半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥6,200
ホクソンベビー
¥6,500
かしてネッと
¥6,600
ベビー用品のレンタルショップリスト » 【特集】赤ちゃんのために…ベビーベッドの選び方 » サイズで選ぶ

サイズで選ぶ

ベビーベッドのサイズを決めるときの参考に、それぞれの違いを解説しています。

ベビーベッドのサイズ、どう選べばいいの?

ベビーベッドを選ぶ際は、まずベッドを置くスペースのことを考え、ちょうど良いサイズのものを選ぶようにしましょう。

以下に、ベビーベッドの主なサイズを一覧で挙げ、それぞれについて説明してみました。

標準サイズ

ベビーベッドの画像最も主流の一般的なサイズで、内径120cm×70cmのものです。

ベビー用品店などで販売されているベビーベッドのほとんどがこの標準サイズでしょう。

メリットは市販のベビー布団をそのまま使用できること

最近はベッド下に大容量収納が付いていたり、サークルとして併用できる機能性タイプも増えています

小型サイズ

ベビーベッドの画像内径90cm×60cmのものが一般的。

標準サイズのものと比べてコンパクトなため、お部屋で場所をとりません

実家へ帰省するときなど、短期間利用などにも大活躍。

扉が2方向に開く「2OPENタイプ」や、柵がネットになっているタイプなど、使い勝手のよい小型ベッドが増えています

小型サイズの場合、小型ベビーベッド用の布団があるかどうか確認しましょう。

※ショップやメーカーによって、同サイズのベッドを「超小型サイズ」とし、もう少し大きなサイズのものを「小型サイズ」として用意している場合もあります。

ハーフサイズ

ベビーベッドの画像小型サイズより、さらにコンパクトなサイズのベビーベッド。

一般的に、内径60cm×70cmものを指します。

生後3、4ヶ月頃までの赤ちゃんが対象で、里帰り出産など短期間利用に最適です

床板の高い立ちベッドタイプなら、立ったまま赤ちゃんのお世話ができ、腰への負担も少ないのでおすすめです

市販されているベビー用布団セットの敷き布団(120cm×70cm)を、半分に折り畳んだ状態がベッドサイズにぴったり納まります。

※ショップやメーカーによって、「超小型サイズ」「超コンパクトサイズ」という呼び方で分類されている場合もあります。

以上がベビーベッドの主なサイズ展開ですが、「小型サイズ」「超小型サイズ」「ハーフサイズ」といった分類の仕方や寸法は、ショップやメーカーによっても異なります。

ベビーベッドをレンタルする際には、必ず詳細を直接ショップに確認するようにしましょう!

取り扱いブランドアイテム数の多いレンタルショップはこちら

ベビー用品レンタル5選

30代ママに人気!オススメのベビーベッドは?

このページの先頭へ
このページの先頭へ