸水や排水が簡単にできるようになるため便利です。高さがあるので、ママやパパが立った状態で沐浴させることができます。足・腰への負担が軽減されるのはうれしいですね。洗面台やシンクに入るコンパクトさなので、収納場所にも困らないでしょう。

シンクタイプを使う際は、シンクのサイズに合うものを選ぶことが大切です。合わないものを選ぶと、床やお風呂場に置いて使うことになるため、「ママが立った状態で沐浴できる」という利点が生かせなくなってしまいます。

エアータイプ

ビニール素材のベビーバスです。空気をいれて使うタイプなので、収納がかなり楽になります。また、素材が柔らかいので、赤ちゃんの体に優しいのもうれしいところ。赤ちゃんを支えるママやパパの腕を楽にしてくれます。

さらに軽くて持ち運びに便利です。赤ちゃんが成長したら、水遊びに使うこともできますよ。収納性や弾力性が魅力のエアータイプですが、膨らませる手間がかかることや何か硬いものに引っかかってしまうとパンクして使えなくなる場合も。気を付けて管理する必要があるでしょう。

マットタイプ

洗面台やシンクにマットを敷き、お湯を溜めて使うことができます。シンクタイプと同じように、洗面台・シンクに高さがあるためママやパパが立ったまま赤ちゃんを沐浴させることが可能で、足腰への負担も軽減されます。沐浴させる時期が過ぎれば、遊ぶためのプレイマットやおむつ替えマットに利用することが可能です。サイズも大きすぎないので、簡単に収納しておくことができます。

しかし、沐浴後は毎回マットを乾かさなければいけないというデメリットも。マットタイプを選ぶ際は、乾燥させやすいものを選ぶとよいでしょう。

ベビーバスのレンタルVSセル(購入)比較表

レンタル セル
価格目安

810円(税別)~/1カ月
(レンタルベビーバスシンク)

907円(税別)~
(イマージ ベビーバス エレファント)
メリット
  • 使用期間が短いので、使い終わったら返却できる
  • 使用後の収納場所を気にせず、使いやすいタイプを選べる
  • 新品が使えるので、衛生面でも安心
  • レンタルよりも安いものが見つかることもある
デメリット
  • 赤ちゃんが裸で使うものなので、使用感などが気になる場合も
  • 使用期間が短いので、使った後の保管場所に困る
口コミ 裸の赤ちゃんが使うものをレンタルするのは心配でしたが、清潔なものが届いたので良かったです。
プラスチックタイプが使いやすいと聞きましたが、買うと収納場所に困ると思ったのでレンタルにして正解でした。
ベビーバスは使用期間も短いし、届いた商品を見たら大きかったので、レンタルで良かったと思いました。
使ったのはわずか1カ月だけ。他の使い道もなく、場所を取るので邪魔になりました。
安かったので、プラスチックのベビーバスを購入。1カ月で大人と一緒に入るようになり、使わなくなってからはコンパクトに収納することもできず、置き場所に困りました。

レンタルできる人気のベビーバス

結局、ベビーバスは購入すべき?レンタルすべき?

ベビースケール同様、使用期間の短いベビーバス。1カ月ほどしか使わず、使用後は置き場所に困るので、断然、レンタルがおすすめ。

取り扱いブランドアイテム数の多いレンタルショップはこちら

ベビー用品レンタル5選

30代ママに人気!オススメのベビーベッドは?

このページの先頭へ
このページの先頭へ