半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥6,200
ホクソンベビー
¥6,500
かしてネッと
¥6,600
ベビー用品のレンタルショップリスト » ママ必見!出産・育児のお悩み解決コラム » 生後4カ月の赤ちゃんに関するQ&A

生後4カ月の赤ちゃんに関するQ&A

首が座ってきて寝返りを試みたり、手足をパタパタさせたりなど、だんだんと動きが活発になってくる生後4カ月の赤ちゃん。毎日成長する赤ちゃんの様子が嬉しい反面、気になることや疑問点もあるかもしれません。こちらでは生後4カ月の赤ちゃんについてのよくある質問、疑問をまとめました。

Q.4カ月の赤ちゃんで気をつける点は?

赤ちゃんの寝がえりできるようになりました。うつ伏せの姿勢が怖くて目が離せなくなりましたが、この頃の赤ちゃんケアで気を付ける点は何ですか?

A.転落事故に注意してください

赤ちゃんは寝がえりができるようになり、以前より活発に手足を動かせるようになっています。おむつ交換台やソファーなどに赤ちゃんをのせたまま、一瞬目を離したすきに落ちてしまった、という転落事故が起こりやすいのがこの時期です。

高い位置でおむつ交換をするときは、絶対に目を離さないでください。赤ちゃんのそばから離れるときは、タオルなどを敷いた床に寝かせたり、柵のあるベビーベッドやサークルの中に横にしてあげたりしましょう。

赤ちゃんと一緒にいられる時間は、赤ちゃんが自由に、安全に動ける環境をつくることも大切ですよ。

Q.抱っこひもを安全に使うコツは?

赤ちゃんの首がすわってきたし、体重も増えてきたので、抱っこひもを購入しようと思っています。抱っこひもを購入するときの選び方や、安全に使うコツを教えてください。

A.赤ちゃんのサイズに合わせてひもを調節しましょう

ママが抱っこひもを使うことで、腕や腰に負担をかけずに、長時間赤ちゃんとスキンシップができるようになります。選ぶときは、赤ちゃんのサイズに合っているか、ママやパパの用途や目的に合っているか、などをポイントに選びましょう。

家事をしながら赤ちゃんを抱っこしたいのなら、腰ベルト式タイプがおすすめ。腰でしっかり支えられるため、安定感が抜群です。前向き抱っこやおんぶなど、さまざまなポジションに対応できる商品が良いでしょう。

使う時は、赤ちゃんのサイズに合わせて抱っこひもの長さを調節します。ひもがゆるすぎると、飛び出し事故が起こりやすくなるので要注意。使用する前に必ず説明書を読んでください。限られた時間だけ使うのなら、軽くてコンパクトにたためるスリングタイプも良いですね。

Q.おっぱいの遊び飲みが増えてしまいました

以前はおっぱいを夢中で飲んでいたのに、最近は遊び飲みが増えて時間がかかります。もう卒乳なのでしょうか?

A.視力が発達して集中できないのかも

生後4カ月頃の赤ちゃんの視力は0.08から0.1くらいまで発達します。色の判別もできてくるので、周囲が気になっておっぱいを飲むことに集中できなくなる場合があります。

とくに外出中は、飲む量が減ってしまう赤ちゃんが多いようです。外出の時は落ち着ける場所で授乳したり、お家ではテレビなどを消したりするなど、静かな環境づくりをしてみましょう。

Q.おっぱいがあまり出なくなりました

おっぱいが以前より出なくなりました。赤ちゃんにとっておっぱいが足りているのか心配です。

A.無理はせず、ミルクと混合するのもひとつの方法です

生後4カ月頃になると、赤ちゃんがおっぱいを吸う力が強くなって一度に飲む量が増えてきます。ママの母乳が一時的に不足気味になることもありますが、大抵の場合は母乳量も少しずつ増えてくるものです。

しかしママのほうが寝不足などで疲労がたまっていると、母乳量が増えない場合もあります。そんなときは、悩まず無理せずミルクを混ぜてあげましょう。まもなく離乳食の準備も始まります。

Q.寝返りの練習はするべき?

首がすわってきましたが、寝返りしてくれません。寝返りの練習ってすべきなのですか?

A.遊び感覚で楽しむならOK

生後4カ月で寝返りをしなくても、まだまだ問題ありません。運動の発達はやらせるのではなく、やってみたい!と刺激を与えることです。声をかけながら、遊び感覚で行なうなら良いのですが、赤ちゃんが嫌がっている様子であれば、無理強いすることはやめましょう。1~2カ月ほど様子を見てください。

取り扱いブランドアイテム数の多いレンタルショップはこちら

ベビー用品レンタル5選

このページの先頭へ
このページの先頭へ