半年借りたらこの値段
ベビーベッド料金3選

ナイスベビー
¥6,200
ホクソンベビー
¥6,500
かしてネッと
¥6,600
ベビー用品のレンタルショップリスト » 【特集】赤ちゃんのために…ベビーベッドの選び方

【特集】赤ちゃんのために…ベビーベッドの選び方

このカテゴリでは、ベビーベッドの選び方について、詳しく紹介しています。

ベビーベッドの選び方を2つのポイントから解説!

ベビー用品の中でも、特にレンタル需要の高いベビーベッド。レンタルを考えているママも多いのではないでしょうか?このカテゴリでは、そんなベビーベッドのレンタルを検討しているママに向けて、ベビーベッドの選び方について解説しています。

ベビーベッドをサイズで選ぶ

まずは、ベビーベットのサイズについて説明します。ショップやメーカーによって分類の仕方や寸法は異なりますが、サイズは大きく分けて「標準サイズ」と「小型サイズ」の2つと、生後3、4カ月の頃までの赤ちゃんが対象の「ハーフサイズ」があります。

はじめに、「標準サイズ」は、ベビーベッドの中で主流の一般的なサイズで、内径120cm×70cmのものです。ベビー用品店などで販売されているベビーベッドのほとんどがこの標準サイズで、市販のベビー布団や防水シーツをそのまま使用できます。

次に、「小型サイズ」です。ベビーベッドの画像内径90cm×60cmのものが一般的なサイズになります。標準サイズのものと比べてコンパクトなため、お部屋で場所をとりません。小型サイズの場合、小型ベビーベッド用の寝具があるかどうかも確認しましょう。

その他に、「ハーフサイズ」もあります。小型サイズより、さらにコンパクトなサイズのベビーベッドで、一般的に、内径60cm×70cmものを指します。生後3、4ヶ月頃までの赤ちゃんが対象で、里帰り出産などの短期間利用に最適です。市販されているベビー用布団セットの敷き布団(120cm×70cm)を、半分に折り畳んだ状態がベッドサイズにぴったり納まります。

以上が主なサイズ展開ですが、分類の仕方や寸法は、ショップやメーカーによっても異なります。

ベビーベッドをレンタルする際には、必ず詳細を直接ショップに確認するようにしましょう。

ベビーベッドをサイズで選ぶ

ベビーベッドをタイプで選ぶ

続いてベビーベッドのタイプですが、ベビーベッドにはサイズだけではなく、タイプにもさまざまな違いがあります。主に「添い寝タイプ」、「ネットタイプ」、「機能タイプ」について解説します。

まずは「添い寝タイプ」です。大人用ベッドに横付けできる、添い寝型のベビーベッドです。大人のベッドと同じ高さになるように設計されているので、夜の授乳がラクになったという声も多いようです。

次に「ネットタイプ」です。こちらは4面がネットになっているタイプのベッドになります。上の子どもが下の子どもにいたずらをしたり、ペットに触れられたりといった心配がありません。また、赤ちゃんが寝返りを打っても安心です。

最後は「機能タイプ」です。サークルや棚になるなど、便利な機能が付いたタイプになります。サークル兼用タイプは赤ちゃんの成長に合わせて床板の高さを調節でき、ヨチヨチ歩きが始まったらベビーサークルとして使用できるので長期間活躍します。また、つたい歩きの練習にも使えるので安心・安全な遊び場として活用することもできます。

一口にベビーベッドと言っても、こんなにも豊富なタイプがあります。ちなみに最近では、ベッド自体の背の高さや低さを最初に検討する方も多いようです。背の高い「ハイタイプ」は、腰をかがめず無理のない姿勢で赤ちゃんのお世話ができるのがメリットになります。一方背の低い「ロータイプ」はお部屋に置いたときに圧迫感を感じないので、ハイタイプに比べ広々とした空間を感じることができます。ここまでさまざまなタイプのベビーベッドをご覧いただきましたが、どのタイプのベッドが気になりましたか?店舗によって扱っているベビーベッドの種類は異なるので、検討する際には自分の気になったタイプやサイズのベッドを扱っているのかをよく確認しましょう。

