半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥6,200
ホクソンベビー
¥6,500
かしてネッと
¥6,600
ベビー用品のレンタルショップリスト » 【特集】赤ちゃんのために…ベビーベッドの選び方 » ベビーベッドのレンタルはいつからいつまで?

ベビーベッドのレンタルはいつからいつまで?

このカテゴリでは、ベビーベッドはいつからいつまで使えるのか、利用期間について詳しく紹介しています。

ベビーベッドの利用期間

出産準備のために、買うか買うまいかで迷うものとしてベビーベッドがあげられます。サイズも大きく値段も高いので、使用期間が短いなら買わなくて良いのではと思いますね。

ベビーベッドの購入を迷っている方のために、ベビーベッドの使用期間や、育児に必要なのかどうかをまとめてみました。実際に出産後の生活をイメージして、ベビーベッドが必要かどうかを検討してみて下さい。

一般的な国産のベビーベッドであれば、最長2歳(24ヵ月)まで使える仕様になっています。

ベビーベッドは高さがあるため、産後の身体でも赤ちゃんのお世話がしやすく、腰への負担が軽減でき、また、兄弟姉妹やペットが誤って蹴ってしまうことや、覆いかぶさりによる窒息の危険性も回避できるというメリットがあります。思いがけない危険や、床から距離をはなすことでホコリ・ダニから赤ちゃんを守ってくれます。

ベビーベッドは本当に必要?いつまで使える?

では、そんな赤ちゃんの安全を守るためのベビーベッドは、いつごろまで使えるのでしょうか?

ベビーベッド自体は2歳以上でもサイズ的に寝ることは可能なのですが、つかまり立ちを始める頃のベビーベッドの使用は、転落の可能性が高くなります。

よって、首が据わり、寝返りが自分でうてるようになる時期に、ベビーベッドを卒業する家庭が多いようです。家庭によって違いはあるものの、首が据わり、寝返りができるようになるのが6カ月、つかまり立ちが始まるのは8カ月頃です。柵にぶつかったり、転落を防止のためにも、布団や添い寝に切り替えることで対策が必要になります。

せっかくベビーベッドを用意したのに、半年ぐらいしか使用しないのはもったいなく感じます。利用期間と購入価格を比較すると、どうしても躊躇してしまいますよね。そして、他のベビー用品以上に、成長したあと収納の場所に困るのもベビーベッドです。

値段が高くて使用期間も短いベビーベッド、はたして本当に必要なのでしょうか?

ベビーベッドのメリットとしては、下記のようなものが挙げられます

新米ママ・パパの心配をやわらげられるメリットがたくさんありますね。

しかし実際のところ、ベビーベッドを使えるかどうかは赤ちゃんの性格にもよるんです。

「寝かしつけたと思って、赤ちゃんをベビーベッドに置いたら泣いちゃうんだよね」という悩みを耳にしたことはありませんか?そう、おとなしく寝てくれるとは限らないのです。もちろんスヤスヤと寝てくれるような大人しい子もいますが、みんながそうとは言えないようです。

でも、こればかりは生まれてからじゃないと赤ちゃんの個性が分かりません。事前にベビー用品を一式そろえておきたい、生後間もない赤ちゃんの安全のために、やっぱりベビーベッドは必要かもとお考えの方には、レンタルで試してみるのがおすすめです。

購入よりもリスクが低くコスパの良いレンタルがおすすめ

レンタルの一番のメリットは、必要な時期だけ使用する事が出来る点です。いずれベビーベッドを使用しなくなる時が必ずきます。しかし、ベビーベッドの卒業時期は赤ちゃんの成長のスピードにもよるので、出産してからしかわかりません。

レンタルなら不要になったらレンタル期間を延長しなければ良いだけなので、不要になった時に捨てたり売ったりする手間もありません。レンタルは購入するよりもコストを抑えることができて、ベビーベッドを卒業してからも収納に困ることがありません。

そしてもし、赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれないようだったら、そのまま返却してしまえばいいのですから。

実際にどれぐらいお得になるか、購入を検討していたベビーベッドとぜひ比較してみてください。

取り扱いブランドアイテム数の多いレンタルショップはこちら

ベビー用品レンタル5選

30代ママに人気!オススメのベビーベッドは?

このページの先頭へ
このページの先頭へ