• 購入するより、リーズナブル ベビー用品レンタルショップBEST5
  • 先輩ママに聞いて分かった!レンタルしてよかったベビー用品TOP3
  • たいせつな赤ちゃんのために特集 ベビーベッドの選び方サイズで選ぶタイプで選ぶ

タイプで選ぶ

ベビーベッドのタイプについて解説しているページです。ぜひ参考にしてくださいね!

どんなタイプのベビーベッドを選べばよいの?

ベビーベッドにはサイズだけではなく、タイプにもさまざまな違いがあります。

住宅事情や家族構成などに合わせて、1番ピッタリなベビーベッドを選びましょう!

添い寝タイプ

ベビーベッドの画像大人用ベッドに横付けできる、添い寝型のベビーベッド。

大人のベッドと同じ高さになるように設計されているので、「ベビーベッドは寝室において、ママのベッドにくっつけて使いたい」という人におすすめ

2OPENタイプなら、寝かしつけやおむつ交換、抱き上げるときにも便利ですし、夜の授乳がラクになったという声も多いようです。

ネットタイプ

4面がネットになっているネットタイプのベッド。

上の子どもがいたずらをしたり、ペットに触れられたりといった心配がありません

また、赤ちゃんが寝返りをうっても安心です。

ハイタイプなら、立ったままお世話できるので便利です。

機能タイプ

サークルになる・棚になるなど、便利な機能が付いたタイプ。

サークル兼用タイプは赤ちゃんの成長に合わせて床板の高さを調節でき、ヨチヨチ歩きが始まったらベビーサークルとして使用できるので長期間活躍します

また、つたい歩きの練習や安心・安全な遊び場として活用できます。

いかがですか?一口にベビーベッドと言っても、こんなに豊富なタイプがあるんですね。

ちなみに最近は、ベッド自体の背の高さ・低さを最初に検討する方も多いようです。

以下に、背の高いハイタイプ・背の低いロータイプについて、それぞれのメリットを説明します。

ハイタイプとロータイプ

ベビーベッドの画像ハイタイプは、腰をかがめず無理のない姿勢で赤ちゃんのお世話ができるのがメリット(背の高いママにも人気!)。

一方、ロータイプはお部屋に置いたとき、圧迫感を感じないので、ハイタイプに比べ広々とした空間に感じられます。

身長160cmママの場合、床からの高さが70cmぐらいだと、立った状態で楽にお世話ができると言われています。

逆に、膝をついた状態でお世話したい場合は、床からの高さが45cmくらいを目安にするといいでしょう。

ここまでさまざまなタイプのベビーベッドを見てきましたが、どのタイプのベッドが気になりましたか?

レンタルショップによって、扱っているベビーベッドの種類は異なるので、レンタルを検討するときは、自分の気になったタイプやサイズのベッドを扱っているのか、よく確認してから決めましょう。

ちなみに、このサイトのランキングで1位に選ばれた「ナイスベビー」では、ベビーベッドの種類も取扱い台数も充実しています。1度、チェックすることをおすすめします。

レンタルショップNo1!ナイスベビーのベビーベッドをチェックするclick

注目品揃え・料金・サポート・対応エリアで比較、ベビー用品レンタルショップBEST5はこちら

 
ページの先頭へ
上手に使って賢く育児 ベビー用品のレンタルショップランキング