ベビーベッドをタイプで選ぶ

ベビーベッドの役割

ベビーベットを設ける最大のメリットは、赤ちゃんの安全を守ることができることです。

特に首がまだ据わっていない新生児の時期はなにかの拍子に落下する危険性もございますが、柵があるためちょっとした用事で目を離すときも安心してその場を離れることができます。

また、同じベッドに寝かせることで寝ている赤ちゃんにぶつかってケガをさせるような心配もありませんし、床から高さを設けることでほこりなどを吸い込むまず衛生的です。もしスペースにゆとりがあるならば、赤ちゃんを守るためにもベビーベッドの使用をおすすめします。

ベビーベッドは買うべきかレンタルでもいいか

あれば便利で安全とはいうものの使用期間は限られていますし、使い終わった後の収納もかさばるし…とベビーベッドの購入を踏みとどまる方が多いかと思います。インテリアにこだわって、話題の海外製のベビーベッドを探してみると、予想以上の高額で断念された方もいるかもしれません。いつまでベビーベッドを使うかはお子様の成長やそれぞれの家庭環境によって少しずつ違ってきますが、首が座り、寝返りが自分で打てるようになる時期に、ベビーベッドを卒業し添い寝をはじめる家庭が多いのではとないかと思います。

一般的に国産のベビーベッドであれば、「標準サイズ」と「小型サイズ」は、どちらも最長2歳(24ヵ月)まで使える仕様になっています。なので、購入する場合は、使わなくなったときのことも事前に想定しておいた方が良さそうです。

赤ちゃんの安全には配慮したいけど、やっぱり購入に踏み切れないのであれば、やはりレンタルがおすすめです。「安全のために買ったはいいけど、赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれない」という悩みを聞いたことはありませんか?これも赤ちゃんの個性です。レンタルならそのまま返却することができるので、購入後のリスクを免れることができますし、ベビーベッドを卒業した後の収納にも困りません。

ベビーベッドの使用は6カ月前後の方が多いようですが、24ヵ月間ベビーベッドを使っても、商品によってはレンタルした方がお得です。ベビーベッドは欲しいけれど、購入はちょっと…とお悩みの方は、レンタルを検討してみてはいかがでしょうか。

ベビー用品のレンタルをご検討の方はこちらがおすすめ

ベッビーベッドの注意点

上に兄弟がいたり、ペットがいたり、ママがベッドで寝ているという家庭の場合、ベビーベッドは思いがけない危険や、ホコリ・ダニから赤ちゃんを守ってくれます。床からの高さが生まれることで、赤ちゃんとの距離もぐっと近くなり、お世話もしやすいですよね。赤ちゃんを迎えたらまず取り入れたい便利なアイテムですが、注意しておきたいこともあります。

ベビーベッドをレンタルする際のメリット

ベビーベッドで寝てくれるかを確かめることができる

赤ちゃんによっては、ベビーベッドで寝てくれないというケースも多々あります。実際に寝かしてみて、寝てくれるようなら、レンタル期間を延長し、合わないなら返却するということができます。

使用期間が短いので購入するよりおトク!

ベビーベッドを気に入ってくれた赤ちゃんでも、つかまり立ちをする頃になると、転落の危険があることから、使わなくなるママが多いようです。一般的につかまり立ちをする月齢は8~9カ月、早ければ6カ月という子もいますから、結局、短期間しか使わず、購入するよりもレンタルのほうがお得だったということが多々あります。

使わなくなったら返却できる

ベビーベッドは大きなものなので、分解しても置き場所を取ります。処分をするにもお金がかかりますし、必要な期間だけレンタルをして、使わなくなったら返せるレンタルがおすすめですよ。

じゃあ、どのレンタルショップがいいの?と迷ったあなた。まずはレンタル費用から調べてみるのはいかがでしょうか?ベビーベッドはもちろんですが、実はベビー用品のレンタルは、長く借りれば借りるほどコスパが上がります。標準サイズ(120×70cm)のベビーベッドを6カ月間レンタルした場合の料金で比較したレンタルショップBEST5も参考にしてみてくださいね。

取り扱いブランドアイテム数No.1レンタルショップはこちら

ベビー用品レンタルBEST5

30代ママに人気!オススメのベビーベッドは?

このページの先頭へ
このページの先頭へ