半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥6,200
ホクソンベビー
¥6,500
かしてネッと
¥6,600
ベビー用品のレンタルショップリスト » あなたは買う派?借りる派?ベビー用品徹底調査 » 抱っこ紐

抱っこ紐

赤ちゃんがいるママパパにおすすめの抱っこ紐。レンタルと購入の比較や人気の抱っこ紐について紹介しています。借りるほうがいいの?買うほうがいいの?と悩んでいる方は参考にしてください。

抱っこ紐はレンタルできる!

抱っこ紐は種類が豊富で、どれを選べばいいか迷う方も多いのではないでしょうか。新生児から使用できますが、使えるのはだいたい2、3歳頃まで。使用頻度によっては購入するよりレンタルのほうがお得ということもあります。

抱っこ紐って必要?

抱っこ紐を持っている必要はあるのか疑問に思うママパパもいると思いますが、赤ちゃんを連れてお出かけするようになるととても便利なものだとわかります。新生児のときはほとんど使うことがなくても、予防接種や日頃の買い物など、どんどん外出が増えると、普通に抱っこしたままだと荷物が持てないという状況になってしまいます。

1歳をすぎて歩くようになってからも、ぐずってしまったり寝てしまったりしたときに抱っこ紐があると便利ですよ。徒歩や公共交通機関などを多く利用する方は持っておいて損はありません。

どんなタイプがあるの?抱っこ紐の選び方とは?

抱っこ紐には、横抱っこ・前向き抱っこ・おんぶなどさまざまなスタイルができるキャリータイプ、1枚の布を抱っこのスタイルによって変化させることができるスリングタイプ、肩への食い込みが軽減され脱着しやすいクロスタイプなどがあります。

抱っこ紐を選ぶときは、シーンや子どもの成長に合わせて選ぶようにしましょう。種類によって対象年齢が違うので、新生児から使用するなら首をしっかり支えられる抱っこ紐やスリング、首や腰がすわったあとならクロスタイプというような選択ができます。

抱っこ紐のレンタルVSセル(購入)比較表

レンタル セル
価格目安

ベビーキャリア オリジナルメッシュ 5,380円(税別)~/6カ月
(ベビービョルン)
ベビーキャリア 5,520円(税別)~/6カ月
(エルゴ)

ベビーキャリア オリジナルコットン 6,119円(税別)~
(ベビービョルン)
オリジナル 9,090円(税別)~
(エルゴ)
メリット
  • 自分や赤ちゃんに合ったものを、実際に使いながら見つけることができる
  • 赤ちゃんの月齢に合わせて、使いやすいものを選ぶことができる
  • 使用期間が決まっているなら購入するよりお得
  • 使用期間が長いと、レンタルよりもお得になることがある
  • 赤ちゃんが舐めたりしても気にならない
デメリット
  • 長期間使う場合は、購入するほうが安くなることが多い
  • 汚れやすいものなので、赤ちゃんが舐めたり汚したりしないように気を遣う
  • 自分や赤ちゃんに合ったものが見つからないと、いくつも購入することになる
  • 新製品や高性能のものは価格が高い
  • エルゴなどの人気商品は偽物が出回っているため、偽物を購入してしまうリスクも
口コミ エルゴを購入したのですが、インサートが上手く使えず、エルゴが使えるようになるまでの間、ベビービョルンを2カ月間レンタルしました。簡単に装着できるのがよかったです。
2人目が生まれて、首がすわるまでの間、エルゴを使っていました。インサートを使えば両手が空くので、上の子と一緒に歩くのにもピッタリでした。
首がすわってから使える抱っこ紐をいくつか持っていたので、それまでの間に使う用にベビービョルンをレンタルしました。首がすわっていない赤ちゃんでも縦抱っこができるので便利でした。
エルゴを買いました。首すわり前から2歳頃まで、とにかくたくさん使いました。上の子のお迎えなどで自転車を乗ることが多かったので、おんぶがしやすく重宝しました。
大きくなってからも使うし、赤ちゃんがなめたりしてかなり汚れるので、購入してよかったと思います。
自分にとって使いやすいものがわからず、いくつもの抱っこ紐を購入しては失敗するということを繰り返しました。レンタルで試してから買えばよかったです。

レンタルできる人気アイテム

ベビーキャリア one+air

ベビーキャリアの商品写真

料金 9,000円(税抜)/6カ月
メーカー ベビービョルン
レンタルショップで見る

メッシュ素材だけで作られているので、通気性抜群。首すわり前の赤ちゃんでも、付属品なしで使用することができます。腰の高い位置で赤ちゃんをホールドするので、赤ちゃんもママも安心。対面抱っこ、前向き抱っこ、おんぶができます。

ニンナナンナ マジカルコンパクト

ニンナナンナの商品写真

料金 5,467円(税抜)/6カ月
メーカー コンビ
レンタルショップで見る

新生児から使える、4ウェイタイプの抱っこ紐。首すわり前は横抱き、首すわり後は対面抱っこ、前向き抱っこ、おんぶができます。赤ちゃんを乗せてワンタッチバックルで留めるだけ。15秒で装着が完了。使わないときはコンパクトに収納できます。

アダプト

アダプトの商品写真

料金 9,800円(税抜)/6カ月
メーカー エルゴ
レンタルショップで見る

クッション入りのヘッド&ネックサポートが赤ちゃんの頭と首を支え、インサートなしで新生児から使えるエルゴ。赤ちゃんの成長に合わせてシートの幅を調整できるので、いつでも赤ちゃんが楽なポジションをキープできます。

結局、抱っこ紐は買うべき?借りるべき?

抱っこ紐は使用頻度の高いベビー用品。抱っこ紐の種類によっては、首すわり前から3歳頃まで使用できるので、レンタルよりも購入するほうがお得です。2人目を考えているのであれば購入をオススメします。

ただし、年々、使いやすく便利に進化しているので、赤ちゃんの月齢に合った機能を持ったものや、おしゃれなデザインのものなど、レンタルして使い分けてみるのもいいかもしれません。また、試着して買ったものの、毎日使ってみると使い勝手が悪いなど買いなおす方もいます。最近ではレンタルで使い勝手を試した上で、自分が一番使いやすいものを購入するケースも増えています。

取り扱いブランドアイテム数の多いレンタルショップはこちら

ベビー用品レンタル5選

30代ママに人気!オススメのベビーベッドは?

このページの先頭へ
このページの先頭へ