半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥6,200
ホクソンベビー
¥6,500
かしてネッと
¥6,600
ベビー用品のレンタルショップリスト » ママ必見!出産・育児のお悩み解決コラム » 赤ちゃんが壁を見るのはなぜ?

赤ちゃんが壁を見るのはなぜ?

赤ちゃんが壁を見る、ケラケラ笑う、指をさす、手を振るなどの行動を目にするママは多いようです。こちらではそんな経験をしたママの話や、赤ちゃんの見える視界の研究データなどをまとめました。赤ちゃんが壁を見る行動に戸惑いを感じているママはぜひチェックしてください!

「赤ちゃんが壁を見る」のが気になっていたママの経験談

赤ちゃんが何もない空間をジッと見ていたり、ケラケラと笑っている、という実体験を持つママは意外に多いものです。こちらでは具体的にどんなシチュエーションだったのかをまとめて紹介します。

「うちの3カ月の子は、特に何もない壁に向かって『へへ』って感じで笑います。いつも同じ壁に対してだけ笑うので、まるでそこに誰かがいるみたいで私の方はゾワゾワしちゃいます。大丈夫かな?」

「娘が生後3~4カ月の頃、ソファに座って横抱きをしていると、いつも誰もいないドアに向かってケタケタ笑っていました。亡くなった義父や私のお父さんが、娘をあやしに来てくれたのかもね、と夫と話したものです」

「深夜に次男のオムツ替えをしていたら、天井に向かって声を出して笑っていました。泣かれるよりはいいのだけど…。そういえば長男も同じ頃に、壁に向かって笑っていたことがあったなぁ」

「1歳の子供がいますが、何もない壁に向かって指を差したり、壁に向かって話し込んでいることがあり、ちょっとゾッとしちゃいます」

「飼っている犬と同じ方向の壁をジッと見つめていることがあります。他にも実家近くのお墓の前を通った時に、お墓に向かって手を振っていたのを見た時はドキッとしました」

「友達の息子は、いつも誰もいない玄関に向かって手を振っていました。霊感の強い友達ママが遊びに来たときにみてもらったら、義理の祖父が立っていたらしいです。きっと孫の顔を見に来たのでしょうね」

このように赤ちゃんの見つめる不思議な行動を、ママなりに納得する人もいれば困惑する人までさまざまです。赤ちゃんの機嫌が悪くなるわけではないので、大げさに騒ぐ人はいないようですね。

赤ちゃんの視界について

壁を見る赤ちゃんの様子にドキドキするママは多いようですが、実際に赤ちゃんの見える世界はどんなものなのでしょうか?

赤ちゃんの視力

五感のなかでも「視力」は少しずつ発達をしていきます。生まれたばかりの新生児は色彩の判別がつかず、輪郭もぼんやりと影のような状態でしか見えないと言います。

生後1カ月~2カ月になると0.01~0.02ほどの視力になり、動くものに反応しはじめます。人の顔の認識は、比較的早いと言われ、一緒にいる時間の長いママの顔は誰よりも興味を示すようになるのです。また、赤や青という原色カラーの違いがわかるようになります。

生後3カ月を過ぎると両目の焦点が合うようになって、視力はどんどん上昇。生後5カ月頃には視力が0.08まで伸びる赤ちゃんもいて、追視力もアップします。ママやパパの口元を見て、模倣行動を始めるのもこの頃です。ママが笑えばニコニコして、食事をするとそれを眺めて自分の口をモグモグさせたりします。

赤ちゃんの視力はどの程度あるのだろう?という興味のある人は、デンマークのデザイン事務所が開発した「WHAT DO YOU SEE?」というアプリを試してみましょう!赤ちゃんの視力で写真撮影ができます。100%正確なわけではありませんが、このアプリをもとにイメージすることはできますよ。

赤ちゃんの見える視界について

赤ちゃんが見ている世界はどうでしょうか?

2015年、中央大学・日本女子大学・東京大学の共同研究による論文では、生後3~4カ月の乳児だけに見える特別な世界があると発表されています。

その論文によると生後3~4カ月の赤ちゃんは、物体そのものより、光の変化を集中して見ているということです。

例えば、私たち大人がテーブルにある花瓶を見ると、既に脳が「テーブル」も「花瓶」も知っているため、細かなディテールを省いて見てしまいがちです。ところが3~4カ月の赤ちゃんは、細部を省く能力がないため、太陽光や照明が花瓶に反射する様子やテーブルに映る影、ほこりが舞う様子まで、視界に入る全てのものを情報として見ているのだそう。

しかし生後5~6カ月になると、大人同様にこういったディテールに気づけなくなってきます。

じっと壁を見ている理由

日本の大学研究チームによって、乳児の視界は光に敏感で、大人の視界より細かいディテールまで見えているのだとわかってきました。研究者によっては、何もない場所をジッと見ているのは「目に入る情報を頭に入れるために考え込んでいるためだ」という人もいると言います。

このように、生後3~4カ月頃の赤ちゃんの見える世界が研究で少しずつわかってきたものの、赤ちゃん本人に確認を取ることはできないので、正確な視界がどのようなものかわかりません。

生まれて間もないピュアな感覚を持つ赤ちゃんたちが、この研究結果以上に不思議な世界を見ている可能性も否めませんね。

凝視が不安なママへ

赤ちゃんが一点を凝視したり、何もない空間に興味を示して笑ったりするのは珍しいことではなく、多くのパパやママが経験しているようです。

赤ちゃんの視界は、まだ輪郭をつかめずぼんやりしたものなので、きらめく光の世界を楽しんでいるだけかもしれないし、もしかしたら他にも理由があるのかもしません。

ほとんどのケースは、生後6カ月を過ぎる頃から徐々に減っていくので、過敏に心配する必要はないでしょう。ママ友に「こんなことがあったの」と話して、経験をシェアするのもひとつの手かも。こういう時期なのだな、と割り切って優しく見守ってくださいね。

取り扱いブランドアイテム数の多いレンタルショップはこちら

ベビー用品レンタル5選

このページの先頭へ
このページの先頭へ